FC2ブログ

ツーリングライダーズ情報館

合言葉は!・・・“上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!”

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第117回ツーリング TRSM2019 信州(長野)方面

【ツーリング告知】第117回ツーリング企画

TR夏の恒例イベント !

ワインディング走行のコツを学んで
“くねくね道”が大好きになる、まさにライディング合宿!!


信州メジャールートからマイナールートまで、美味しいルート盛りだくさん!



“標高2000m以上の
  信州高原スカイラインを駆抜けよう!”



“信州ミーティング2019”TRSM2019


上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!


panorama03.jpg
浅間山を望む広大なキャベツ畑の中を走るつまごいパノラマライン


shigakusatsu03.jpg
信州の、いや日本の有名山岳道路の志賀草津道路


higashikubiki.jpg
交通量皆無、路面良好!TR的広域農道をちゃんとご用意しています!


2017_07_17_08_28_28_01_20180425103129297.jpg
高原の風が気持ちいい!恒例の志賀高原ホテルを貸切だから、
愉快なTRメンバーたちと気兼ねなく楽しめる!




州ミーティング"TRSM2019”はここがポイント!!

・ライディングの疑問・悩みをとことん聞ける「ライディングミーティング」

・ベテランスタッフの後ろを走り、ブレーキ・加速タイミング、ライン取りを学ぶ!

・対向車がほとんど来ないツーリングルートでライディングに集中!

・何よりも、ワインディングの怖さが無くなり、そして楽しくなる!!

・信州の名道で絶景を楽しめる!

・広場でのプチレッスン会で苦手とする低速旋回ノウハウを学べる!

・大宴会&バイク・ツーリンググッズがもれなく当たる豪華大抽選会!

・宿泊ホテル「やまゆう」さん評判の料理はグルメ通も納得!



※信州ミーティング“TRSM2019”は、
 まさにライディング上達のための合宿なのです!





よいよこの季節がやって来ました!

信州ミーティング"TRSM2019” を、
7月14日(日)、15日(祝)に開催します!


イダーなら一度は走っておきたい(走ったことのあるライダーは何度でも♪)
日本が誇る信州の絶景名道の数々・・・


志賀草津道路
shibutoge02.jpg


つまごいパノラマライン
panorama04.jpg


奥志賀林道
okushigarindo02.jpg



州ミーティング“TRSM2019”の特徴は一言で言えば
ライディング合宿のようなもの・・・


信州の代表的な名道だけでなく、
日ごろ走れないTR厳選のおススメマイナールート
“クネクネ道”を存分に走っていただきます。

しかしツーリングのゴールはあくまでスキルUP!
グループ分けして、ゆっくり丁寧に走るので初級者も安心!

“クネクネ道”が大好きになること間違い無しなんです!(^o^)/


2016_07_17_08_05_35_01.jpg
マイナー裏ルートは交通量も少なく練習に最適な“クネクネ道”


higashikubiki01.jpg
交通量皆無、視界・路面良好、知られていない広域農道
今回もしっかり発掘しておきました!


2017_07_16_16_50_31_01_20190520124948a4f.jpg
そしてツーリングが終わって宿に入る前には、
広い駐車場を使った低速レッスン会みっちり1時間、課題の復習と克服。


2018_07_16_05_57_26_dai_20190520125059297.jpg
昨年TRSM2018では、なんと半数以上の方が、
早朝6時から練習されていましたね・・
もちろん、希望があればスタッフはどこまでもお付き合いします!


2018_07_15_18_27_55_yuu_201905201246499b2.jpg
宿に入ったら全員参加の恒例ミーティング
悩みや疑問、そして克服経験をシェアして、苦手の解決法を語り合いましょう!


毎年ワインディング苦手なメンバーたちが見る見る上達、
“クネクネ道”大好きになってしまった者が多数出現する企画!


ツーリングからレッスン会ライディング講習のミーティング
ツーリンググッズ抽選会も含むTR的夜の大宴会&二次会
こんな“てんこ盛り”企画はTRSMだけ♪




日7月13日(土)は前泊しての前夜祭も予定! (参加は任意です)

翌日からのツーリングスタートの志賀高原のホテルで前泊すれば、
しっかり休めて、翌日余裕を持って出発できますね。

前夜祭では他のメンバーやスタッフとの、
ツーリング、ライディング談義はもちろんのこと、
参加メンバー同士、事前に交流しておくことで、
翌日からのツーリングがいきなり盛り上がるのもいいですね!


2018_07_15_18_59_54_yuu_20190520124827f94.jpg
前夜祭・前泊のご案内は後ほどご案内。


楽しくなくっちゃツーリングライダーズじゃあない!

さぁ、2日間たっぷり楽しんで、
そして、しっかり上手くなっちて帰っていただきましょう♪





↓↓“TRSM2019”の参加申込みはこちらから↓↓

今すぐ参加申込みする!

※ お願い ※
お申込みのメールアドレスにはご案内資料を受け取れるアドレスを入れてください。
お送りしたメールが「迷惑メール」に入ってしまう場合がありますのでご注意ください。





れでは、詳細をご紹介します。

【日 時】 2019年7月14日(日)~15日(祝)

 7月14日(日)   8:00出発 (総走行距離:202km)
           16:00〜17:00 宿泊ホテル到着予定
           18:00 ミーティング・大宴会&大抽選会

 7月15日(月・祝) 7:50出発(総走行距離:166km) 
           15:00 エンディング予定


【集合場所・宿泊】 ポイントホープやまゆう
         長野県下高井郡山ノ内町志賀高原 蓮池 TEL 0269-34-2021

2016_07_17_07_53_20_03_20170602162349817.jpg




7月14日(日)

【予定ルート】

 ポイントホープやまゆう→(K471,K502)
→野沢温泉スキー場 ふるさと憩の館→(K353,R117,R403)
→道の駅・雪のふるさとやすづか→(R403,東頸城広域農道,R405,K61)
→木草庵(昼食)→(K61,R405,K184,K198,関川流域広域農道)
→地すべり資料館→(関川流域広域農道,K455,R292,R117,R403)
→道の駅・FARMUS木島平→(R403,R292)
→志賀高原98ホール駐車場→(K471)
→ポイントホープやまゆう(総走行距離:202km)




ーリング初日は、北志賀高原の宿からスタート!

ツーリングの出発は、8:00出発になります!

2018_07_16_07_18_16_01.jpg
標高1500m、朝の志賀高原の空気は冷たくて気持ちいい・・


okushigarindo03.jpg
出発してすぐに50km、1時間半ほどかけて奥志賀林道を走ります♪


okushigarindo.jpg
対向車もほとんどない低速林道ですので、
丁寧に一つずつ長く続く連続カーブを荷重移動で旋回して行きます。
これって、すごく練習になるんです!


ころで・・・
最近、広域農道を上手く抜けるTRのルーティングが面白い!と、
お褒めの言葉をいただくことが多いです♪

企画者としてはこんなにうれしいことはない・・・
ということで今回も、時間をかけて良いルートをしっかり探しました!

新潟県上越市~妙高市にかけて延々50km近く続く広域農道
上越の知られざる奥地へ!

higashikubiki02.jpg
農道といえど結構な高低差ある山岳スカイラインの様相、走り応え十分!


広域農道走行の途中、昼食にしましょう!

周りにはなにもない山の中に、ポツンと一軒家がありますが、
そんなあまり知られていない蕎麦の名店を見つけてしまいました!

kisouan02.jpg
なんとも古めかしい藁ぶき屋根の古民家・・これが蕎麦店とは思えませんが・・


kisouan.jpg
安心してください、店内は小ぎれいに改装されているのです!


kisouan03.jpg
予約時に店主のこだわりがひしひし伝わってきました!
リーズナブルな価格で絶品&繊細な蕎麦の醍醐味を賞味ください!


そして午後になっても、食後の眠気がさめるほど、
まだまだ広域農道は続きます!

kubikinopanorama.jpg
くびき野パノラマ街道と呼ばれるこんな道が午後も延々続きます!


shigakusatu2.jpg
初日の仕上げは、志賀草津道路高速コーナー

そして、ツーリングの最後には、チェックイン前には、
TRSM恒例の?レッスン会が待っています!


2016_07_16_16_11_32_yuu.jpg
広い駐車場で、苦手な低速走行の基礎を学びましょう♪


2018_07_16_05_51_07_dai_20190520130107e85.jpg
昨年2017年も最後まで練習されていたのは女性ライダーでした!
ご希望なら、日没までお付き合いします♪


20160518130425.png
お世話になる宿泊所は、今回もヒュッテ・ポイントホープやまゆうさん!
志賀高原スキーリゾート内、標高1500mで夏はとっても涼しいんです♪


2018_07_15_17_47_46_03.jpg
お風呂に入った後は夕飯まで小一時間
大真面目にライディングについての講習&ミーティング♪
ビールはほんの少し我慢してくださいね・・・


2018_07_15_18_27_40_yuu_20190520130224024.jpg
講習会の後のライディングミーティングでは、
日頃の悩みや疑問を聞いちゃいましょう!

悩みを克服してきたベテランライダーのちょっとしたアドバイスも、
とっても参考になるんですね。


2016_07_16_19_18_24_yuu_20190520130329aa4.jpg
しっかりライディングを学び、考え、実践した充実の一日のあとの宴会、
やっと美味しいビールにありつけますね♪

志賀高原でも大評判の食事には、
釣り師やまゆうさんのご主人ゆういちさんが釣った「イワナ」も絶品!


2016_07_17_19_51_57_yuu_2019052020060824e.jpg
そして、大抽選会!(^o^)/


2016_07_17_19_55_05_yuu.jpg
素敵なグッズ色々!お気に入りのグッズをゲットしちゃってください!


2018_07_15_22_20_29_01_20190520130516f73.jpg
そして、何といっても二次会がとっても盛り上がるのが恒例です!
でも、明日も走るので、ほどほどにね~♪




7月15日(月・祝)

【予定ルート】

※当日の白根山火山活動による道路規制で、ルートが変更になる場合があります。
 ポイントホープやまゆう→(R292)
→渋峠ホテル→(R292,K55,R405)
→道の駅草津運動茶屋公園→(R292,K59,つまごいパノラマライン,K235)
→ローソン北軽井沢店→(R146,R18,K157)
→軽井沢ガーデンテラス→(K157,K156)
→セブンイレブン佐久新子田店→(R254,K145,R141,蓼科スカイライン)
→大河原峠駐車場→(蓼科スカイライン、K40)
→南白樺湖駐車場 (総走行距離:166km)




発後、いきなり日本屈指の山岳道で名高い志賀草津道路を走ります!

shigakusatsu02.jpg
高原の朝はちょー気持ちいいですね!


shibutoge.jpg
長野県から群馬県への渋峠には、
県境にまたがるようにおなじみの渋峠ホテルがあります。


shigakusatsu06.jpg
そして、国道最高地点(標高2172m)を過ぎると、
様相が変貌してきます・・・


shigakusatsu05.jpg
渋峠から草津に下るルートは荒涼とした火山帯の中を走ります


草津からは国道を使わず、
北海道を彷彿とさせるつまごいパノラマラインを快走しましょう!

2017_07_16_13_52_39_01_2018042510312229e.jpg
一面に広がる高原野菜畑の中を走る快走路、とにかく気持ちいい!


2016_07_18_10_02_46_yuu.jpg
浅間山を望む大パノラマは、こんな日本離れした風景なんです!


北軽井沢から南に下り、中軽井沢の町を抜けたら、
高原野菜畑広がる真ん中にたたずむしゃれたレストランでランチです!

garden teras
畑の真ん中に浅間山を望むこんな素敵なテラスレストランを見つけました!


garden teras02
浅間山を眺めながら、美味しい地元食材のランチをいただきましょう!


ランチの後は、八ヶ岳の2000mスカイラインを越えていきます!

tateshinaskyline.jpg
蓼科スカイライン、夏前までの長期間通行止めのこの道は、
意外と知られていないマイナー山岳ルートです!


oogawaratoge02.jpg
標高2000m越えのパノラマは絶景の一言!


oogawaratoge.jpg
標高2093m大河原峠蓼科スカイライン最高地点で最後の休憩です


tateshinaskyline03.jpg
女神湖が見えてきたら蓼科スカイラインも終わり、
ツーリングのゴールがもう少しです!


shirakabako_20190520194821318.jpg
白樺湖畔の駐車場がツーリングのゴール!

15:30頃解散しますが、スタッフと小淵沢まで、
八ヶ岳エコーラインを走りたい方はご一緒しましょう!




↓↓“TRSM2019”の参加申込みはこちらから↓↓

今すぐ参加申込みする!

※ お願い ※
お申込みのメールアドレスにはご案内資料を受け取れるアドレスを入れてください。
お送りしたメールが「迷惑メール」に入ってしまう場合がありますのでご注意ください。





【募集人員】 25名


【参加費】 15,000円 (16,200円税込) 宿泊飲食代は別

※参加者の都合で、途中参加・途中離脱される場合も同額になります。
 そのような場合、スタッフまで必ずご連絡下さい。

※参加費の支払いは後払い(振込み)といたします。 振込手数料はご負担ください。

※参加費内訳
 ●ベテランスタッフによるワインディングプチレッスン
    ~ワインディング初級者こそ聞いてほしい「ツボとコツ」~
    今まで自信がなく、避けていたワインディングの苦手意識を克服して、
    楽しくてやめられなくなってしまう極意を伝授します!

 ●ツーリング中の写真撮影(後日データをアップロードします!)
    年賀状やポスター、パソコンの壁紙などお好きにお使いください!!
       
 ●企画運営費
   企画運営費には以下が含まれます
    ・企画・打合せ
    ・景品
    ・その他運営諸経費

   なお、以下は参加費用に含まれません.
    ・高速道路代
    ・ガソリン代
    ・宿泊費
    ・飲食費
    ・その他,上記参加費用内訳に記載なき事項


【7月13日(土)、14日(日)宿泊費】 8,000円/各日(税込、夕・朝食付き、飲料代別)

 宿名: ポイントホープやまゆう
     長野県下高井郡山ノ内町志賀高原 蓮池 TEL 0269-34-2021

※宿泊・ミーティング会場・宴会場はツーリングライダーズにて団体予約していますが、
 精算は現地で部屋ごとでお願いします。(カード払い不可)

※宿泊は、基本3名での相部屋利用となります。

※1名部屋利用は9,000円/日で対応できますので、フォームコメント欄にお申し出ください。

※自己都合キャンセルの場合の宿泊費、食事代のキャンセル料金は、
 宿、店の規定に従いご負担いただくこととなります。


≪7月13日(土)前夜祭・前泊について≫

※前夜祭参加及び、前泊は任意です。

☆前夜祭集合時間: 18:30
☆集合場所: ポイントホープやまゆう
☆前夜祭開催時間: 18:30〜20:00

※チェックインは、16:00~可能です。

※前夜祭参加・前泊のご希望の方は、
 申込みフォームに✓チェックを入れてください。


 
【その他】

参加資格は、ツーリングライダーズ監修ライディングDVD教材購入者及びその同居者とします。
加えて自立したライダーとして、自力で集合時間までに集合場所へ到着、解散場所から帰宅できる技量・地理知識・装備を有していることを条件とします。
(ツーリング中はスタッフがサポートしますが、原則それ以外の対応はしません。)

お持ちいただく機材、荷物はご自身で保管、管理をお願いいたします。
破損、紛失等に関しましてツーリングライダーズは責任を負いかねます。

転倒、その他の事故による破損・怪我等については、当事者において解決いただきます。
また、対人、対物(他車両、会場建造物など)への損害等については、相応の賠償金が発生する可能性があります。
必ず任意保険の加入車両にてご参加ください。


※参加申込み後のキャンセルについて

開催日一週間以内(7/7以降)のキャンセルについては、参加費全額をご負担いただくことになりますのであらかじめご了承ください。
キャンセルの場合は必ずご連絡をお願いします。
もし無断キャンセルされた場合は、以後のご参加をお断りする場合があります。

人気企画ゆえ、定員締切りにより涙を飲んで参加できない方たちのためにも、不用意なキャンセルをされないようご配慮のほどお願いします。
自己都合によりキャンセルされた場合、次回以降のツーリングレッスン会の申し込み数が定員を超えた場合には、他の参加希望者の参加を優先させていただきますのでご了解願います。

以上の内容で参加をご希望の方は 下記より申し込み願います。




TR夏の恒例イベント !

ワインディング走行のコツを学んで
“くねくね道”が大好きになる、まさにライディング合宿!!


信州メジャールートからマイナールートまで、美味しいルート盛りだくさん!


“標高2000m以上の
  信州高原スカイラインを駆抜けよう!”



信州ミーティング2019“TRSM2019”


上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!




↓↓“TRSM2019”の参加申込みはこちらから↓↓

今すぐ参加申込みする!

※ お願い ※
お申込みのメールアドレスにはご案内資料を受け取れるアドレスを入れてください。
お送りしたメールが「迷惑メール」に入ってしまう場合がありますのでご注意ください。





いつまでも安全で幸せなバイクライフ”の実現のために…

企画 ツーリングライダーズ


※写真は一部web上からお借りしています。
スポンサーサイト

| ツーリング告知 | 18:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第116回ツーリング 奥多摩〜山梨東部ワインディング

【ツーリング告知】第116回ツーリング企画


首都圏近郊ワインディングを、

ライン正確に、そして安全で快適に走る企画・・



6月22日(土)開催
“奥多摩~山梨東部ワインディングツーリング”


上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!



mikunitoge_20190517173732444.jpg
今回は、奥多摩〜山梨東部のとっておきワインディングルートへ!


tsurutoge01.jpg
変化に富んだワインディングが続く練習に最適なルート!
走りやすく楽しいワインディングでステップアップ!




夏の奥多摩〜山梨東部ワインディング・ツーリングのご案内です!


〜代表トムがかつてワインディング技術を磨くために足繁く通った
 首都圏近郊の練習ルートを公開します!〜


ワインディングは楽しいけど、なかなか上手に走れない・・
そもそもワインディングの走り方をよくわかっていない・・

楽しいけれど、怖さと漠然と闘いながら走るワインディングを、
もっと理論的で正確に、そして安全で快適に走っていただきたい・・


一緒にワインディングでのセーフティライディングを考えながら、
ステップアップのお手伝いをしたい・・・


今回、そんな想いから企画された、
“ワインディング好き!”なメンバーのためのツーリング企画です!



tsurutoge02.jpg
交通量少なく走りやすいワインディングなので練習にうってつけ!



ートは東京都西部の奥多摩〜山梨県東部に続く、
首都圏近郊のワインディングルート、
週末でも交通量が少なく路面良好で走ることに集中できる、
低速〜中高速ワインディング続く変化あるルートを走ります。

そこを、丁寧に「減速」「旋回」「加速」ラインを、
そして「向き変え」「立ち上がり」ポイントを確認しながら走りましょう!



2016_10_29_09_06_53_01CIMG8051_20190517180112982.jpg
路面良好、人気の有名ルートも一部走ります!



回もバラエティ豊かなワインディングルートを、
課題を持ちながら、連続するコーナーを
丁寧にクリアしていくことを目的としています。

「減速する」「曲がる」「加速する」を意識しながら、
安全にライディングをレベルアップするのには、
最高のツーリングコースをご提供できるでしょう。



K30-02.jpg
TR的なマイナーワインディングはこういう道から始まった?


ぜひ、今まで以上にライディングを、
ワインディングの楽しさを知っていただきたい!


ツーリングライダーズならではのツーリング企画を
どうか存分にお楽しみください!





↓↓↓参加申込みはこちらから↓↓↓

今すぐ参加申込みする!


※ お願い ※
お申込みのメールアドレスにはご案内資料を受け取れるアドレスを入れてください。
お送りしたメールが「迷惑メール」に入ってしまう場合がありますのでご注意ください。




れでは、詳細をご紹介します。

【日  時】 2019年6月22日(土)
       集合:7:45 出発:8:00

【集合場所】 ファミリーマート八王子西インター店
       東京都八王子市下恩方町1758 TEL 042-650-1963

【予定ルート】
  ファミリーマート八王子西インター店→(K521,K522,K18)
 →長作農村公園トイレ→(K18,R139,奥多摩周遊道路)
 →数馬第一駐車場→(奥多摩周遊道路,K206,K33,R20)
 →上野原市内(昼食)→(R20,K30,R20)
 →ローソン大月富浜店→(R20,R139,K24,R413)
 →道の駅どうし→(R413,K730,K147,K151,R246)
 →道の駅・ふじおやま(到着15:20頃) 総走行距離:178km



ーリング集合場所は都心からほど近い、
東京西部、圏央道八王子西インタ―そばコンビニ。

スタート直後は、陣馬街道を西に向かいます!

jinbakaido02.jpg
八王子市街地から少し入っただけで、ここが東京?という様相に変わります


jinbakaido.jpg
町というか村の民家の間の道、この先を右に曲がると、
道はますます狭くTRっぽい道になってきます!


wadatouge.jpg
そして、朝一の足慣らしにタイトなクネクネ道・和田峠越えとなります。
しばらくこのようなうっそうとした林道が続きますよ~!


山梨県道18号に出ると道幅も広くなり、視界も開けてきます!

tsurutoge04.jpg
交通量皆無の鶴峠は、ちょうど楽しい屈曲とアップダウンの変化ある道!


kosuge.jpg
小菅村あたりも交通量少なく快適に走れますね!


午前中の走りの仕上げは、ライダーのメッカ奥多摩周遊道路へ!

shuuyudoro.jpg
路面良好、道幅・屈曲半径など理想的な首都圏誇るロングワインディング


shuuyudoro03.jpg
ここでは無茶しているライダーもいますが我々はジェントルな走りを!
こんな道路が延々20kmも続きますので、丁寧に走りましょうね!


奥多摩周遊道路を走ったころにはお腹が空いてくる時間です・・
上野原あたりで、ランチをいただきましょう!


食事の後は、旧甲州街道を下って行きます。

中央道や、国道20号線を走ることは多いでしょうが、
昔の面影残る旧街道は、結構走りやすいんですよ!

K30.jpg
食後の眠気に襲われないよう、こんな変化のあるルートを走るんです!


コンビニでの小休憩後、大月,都留の町を通過して道志みち方面に向かいます。

都留から道志への道坂峠越え、
このルートはトムのお気に入りでもあります。

michisaka02.jpg
このような中速ワインディングは走りやすく、練習にもなり、
何より楽しいんですよね!


michisakatoge.jpg
途中、こんな楽しいヘアピンもあったりして・・・
こんなカーブでトムスタッフの後ろを走ってもらうと、
一番おススメなライン取りがわかりやすいんです!


doshi.jpg
道志みちにでたら、多くのライダーの休憩地にもなっている
道の駅どうしで最後のひと休みです!


最後のセッションは、山中湖から三国峠&明神峠の二つの峠越えて、
御殿場方面のゴールに向かいます

mikuni02.jpg
三国峠への上りは標高高く、空も近く広く感じる気持ちいい道!
丁度この辺の後ろには、山中湖をバックに
富士山の絶景ポイントパノラマ台がありますね!


myojin03.jpg
明神峠も開けた景色を見下ろしながらのゴキゲンルート、
最後のワインディングをお楽しみください!


fujioyama.jpg
おなかいっぱいクネクネ道を走った後のゴール道の駅・ふじおやまへ!
最寄りインターは、御殿場IC or 足柄スマートICとなります!



【募集人員】 15名

【参加費】  8000円(8640円税込額)
  ※参加費の支払いは後払い(9日以内に振込み)です。 振込手数料はご負担ください。

  ※参加費内訳

   ●ベテランスタッフによるワインディングプチレッスン 
    ~ワインディング初級者こそ聞いてほしい「ツボとコツ」~
    今まで自信がなく、避けていたワインディングの苦手意識を克服して、
    楽しくてやめられなくなってしまう極意を伝授します!

   ●ツーリング中の写真撮影(後日データをアップロードします!)
    年賀状やポスター、パソコンの壁紙などお好きにお使いください!!
 
   ●企画運営費

    企画運営費には以下が含まれます
    ・企画・打合せ
    ・その他運営諸経費

    なお、以下は参加費用に含まれません。
    ・高速道路代 ・有料道路代(雁坂トンネル含む)
    ・ガソリン代
    ・飲食費
    ・その他、上記参加費用内訳に記載なき事項

【その他】
  参加資格は、ツーリングライダーズ監修ライディングDVD教材購入者及び
  その同居者とします。
  加えて自立したライダーとして、自力で集合時間までに集合場所へ到着、
  解散場所から帰宅できる技量・地理知識・装備を有していることを条件とします。
  (ツーリング中はスタッフがサポートしますが、原則それ以外の対応はしません。)

  お持ちいただく機材、荷物はご自身で保管、管理をお願いいたします。
  破損、紛失等に関しましてツーリングライダーズは責任を負いかねます。

  転倒その他の事故による破損怪我等については当事者において解決いただきます。
  また、対人、対物(他車両、会場建造物など)への損害等については、
  相応の賠償金が発生する可能性があります。
  必ず任意保険の加入車両にてご参加ください。

※参加申込み後のキャンセルについて
  開催日一週間以内(6/15以降)のキャンセルについては、参加費全額を
  ご負担いただくことになりますのであらかじめご了承ください。
  キャンセルの場合は必ずご連絡をお願いします。
  無断キャンセルされた場合は、以後のご参加をお断りする場合があります。

  人気企画ゆえ、定員締切りにより涙を飲んで参加できない方たちのためにも、
  不用意なキャンセルをされないようご配慮のほどお願いします。
  自己都合によりキャンセルされた場合、次回以降のツーリング申し込み数が定員を
  超えるときには、他の参加希望者の参加を優先させていただきます。




↓↓↓参加申込みはこちらから↓↓↓

今すぐ参加申込みする!

※ お願い ※
お申込みのメールアドレスにはご案内資料を受け取れるアドレスを入れてください。
お送りしたメールが「迷惑メール」に入ってしまう場合がありますのでご注意ください。




6月23日(日)富士山麓で開催の低速旋回レッスン
『ライド・ライク・ア・プロ』トレーニングにご参加ください!


なたは・・
狙った半径の旋回ラインを正確にトレースすることができますか?

安全な公道ライディングのため、バンク角で曲がるのではなく、
セルフステアリングで向きを変える旋回法を理解し実行できていますか?



近年のマシン性能でそこそこワインディングが走れたとしても、
ごまかし効かない低速旋回の基本練習をしていない者には、
一定半径の旋回円を描き続けるのは難しいものです。


これはセルフステアリングを引き出す正しい方法と、
旋回中の速度調整方法の二つを知らないことが原因。


基本旋回練習の場ですら、
イメージする旋回ラインを作れなければ、
公道ワインディングで上手く走れないのは当たり前!

正確な一定半径の旋回円が描けるということが、
ワインディングにおいて再現性良く
旋回ラインを描くための一歩となるのです。




多摩~山梨東部ワインディングツーリング翌日の6月23日(日)に、
アメリカNo1ライディング法『ライド・ライク・ア・プロ』トレーニングを、
富士吉田市内、中央道・河口湖インター前の広大な駐車場で開催します!

2018_07_01_15_31_02_dai.jpg
公道ワインディングではなかなかできない基本旋回練習
終日、集中して繰り返しできる環境をご提供します。


2018_07_01_13_26_33_01.jpg
前日のワインディングトレーニングで自身の課題を見つけ、
それをしっかり克服する週末にしてください。


『ライド・ライク・ア・プロ』ライブトレーニングとは?


過去開催の『ライド・ライク・ア・プロ』ライブトレーニングの様子


正確な旋回継続に特化した低速旋回レッスン
「ライド・ライク・ア・プロ」トレーニングでは、
だれでも数時間で大型バイクでも自在に操る“3つのテクニック”を伝授します。

12938318_1579123499065227_762318760511832424_n.jpg
大型バイクでも小さく正確な旋回技術を手に入れる“3つのテクニック”とは?


2018_07_01_13_27_28_01.jpg
重量車のステアリングフルロック旋回も身につけられる!


2017_05_21_15_25_40_01.jpg
好評のタンデムレッスンで、上級者のライディング感覚を実際に体感しよう!


【日 時】6月23日(日): 9時開場、レッスン 10時00分~15時30分

【場 所】富士北麓駐車場(山梨県富士吉田市)
  (中央道・河口湖IC下車3分、東富士五湖道路・富士吉田IC下車1分)

【参加費】15,000円(税込16,200円)

【最寄宿泊】参考までに最寄りの宿泊可能ホテルをご紹介しておきます。
 ・ホテルルートインコート富士吉田
 ・河口湖ビジネス&リゾートSAWA
 ・ビジネスホテル河口湖
 ・ビジネスホテル登り坂
 ・リゾートイン芙蓉河口湖インター店(←スタッフ宿泊予定)


6月22日(土)の奥多摩・山梨東部ツーリングと、
翌23日(日)の低速旋回レッスン会の週末連日受講で、
一気にあなたのライディングを高めましょう!



※『ライド・ライク・ア・プロ』ライブトレーニングの参加は任意です。




↓↓↓参加申込みはこちらから↓↓↓

今すぐ参加申込みする!

※ お願い ※
お申込みのメールアドレスにはご案内資料を受け取れるアドレスを入れてください。
お送りしたメールが「迷惑メール」に入ってしまう場合がありますのでご注意ください。





首都圏近郊ワインディングを、

ライン正確に、そして安全で快適に走る企画・・



6月22日(土)開催
“奥多摩~山梨東部ワインディングツーリング”


上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!


いつまでも安全で幸せなバイクライフ”の実現のために…


企画 ツーリングライダーズ


※写真は一部web上からお借りしています。

| ツーリング告知 | 18:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第118回ツーリング 東北・青森ツーリング〜TRAT2019

【ツーリング告知】東北・青森ツーリング2019(TRAT2019)


2019年夏の舞台は本州北の最果て青森!

「名道」「絶景」「秘湯」満載で走ります!

ツーリングライダーズ的東北・青森ツーリング


TRAT2019~未来予想図~

Touring Riders Tohoku “Aomori” Touring 2019



愛言葉は・・・
“Aomori” we have never seen or experienced!



goldline.jpg
今年のTR夏ツーリングは東北・青森で開催!
八甲田山を見上げる湿原ルート、雪中行軍遭難はまさにこの付近です!


tatsudomariline01.jpg
津軽海峡を望む最高のワインディングロードが本州北の最果てにあります!


iwakiskyline03.jpg
こんなユニークかつチャレンジングな九十九折れロードも!


hakkouda01.jpg
温泉の宝庫・青森において、秘湯No1温泉宿にご案内します!




なたは東北・青森を走ったことがありますか?

例年夏の北海道ツーリングを終えるとTRスタッフは
東北地方を経由しながら帰ってくることが恒例になっています。

日頃なかなか走ることない東北北部のツーリングは、
北海道の道に負けず劣らず魅力的で、いつも期待以上!


とりわけ、2017年に立ち寄った青森・下北・津軽両半島ルート
特筆しがたいほど魅力的かつ印象的で、
TRメンバーのあなたにも訪れ、走ってもらいたいと強く思ったのでした・・


omasaki.jpg
2017年8月の東北路での本州最北の地・大間崎にて


omasaki01.jpg
厳しく長い冬を越えた短い青森の夏の海は、青く穏やかで感動的な様相を見せます!


調べてみると、そもそも青森県と言っても、太平洋側の南部地方
日本海側の津軽地方、さらに細かく分けると下北半島の下北地方と、
歴史、文化、習慣、方言、食事などの異なる国の集合体の県。

2017_08_15_13_43_31_01.jpg

(各地方の歴史的対立はさておいて・・)
だからこそ、青森県はバラエティに富んだ異なる魅力満載なのです!


そして道は広く、路面良好で大らか、交通量は少なく
延々続く中高速ワインディングがライダーにとってたまらなく楽しい!!


tatsudomariline.jpg
気持ちのよい中高速ワインディングが青森ツーリングの醍醐味


いうことで、今年2019年、令和元年夏ツーリングは、
そんな東北・青森の見たこと、経験したことない感動のため、
思い切って青森方面だけを舞台にすることにしました!



回の東北・青森ツーリング”TRAT2019”では、
3日間で青森県の素晴らしさを存分に満喫いただけるように、
青森の感動的な名道、絶景、名湯宿“相当気合入れて”詰め込んでみました。


青森県の名道と言えば・・、
雑誌Bikejin読者が選んだ日本の絶景ロードBest100に挙げられる
八甲田・十和田ゴールドライン、竜泊ライン(津軽半島)、
津軽岩木スカイライン(岩木山)
などがありますね。

tatsudomariline03.jpg 
津軽半島日本海を見下ろす丘に変化に富んだ絶景・竜泊ラインがあります!


iwakiskyline04.jpg
津軽のシンボル岩木山頂への九十九折れ、津軽岩城スカイライン


また立ち寄る絶景観光地として下北半島では、
最北端の大間崎、北西端の尻屋崎恐山仏ヶ浦などの神秘的スポットなど・・

oomasaki03.jpg


一方の津軽半島では、北端の龍飛崎階段国道
その他、八甲田山や津軽のシンボル名山・岩木山などのオンパレード!

tappizaki03.jpg


また、名湯宿として、
「本当は教えたくない秘湯宿ランキングTOP10」堂々1位にお連れします!

hakkouda.jpg
冬季休業のため限られた時期のみのまさに秘境宿!



さに、青森の魅力満載・全部乗せ東北・青森ツーリング“TRAT2019”


愛言葉は・・・
“Aomori” we have never seen or experienced!


本州最北の地東北・青森は、日本各地から立地的に遠く、
多くのライダーにとってまだまだ未知の地かもしれません。

しかし、それらを乗り越えてなおも余る本州離れした絶景の数々、
次々と変化するダイナミックなワインディング、
美味しい郷土料理と身体も心も温まる名湯に癒されるひと時・・・

その東北・青森の魅力・感動をまだ知らないライダーに伝えたい・・・


その魅力、感動を一緒に発見しに行きましょう!


詳細な行程や全国各地からの集合各所は後ほどご案内するとして、
まずは、3日間のツーリング行程、未来予想図をごらんください!




※3日間のツーリングに先立って、東北巡りをされたい方のために、
 今回はとっておきルート、温泉宿をご用意した“ルートゼロ”を開催!
 詳細はのちほどご紹介します!



北・青森ツーリング”TRAT2019”八戸前夜祭からスタートです!


[0日目] 8月11日(日) 18:30~前夜祭

: 八戸市内ビジネスホテルロビー(JR本八戸駅そば)集合

hachinohe.gif
TRAT2019のスタートは、青森東部・太平洋に面する中核市八戸から。

※宿付近の居酒屋にて前夜祭を開催します!




[1日目] 8月12日(月)

 ホテルルートイン本八戸(ホテル発) →(R338)
→むつ市内(昼食)→(R338)
→田野沢PA→(R338,K46,K253)
→道の駅かわうち湖→(K253,R338)
→仏ヶ浦→(R338)
→大間崎→(R279)
下風呂温泉・三浦屋(ホテル着・総走行距離 226km)




日間のツーリングの出発は、
前夜大いに盛り上がったであろう・・・!?
前夜祭会場の八戸市内ホテルから!

まずは青森・下北半島の本州最北の地
大間崎目指して北上していきます!


rokkasyomura338.png
原子燃料リサイクルセンターで有名な六ケ所村の湿地帯を抜け北上していきます!

右に太平洋が見えてきたら、下北半島をかなり北上したことになります


yokonagaretoge.png
途中、大らかでゆるやかな峠を越えて下北半島を横断して行くと、
ちょうど昼食処のむつ市街に入ります!


nankou.jpg
初日ランチからいきなり下北半島の海の幸をいただいちゃいましょう!


mutsu02.png
食後は左手に陸奥湾を眺めながらのどかな国道を流します


kamoshikaline.jpg
そして、山道に入ると様相はずいぶん変わってきます!

しかし、東北のワインディングは道がいいのに
夏休みシーズンでもホント空いています・・特に下北半島は・・


kaikyoline.jpg
津軽海峡側・海峡ラインは舗装状態よく車少ない快走ルート!


そして、ここで下北半島の景勝地を通ります・・
風雪厳しい津軽海峡の荒波が削り上げた大自然の造形仏ヶ浦

hotokegaura03.jpg
白い凝灰岩が約2kmにわたり奇岩の数々が連なります

風雪厳しい冬とは違い、夏の穏やかな海との眺めは、
この世の空間とは思えない、その名にふさわしい極楽浄土の浜

hotokegaura02.jpg
国道沿いの展望台からは、仏ヶ浦を一望できます!


kaikyoline02.jpg
夕陽の名所、願掛岩が見えてきたら大間崎はあと少しです・・


oomasaki02.jpg
そしてここが下北半島の端、本州最北端の地・大間崎です!(2017年8月)

ここまで来ると感慨ひとしお、
天気良ければ北海道・函館の街が見えるかもしれません!


ツーリング初日の宿は大間崎から近い本州最北の温泉街・
下風呂温泉人気ナンバーワンのホテルを確保しています!

shimoburo02.jpg
津軽海峡に面する眺望良いロケーションのホテル、
天気よければ北海道が望めます!!


shimoburo.jpg
露天風呂、内風呂と、異なる2つの泉質をお楽しみください♪


shimoburo01.jpg
素材の良さはもちろん、青森のならではの郷土料理をお楽しみください♪




[2日目] 8月13日(火)

 下風呂温泉・三浦屋(ホテル発) →(R279,K4)
→恐山→(K4,R336,K6)
→尻屋崎→(K6,K172,K248,R338)
→松楽(昼食)→(K7,R279)→道の駅・よこはま
→(R279,下北半島縦断道路,K5,中部上北府中駅農道,十和田広域農道,R102)
→道の駅・奥入瀬→(R102,K40)
八甲田温泉(宿着・総走行距離 239km)




ーリング2日目朝一番は、
イタコがいる霊場としてその名を誰もが知る恐山に立ち寄ります。

周囲に立ちこめる硫黄臭と荒涼とした岩場の風景が広がり、
ここもこの世とは思えない、異様な空間です・・

osorezan03.jpg 
日本三大霊場の一つである恐山菩提寺


osorezan03_20190507135945c94.jpg
風車がカラカラ回る宇曽利山湖畔極楽浜と呼ばれ、
その鮮烈な美しさがかえって不気味さを感じさせます


osorezan01.jpg
まだ渡るのは早い三途の川もあります!(2017年8月撮影)


個人的にはあまり長居する気がしない!?恐山を後にすると、
今度は下北半島の北東端尻屋崎に向かいます!

shiriyazaki.png
尻屋崎は津軽海峡と太平洋に面した本州最北東端に位置し、
その突端には白亜の尻屋埼灯台が船舶の安全を見守っています。
この岬はホント最果て感抜群ですね!


shiriyazaki03.jpg
灯台周辺の草地には県天然記念物の寒立馬(かんだちめ)が放牧、
愛らしい姿を眺めることができます


hamanasuline.jpg
尻屋崎を後にしたら、むつはまなすラインを野辺地方面に南下します
カーブもアップダウンも少ない殺伐風景は、北海道の原野を連想させますね!


nodo02.jpg
野辺地を過ぎたら、TRお得意の快適快走の広域農道を駆け抜けます


noudo.jpg
八甲田の山が近づいてきたら、ゴールの温泉宿はもう少しです!


ツーリング2日目の宿は八甲田へ!

八甲田と言えば酸ヶ湯温泉が有名ですが、
楽天トラベルのクチコミ評価◎!全国の「秘湯」の宿ランキング
堂々の第一位の温泉宿に八甲田温泉に今回はご招待します!

2017年に訪れ、その温泉の泉質と種類、ロケーション、宿の風情、食事と、
あらゆる面で感動した宿を、ぜひあなたにも体感してもらいたい!


hakkouda_20190506214121c0d.jpg
素朴で古めかしい外観ですが館内はキレイに改装されています・・


八甲田の自然が織りなす4種類の源泉かけ流しを楽しめる秘境宿!

ramunenoyu.jpg
天然炭酸泉で硫黄が強めの「らむねの湯」


ryuujinnoyu.jpg
大きな内湯と絶景露天が魅力の「龍神の湯」


hakkouda02.jpg
とろりとした湯ざわりの「みるくの湯」


motoyu.jpg
硫黄の香りが漂う「八甲田元湯」

ぜひゆっくりと、4つの源泉温泉を楽しんでくださいね!


hakkoudaonsen.jpg
秘湯で疲れをいやしたら、青森の郷土料理をご堪能あれ!




[3日目] 8月14日(水)

 八甲田温泉(旅館発)→(K40,R103,R7バイパス,K234,R280バイパス,K14,R339)
→龍飛崎→(R339)
→小泊(昼食)→(R339,K12)
→高山稲荷神社→(K12,屛風山広域農道,R101)
→新設海浜公園→(K3,津軽岩木スカイライン)
→岩木山8合目駐車場→(津軽岩木スカイライン,K3,アップルロード、R7)
南田温泉ホテルアップルランド(17:00頃解散・総走行距離:251km)





日目最終日はツーリングのクライマックス
青森県北端に突き出る
もう一つの半島・津軽半島の北端、龍飛崎に向かいましょう!

青森市街地を抜けて、津軽半島東沿岸の松前街道を北上します

matsumaekaido.jpg
この辺りのバイパスは、まるで有料道路のようで快走できます!


matsumaekaido02.jpg
津軽海峡を右手、対岸に北海道が見えてきたら北端の地はすぐそこです!


tappimisaki.jpg
そしてここが、名曲:津軽海峡冬景色の歌詞の舞台、津軽半島北端龍飛崎


tappimisaki01.jpg
龍飛崎は日本ではここだけの階段国道でも有名ですね!


tatsudomariline02.jpg
龍飛崎の南には龍泊ラインという海と山に囲まれた、
なんともライダーにとってよだれが出そうなワインディングがあります!


kodomari01.jpg
津軽海峡はメバル、イカ、サザエなど海鮮の宝庫、
是非ランチも楽しみにしていてくださいね!


ところで・・・千本鳥居と言えば、
京都の伏見稲荷大社や山口長門の元乃隅稲成神社が有名ですが、
津軽半島にもあるのをご存知でしたか?

十三湖から南に延びる長い長い直線・・
メロンロードの途中にある高山稲荷神社です

takayamainari.jpg
千本鳥居はアニメの世界に迷いこんだような不思議な空間です


そして、3日間のツーリングの締めくくりとして、
ものすごいルートをご用意しました!


別名:津軽富士、津軽のシンボル岩木山の8合目に続く
九十九折れの連続・・津軽岩城スカイライン

iwakisanskyline02.jpg
山頂に向かい、笑っちゃうような九十九折れが続く・・
3日間のツーリング最後のチャレンジセッションです!


iwakisanskyline.jpg
九十九折れを上から見るとこんな感じです!ホント笑うしかない・・


ところで・・
岩木山麓の嶽地区で栽培されているとうもろこし“嶽きみ”(地元方言で“きみ”)は、
ブランドとうもろこしとして知れ渡っています。

dakekimi.jpg
嶽きみは他のトウモロコシと比べ、圧倒的な甘さがあり、
糖度18度と言われていて、生でも食べられるほど・・

2017年、私トムもはじめてこれをいただいたのですが、
その甘さとおいしさに驚き、それ以来直送で取り寄せているほどです・・


dakekimi01.jpg
街道沿いには直売所が立ち並び1本百数十円の安さで販売されています。

その場で、茹でたものをいただけますので、
気に入ったらお土産にいかがでしょうか!?


appleroad.jpg
ゴールの弘前までは、リンゴ畑の間を快走するアップルロードが、
今回の東北・青森ツーリングのエンディングです!


minamidaonsen.jpg
3日間のツーリングが終わったら、解散場所の弘前市内の温泉宿で、
感動を共有した最高の仲間たちとの楽しい打ち上げが待っています!

※8月14日(水)弘前での打ち上げ参加、後泊は任意です。




は今回・・・、
多くのTRメンバーのリクエストにお応えして、
あの・・"ルートゼロ”を復活します!


本州最北の地青森の集合場所の八戸までの移動には、
後ほど紹介する手段を使っても距離、時間がかかるのが現実。

そこで、“ルートゼロ”の復活となりました!


“ルートゼロ”とは・・、

ツーリングの集合場所(今回は青森県八戸市)に至る
ホントは誰にも教えたくないTRスタッフとっておきのルート・スポットを、
少数名限定で楽しんでしまおうというもの!


昨年の北海道ツーリング“TRHT2018”終了後、
TRスタッフは東北三陸海岸を南下しながら帰ってきました。

驚いたのは震災のつめ跡は予想以上に大きく、
多くの町は建物はもちろんのことインフラ整備もままならない状況でした。

夏休み期間だというのに、観光客もまばらで、
完全な復興までは遠い道のりであることが容易に想像できました。

そんな東北・三陸海岸地方の復興をほんの少しでも応援したい!


そこで、三陸海岸線を北上しながら、
8月12日朝のツーリング出発地・・八戸へ向かう
“ルートゼロ”を企画しました!


集合場所は、宮城県利府町の三陸道・春日PA(下り)
これなら、ずいぶん集合しやすくなりますね!



※以下ご紹介する“ルートゼロ”からの参加は任意になります。

[ルートゼロ1日目]8月10日(土)14:00集合

※ルートは参考です!人数・道路状況により変更します。

 :三陸自動車道・春日PA(下り)集合→(三陸自動車道)
→石巻女川IC→(R398,K234,R398,K220(コバルトライン))
→牡鹿半島・御番所公園→(K220(コバルトライン,R398,K64)
追分温泉(旅館着、総走行距離:141km)




ずは、とっておきの楽しいワインディングにご案内です!

kobarutoline02.jpg
宮城県・女川町に突き出る牡鹿半島の尾根を走るコバルトライン
この道路、感激もの!ほんと楽しいですよ♪


kobarutoline04.jpg
なぜなら・・路面良好、交通量皆無の中高速カーブ
延々片道30kmも続くワインディング、石巻湾・鮫浦湾を左右に望む絶景ルート!


2018_08_18_11_20_19_01.jpg
牡鹿半島の先端からは、金華山が目の前に望めます!
恐らく牡鹿半島コバルトラインを往復するだけで、十分満足いただけることでしょう!


そして昨年、期待せずに利用したこの温泉宿がまた素晴らしい!

2018_08_18_08_59_18_01.jpg
宮城・南三陸町の山中にひっそりとたたずむ追分温泉旅館


oiwakeomsen.jpg
古い木造校舎のような温泉宿・・とても風情がありますね!


oiwakeonsen02.png
温泉場も木造でとても落ち着きます・・


IMG_5698.jpg
三陸の海の幸がこれでもかと振舞われます、
写真の食事はまだ序の口、すごいコスパなんです!



[ルートゼロ2日目]8月11日(日)

※ルートは参考です!人数・道路状況により変更します。

 :追分温泉(旅館発)→(K64,三陸自動車道またはR45)
ホテルルートイン本八戸(ホテル着、総走行距離:312km)




震災復興道路として、建設・共用が進む三陸海岸道路(通行無料)
8月11日は、この道を効果的に使いながら、青森・八戸に向かいます!

sanrikudo.jpg


2018_08_17_14_21_06_01.jpg
岩手・陸前高田の仮設店舗のカキ小屋にて、
通常の2倍くらいの大きさのカキが1個100円くらい!
お腹いっぱい食べて1000円しません・・


2018_08_17_14_05_24_01.jpg
カキ小屋の前の高さ15mほどの新設堤防
海沿いの町だというのに海が見えないなんて・・
これが震災の現実です・・


IMG_5686.jpg
岩手・普代村の仮設食堂でウニ付海鮮丼、値段は税込たったの1080円!




かがでしたでしょうか、
ツーリングライダーズ的 東北・青森ツーリング未来予想図。


まだ知らない青森、本州最北の果ての景色
まだ体験していない東北の感動


これらを少しでも感じていただけたらと思い、
東北・青森ツーリング・未来予想図を作成しました。

まだ、青森を走ったことがない方も走ったことのある方だって、
ツーリングライダーズと一緒の東北・青森は、
あなたの人生を一層豊かなものにしてくれることでしょう。



それでは、いよいよ申し込みのご案内です。


---------------------------------------------------------------

↓↓↓参加表明はこちらから↓↓↓

東北・青森方面ツーリング・TRAT2019に申し込む


※ お願い ※
お申込みのメールアドレスにはご案内資料を受け取れるアドレスを入れてください。
お送りしたメールが「迷惑メール」に入ってしまう場合がありますのでご注意ください。


---------------------------------------------------------------

【日程】

[ルートゼロ1日目] 8月10日(土)(参加任意)
:宮城県利府町・三陸道・春日IC⇒午後牡鹿半島方面をツーリング⇒女川・追分温泉(旅館泊)

[ルートゼロ2日目] 8月11日(日)(参加任意)
:女川・追分温泉⇒終日三陸海岸を移動⇒青森県・八戸市内(ホテル泊)


[0日目] 8月11日(日)
: 青森県・八戸市内居酒屋(18:30集合)

[1日目] 8月12日(月)
: 青森県・八戸市内⇒終日青森・下北半島方面をツーリング⇒大間・下風呂温泉(ホテル泊)

[2日目] 8月13日(火)
: 大間・下風呂温泉⇒終日青森・下北半島方面をツーリング⇒八甲田温泉(旅館泊)

[3日目] 8月14日(水)
:八甲田温泉⇒終日青森・津軽半島方面をツーリング⇒青森県・弘前市内(17:00頃解散)


【集合日時】:以下のいずれかより、希望日時を選択ください。

1:8月10日(土)14:00 三陸道・春日PA(下り・参加任意)
  ※“ルートゼロ”参加の方はこちらを選択ください。

2:8月11日(日)18:30 青森県八戸市内ホテルロビー集合
  ※集合後、近隣居酒屋で前夜祭を行います。


【解散場所】

 8月14日(水)17:00頃 青森県弘前市内


【宿泊】:宿泊は以下の宿となります。

※各ホテル等は夏季休暇シーズンにつき、すでにTRで団体予約しておりますので、
 個人での予約は不要となっております。


※1:8月10日(土)“ルートゼロ”宿泊、
 5:8月14日(水)弘前後泊および打ち上げ参加は任意です。



1.8月10日(土)追分温泉宿泊任意/TRにて団体予約済)
         宮城県石巻市北上町女川字大峯1 TEL: 0225-67-3209
         宿泊費8,700円程度(夕食・朝食付)

2.8月11日(日)ホテルルートイン本八戸(TRにて団体予約済)
         青森県八戸市内丸1丁目51-16 TEL: 0178-71-2511
         宿泊費8,700円程度(朝食付)
 

3.8月12日(月)下風呂温泉・三浦屋(TRにて団体予約済)
         青森県下北郡風間浦村下風呂70 TEL:0175-36-2311
         宿泊費16,200円程度(夕食・朝食付)


4.8月13日(火)ぬぐだまりの里 秘湯 八甲田温泉(TRにて団体予約済)
         青森県青森市大字駒込字深沢766-2 TEL: 017-738-8288
         宿泊費10,800円程度(朝食付)


5.8月14日(水)南田温泉ホテルアップルランド宿泊任意/TRにて団体予約済)
         青森県平川市町居南田166−3 TEL:0174-44-3711
         宿泊費14,580円程度(夕食・朝食付)



★東北までの道のり 事例集★

東北方面ツーリングの集合目標のひとつとして、
例えば8月11日(日)18:30頃の青森県八戸市内ビジネスホテル
の集合があげられます。

自走高速道路利用の場合、
高速ICの最寄りは、八戸道・八戸ICになります。

ここでは、各方面から集合することについて、
いくつかの事例をご紹介しますので参考にしてみてください。


A:首都圏方面より参加の方

事例1 東北、八戸自動車道利用
     東北道・川口ジャンクション→八戸道・八戸インター:631.4km、
     約6時間46分(渋滞・休憩未考慮)、ETC料金:7,460円


B:上越・北陸以西方面より参加の方

事例2 磐越、東北、八戸自動車道利用
     磐越道・新潟中央インター→八戸道・八戸インター:552.5km、
     約6時間31分(渋滞・休憩未考慮)、ETC料金:6,390円

事例3 新潟港:8/10 20:05発 →秋田港:8/11 5:40着フェリー利用
    新日本海フェリー 便名:ゆうかり
    ※下船後、一般道または、秋田道・東北道・八戸道経由
    秋田道・秋田中央インター→八戸道・八戸インター:283.3km、
    約3時間33分(渋滞・休憩未考慮)、ETC料金:3,580円

事例4 名古屋港:8/8 19:00発 →仙台港:8/9 16:40着フェリー利用
    太平洋フェリー 便名:きそ
    ※下船後、一般道または、東北道・八戸道経由
    三陸道・仙台港北インター→八戸道・八戸インター:297.8km、
    約3時間25分(渋滞・休憩未考慮)、ETC料金:5,560円

フェリーは各自の責任のもと、下記フェリー運航会社からご予約をお願いします。
予約は原則2ヶ月前の同日9時より開始です。
お盆のハイシーズンのため、早く満席になってしまうことが考えられます。
よって、予約開始日の朝1番に予約されることをおススメいたします。


D:その他の方法

事例4 新幹線で8/11以前に八戸入り。
    八戸市内でバイクをレンタルしてホテルへ。 YSP八戸


【定 員】 20名


【参加費】24,000円 (税込 25,920円、8月12~14日青森方面ツーリングの場合)

※8月10日~の“ルートゼロ”参加の場合:別途 6,000円(税込 6,480円)

※上記参加費には、有料道路代、ガソリン代、食事代、宿泊代、
 フェリー代などは含んでおりません。

※参加費は後払い(振込み)といたします。(振込手数料はご負担願います。)

※集合場所の違いによる参加費に変更はありません。
 途中参加・途中離脱される方も、同じ金額になります。

※タンデム参加の場合には、参加費は半額でご参加いただけます。


【参加資格(必須)&お願い事項】

(1)ツーリングライダーズメンバーおよびその紹介者であること。

(2)一日で200kmを超すマスツーリングのため、決められたルールを守り、
   スタッフの先導から遅れることなく、制限速度巡航での隊列走行が出来ること。
   多数の参加者をスケジュール通り移動させる必要から、遅れる場合には
   自己責任で予定のルートを追いかけ、次の休憩所で合流していただきます。

(3)現時点で参加ができることがほぼ確実できること。
   宿泊ホテルが相部屋での確保を考えています。
   また、恒例の記念シャツなどの作成を考えています。
   さらに、早期に上陸手段を確保しなければならないツーリング事情から、
   事前の自己都合によるキャンセルの場合、参加を希望する方がいても
   メンバーの入れ替えが難しく欠員になってしまいます。
   (キャンセルの場合には、規定のキャンセル料をいただきます。)
   よって、申し込みに際しましては、止むを得ない事情でのキャンセルを除き、
   確実に参加出来る計画を立てていただけますよう、お願いいたします。


【その他】

お持ちいただく機材、荷物はご自身で保管、管理をお願いいたします。
破損、紛失等に関しましてツーリングライダーズは責任を負いかねます。

転倒、その他の事故による破損・怪我等については、当事者において解決いただきます。
また、対人、対物(他車両、会場建造物など)への損害等については、相応の賠償金が発生する可能性があります。
必ず任意保険の加入車両にてご参加ください。


※参加申込み後のキャンセルについて

開催日2週間以内(7/29以降)の自己都合キャンセルについては、開催決定された場合、参加費全額をご負担いただくことになりますのであらかじめご了承ください。
キャンセルの場合は必ずご連絡をお願いします。
もし無断キャンセルされた場合は、以後のご参加をお断りする場合があります。

人気企画ゆえ、定員締切りにより涙を飲んで参加できない方たちのためにも、不用意なキャンセルをされないようご配慮のほどお願いします。
自己都合によりキャンセルされた場合、次回以降のツーリングレッスン会の申し込み数が定員を超えた場合には、他の参加希望者の参加を優先させていただきますのでご了解願います。

自己都合キャンセルの場合の宿泊費、食事代のキャンセル料金は、宿、店の規定に従いご負担いただくこととなります。


以上の内容で参加をご希望の方は 下記より申し込み願います。


---------------------------------------------------------------

↓↓↓参加表明はこちらから↓↓↓

東北・青森方面ツーリング・TRAT2019に申し込む


※ お願い ※
お申込みのメールアドレスにはご案内資料を受け取れるアドレスを入れてください。
お送りしたメールが「迷惑メール」に入ってしまう場合がありますのでご注意ください。


---------------------------------------------------------------




ツーリングライダーズ1年に1度の夏のイベント 
今年は
東北・青森方面ツーリング〜TRAT2019

必ずや心に残る、感動にあふれた楽しい、ひと夏の思い出になるでしょう。

そして、バイクを趣味として選ばれたことが、喜びに感じることでしょう。



TR的東北・青森方面ツーリング、
多くの方の参加表明をお待ちしております。



心からの感謝を込めて



いつまでも安全で幸せなバイクライフを!
ツーリングライダーズ

| ツーリング告知 | 18:00 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第115回ツーリング 上信越(新潟・長野)方面

【ツーリング告知】第115回ツーリング企画


“上越から北アルプス・八ヶ岳連峰へ!

 新緑シーズン真っ盛りの上信越を周回!”



5月25日(土)、26日(日)開催

“上信越(新潟・長野)方面ツーリング”



上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!


hakuba02.jpg
梅雨前のこの季節、新緑と白銀のアルプスが眩しすぎる


nishikubiki.jpg
とっておき、大パノラマ広がる広域農道にもご案内!


uonumaskyline3.jpg
もちろん、有名ワインディングロードにもお連れします!




雨前の初夏、最高に眩い太陽の光
澄んだ青空と爽快な風、
そして生命力あふれる新緑の季節。


まさにツーリングに最高の季節、
北アルプスは一年で最も美しい季節が幕を開けます。
かつてこの時期トムが訪れ、その眺望に感嘆の声を上げた
北アルプス山麓・白馬村が今回のツーリングの目的地。

新潟・中越から上越方面を駆け抜け日本海に、
北アルプス連峰の東に沿って長野信州を南下・・
蓼科・八ヶ岳までを2日間かけて巡ります!!



ツーリング初日のスタートは、
水を張ったばかりの水田に映る初夏の山々美しい
日本一の米処、南魚沼スカイラインをスタート!

上越からは、日本海を望む海岸線、
時々とっておきの広域農道経由で目的地白馬村に向かいます。

uonumaskyline2.jpg
日本の名道50選、魚沼丘陵から日本一の田園を眺める道魚沼スカイライン


nishikubiki3.jpg
ほんの少し陸地側に入ると交通量皆無の最高の農道ワインディングが待っています!


ツーリング2日目は、北アルプス、八ヶ岳のパノラマを
存分に楽しめるスポット立ち寄りのルートを予定しています。

白馬三山のとっておき絶景スポットやアルプス展望道路
新緑の蓼科・八ヶ岳ルートをご堪能ください!

hakuba01.jpg
この時期、水を張った水田に映るアルプス稜線が見られます。


yatsugatakerenpo.jpg
新緑の蓼科・ビーナスラインからの八ヶ岳の大パノラマ


この季節、この瞬間にしか味わえない感動ツーリング、
TRのツーリングで安心してツーリングの醍醐味をお楽しみください!!



ツーリングライダーズならではの企画を
どうか存分にお楽しみください!





↓↓↓参加申込みはこちらから↓↓↓

今すぐ参加申込みする!

※ お願い ※
お申込みのメールアドレスにはご案内資料を受け取れるアドレスを入れてください。
お送りしたメールが「迷惑メール」に入ってしまう場合がありますのでご注意ください。




れでは、詳細をご紹介します。


【日  時】  2019年5月25日(土)~26日(日)
         集合:5月25日(土) 8:00 出発:8:15


【集合場所】  セブンイレブン中越塩沢南店
        新潟県南魚沼市関字大塚1172-1 /TEL 025-783-5031
        関越自動車道・塩沢石内ICより国道17号経由約1.5kmです。

【予定ルート】

1日目:5月25日(土)
  セブンイレブン中越塩沢南店→(R17,魚沼スカイライン,R253)
 →セブンイレブン十日町高山店→(R253,R403,K43,上沼道)
 →セブンイレブン上越浦川原店→(R253,R8)
 →海のだいどこや(昼食)→(R8,R245,西頚城広域農道,K88,R8)
 →セブンイレブン 糸魚川能生鬼伏店→(R8,K221,西頸城広域農道,R148,K483)
 →高浪の池→(K483,R148,K)
 →白馬ハイランドホテル  総走行距離:204km




日、ツーリングのスタートは冬季スキーでにぎわう
関越道・塩沢石打インタ―そばのコンビニからになります。

スタートしてすぐ、新潟県内でもライダー人気の稜線ルート、
魚沼丘陵の尾根沿いを走る魚沼スカイラインへ!

uonumaskyline.jpg
六日町盆地や十日町盆地を眺める絶好の眺望ルートの魚沼スカイライン


十日町からはしばらく、上越ののどかな山間部を
日本海に向かって走っていきます。

hoshitoge.jpg
途中星峠の棚田を横目に見ながら走ります!


直江津で日本海に出て国道8号の海岸線を走るころ、
丁度ランチ時になります。

umiterasu.jpg
海の見える道の駅・うみてらす名立でランチをいただきましょう!


daidokoya.jpg
ランチはもちろん、日本海の幸をふんだんに使った海鮮料理です!


食後は国道を少し外れ、眠気覚ましに広域農道を走りましょう!

nishikubiki2.jpg
実はこの道路、日本海が見下ろせる棚田ロードなんです!


糸魚川からは、北アルプスの東沿に国道148号
塩の道:千国街道を南下していきます。

途中旧道に入ってヒスイ峡に立ち寄ってみましょう。

日本随一のヒスイの産地として糸魚川を象徴するスポットです。

takanaminoie2.jpg
途中、ヒスイ峡からほど近い高浪の池で休憩、
池の向こうに明星山がよく見えますね!


栂池を過ぎると初日のゴール白馬です。

宿泊は、白馬三山を含む3000m級の北アルプス連峰
白銀の稜線対岸の丘の上に立つホテル!

以前トムが利用、露天温泉からの景観に大いに感動した
恐らく白馬村で最も景観優れる宿でしょう!!

hakubahighlandhotel4.jpg

ホテルの一番のウリは、正面に白馬・北アルプスを望む絶好のロケーション!


hakubahighlandhotel2.jpg
もちろんアルプス稜線を眺めながらの温泉露天風呂をお楽しみください!



2日目:5月26日(日)

  白馬ハイランドホテル→(R406,K33,K497,K394)
 →鷹狩山展望台→(K497,K394,K395,R19)
 →道の駅・長野市大岡特産センター→(R19,K12,R143)
 →道の駅・あおき(昼食)→(R143,K12,R254)
 →道の駅・マルメロの駅ながと→(R254,K40)
 →女神湖センター→(K40,K192,R299)
 →レストハウス・ふるさと 総走行距離:183km




日目朝は白馬三山の絶景が望める野平集落
ちょっと寄り道していきましょう!

nohira.jpg
広域農道の橋、松川大橋はライダーたちにも人気の絶景ポイント
清らかな雪解け水と新緑と白馬の残雪、
当日写真のような眩しい日差しと青空であることを祈ります!


nohira2.jpg
野平集落から真正面に望む白馬三山の雄姿。

近くに有名な一本桜の木があるのですが、
この頃はすっかり花も散っていることでしょう。


白馬を後にして、TRツーリングらしく、
国道の東側尾根沿いに走るマイナー県道を南下します。

r497.jpg
時折、景色が開けると、アルプスの稜線を望めることでしょう!


さて、ここで北アルプス連峰の大パノラマの絶景を、
もう一度目に焼き付けていただきましょう!

takagariyama.jpg
北は白馬岳から南は常念岳まで、北アルプスの山並みが一望できる鷹狩山山頂


昼食のあと、上田の町を抜けにさらに南下、
ビーナスラインの一部を走りながら蓼科方面にむかいます。

onnanokami2.jpg
蓼科ビーナスラインの途中、八ヶ岳南アルプスのパノラマが!


mugikusa1.jpg
そして2日間の仕上げは八ヶ岳を横断する麦草峠を駆け上がり、
峠そばのレストハウスふるさとがツーリングのゴールです!


furusato_20190201164720f85.jpg
昨年新装開店となった真新しい建屋のレストハウスふるさと
ソフトクリームが絶品です!


mugikusa.jpg
佐久平越しに遠く浅間山までのパノラマ望みながら解散となります!




↓↓↓参加申込みはこちらから↓↓↓

今すぐ参加申込みする!


※ お願い ※
お申込みのメールアドレスにはご案内資料を受け取れるアドレスを入れてください。
お送りしたメールが「迷惑メール」に入ってしまう場合がありますのでご注意ください。




【宿泊場所】 白馬ハイランドホテル

       長野県北安曇郡白馬村北城21582 TEL 0261-72-3450
      (一泊2食付:11,400円程度/飲料代は別途。)

※宿泊は、ツーリングライダーズが団体で予約しています。
 宿泊は原則メンバー同士の洋室(ツイン)相部屋となります。

hakubahighlandhotel.jpg
北アルプスの麓、白馬の丘に建つ、露天風呂と壮大な眺望が自慢のホテル


hakubahighlandhotel03.jpg
和食と洋食のビュッフェ式朝食・夕食をお楽しみください!


【募集人員】 18名程度


【参加費】 16,000円 (17,280円税込額 宿泊飲食代は別途)

  ※参加費の支払いは後払い(8日以内に振込み)です。 振込手数料はご負担ください。
 
  ※参加費内訳

   ●ベテランスタッフによるワインディングプチレッスン 
    ~ワインディング初級者こそ聞いてほしい「ツボとコツ」~

    今まで自信がなく、避けていたワインディングの苦手意識を克服して、
    楽しくてやめられなくなってしまう極意を伝授します!

   ●ツーリング中の写真撮影(後日データをアップロードします!)
    年賀状やポスター、パソコンの壁紙などお好きにお使いください!!
 
   ●企画運営費

    企画運営費には以下が含まれます
    ・企画・打合せ
    ・その他運営諸経費

    なお、以下は参加費用に含まれません。
    ・高速道路代
    ・ガソリン代
    ・宿泊費
    ・飲食費
    ・その他,上記参加費用内訳に記載なき事項


【その他】

参加は、自立したライダーとして自力で集合時間までに集合場所へ到着、解散場所から帰宅できる技量・地理知識・装備を有していることを条件とします。
(ツーリング中はスタッフがサポートしますが、原則それ以外の対応はしません。)

お持ちいただく機材、荷物はご自身で保管、管理をお願いいたします。
破損、紛失等に関しましてツーリングライダーズは責任を負いかねます。

転倒その他の事故による破損怪我等については当事者において解決いただきます。
また、対人、対物(他車両、会場建造物など)への損害等については、相応の賠償金が発生する可能性があります。
必ず任意保険の加入車両にてご参加ください。


※参加申込み後のキャンセルについて

開催日一週間以内(5/18以降)の自己都合キャンセルについては、開催が決定された場合、参加費全額をご負担いただくことになりますのであらかじめご了承ください。
キャンセルの場合は必ずご連絡をお願いします。
無断キャンセルされた場合は、以後のご参加をお断りする場合があります。

人気企画ゆえ、定員締切りにより涙を飲んで参加できない方たちのためにも、 不用意なキャンセルをされないようご配慮のほどお願いします。
自己都合によりキャンセルされた場合、次回以降のツーリング申し込み数が定員を超えるときには、他の参加希望者の参加を優先させていただきます。




↓↓↓参加申込みはこちらから↓↓↓

今すぐ参加申込みする!


※ お願い ※
お申込みのメールアドレスにはご案内資料を受け取れるアドレスを入れてください。
お送りしたメールが「迷惑メール」に入ってしまう場合がありますのでご注意ください。




2019年もTR企画目白押し!


上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!


いつまでも安全で幸せなバイクライフ”の実現のために…

企画 ツーリングライダーズ


※写真は一部web上からお借りしています。

| ツーリング告知 | 08:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第113回ツーリング 甲賀(滋賀)方面

【ツーリング告知】第113回ツーリング企画"


4月20日(土)開催!

春爛漫!新緑の甲賀の里山を周遊!


“甲賀(滋賀)方面ツーリング”

“上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!”


suzukaskyline04.jpg
走って楽しさだけでなく、眺望素晴らしいダウンヒルワインディング!


otogitoge05.jpg
走りももちろんですが、この時期新緑の中を走るのは気持ちいい!




GW前、一斉に花々咲き木々芽吹き始める、
エネルギーが一気に野山に湧き出る
走っているだけで気持ちいこの季節ですね・・

この4月の関西方面ツーリングの舞台は、
「忍者」「信楽焼」で日本遺産認定された
甲賀(滋賀県甲賀市)方面を周遊します!

桜のシーズンもほぼ終わり、
新緑の葉が芽吹く、まさに春爛漫のころ、
甲賀の里山を駆け巡るツーリングになります!

今回TRがお届けする“甲賀方面ツーリング”は、
日本屈指の有名定番ルートはもちろん、
地元ツーリングライダーに人気のワインディングを中心に、
それらを快走広域農道でつなぐルートとなっています。


suzukaskyline3.jpg
滋賀と三重を分ける鈴鹿山脈を横断する人気コース鈴鹿スカイライン

県境・武平峠を境に滋賀県側はストレート少なくつづら折れが続き、
三重県側に入るとヘアピンとストレートをつなぎながら、
ところどころ伊勢平野と伊勢湾を一望できる爽快ダウンヒル。

テクニカルでチャレンジングな滋賀県側、
視界が開け、遠望を楽しめ開放感ある三重県側、
違うという二面性が楽しいスカイライン!


asebotoge02.jpg
滋賀県の人気ワインディングロード信楽のアセボ峠と言えば
走り屋らに申し込み可能名の通った峠道


otogitoge04.jpg
リズミカルなクネクネ道が続くワインディング、
これを見たら走りたくなるでしょう!?


参加したいけど初心者なので敷居が高くて大丈夫かなと
二の足を踏んでいるあなた!

そんなあなたにも必ず上達いただくために、
我々TRスタッフ、最大限のサポートを惜しみません!

初心者の方のご参加も大いにお待ちしてます(^^)




↓↓↓参加申込みはこちらから↓↓↓

今すぐ参加申込みする!


※ お願い ※
お申込みのメールアドレスにはご案内資料を受け取れるアドレスを入れてください。
お送りしたメールが「迷惑メール」に入ってしまう場合がありますのでご注意ください。





れでは、詳細をご紹介します。


【日  時】  2019年4月20日(土)
        集合:8:00  出発:8:20


【集合場所】 道の駅・あいの土山
        滋賀県甲賀市土山町北土山2900 / TEL 0748-66-1244


【予定ルート】

 道の駅・あいの土山→(R1,K9,R477,K626)→
 セブンイレブン菰野町永井店→(K140,R421)→
 道の駅・奥永源寺渓流の里→(R421,K189,K508,日野東部広域農道,R477)→
 万葉 日野店(昼食)→(R307,蒲生広域農道,K166,K178,K13)→
 セブンイレブン湖南三雲店→(K4,K53,R307,K138,R422)→
 山田牧場→(K138,R163)→
 道の駅・お茶の京都みなみやましろ村→(R163,K82,大和高原広域農道,R25)→
 道の駅・針T・R・S (到着16:00頃) 総走行距離:182km

<<ルート図>>



合場所は国道1号沿い三重県との県境、
鈴鹿山脈そばの道の駅・あいの土山です!

ainotsuchiyama.jpg
関西圏からだけでなく、中部圏からもアクセスいい道の駅からスタート!


スタート直後桜の名所青土ダム~鮎河沿い、
県道快走路を北上します!

aododamu02.jpg
青土ダムは、世界でも珍しい半円朝顔形状の2基の洪水吐が特徴のダム


ayukawa.jpg
青土ダムを過ぎると花見の有名スポット・鮎河千本桜を横目に過ぎますが、
ちょっとシーズンが過ぎているので写真だけお楽しみください・・・


国道(477号)に出るとそこは鈴鹿スカイライン
鈴鹿山脈・横断するテクニカルワインディング経由で三重県側に入ります。

suzukaskyline.jpg
武平峠を越えて下りに入ると、伊勢平野と伊勢湾絶景を一望できますが、
ゆっくり丁寧に走っていきましょう!


milkroad.jpg
ハードな鈴鹿スカイラインを三重県側に下りたら一休み、
広域農道・ミルクロードゆっくり北上します。


ishibakutoge.jpg
ここから国道421号を西に向かい、
再び鈴鹿山脈・石榑峠を越え滋賀県東近江方面に戻って行きます。

かつての石榑峠越えは、有数の酷道でしたが・・・

ishiguretoge.jpg
現在は立派なトンネルを抜けて、手軽に県を跨げるようになりました!


keiryunosato.jpg
珍しい二輪車専用駐車場完備の道の駅・奥永源寺渓流の里でひと休み!


eigennjidam.jpg
永源寺ダムも桜の名所ですね・・・あと半月早ければ良かったですね・・


hinotoubunodo.png
国道421号を逸れ、開放的な広域農道を南下したらランチにしましょう!


lunch 20190420
ランチは、地元近江牛をリーズナブルでいただける焼き肉店へ!


gamounodo.png
お昼を食べたら再び広域農道を移動します!


asebotoge.jpg
途中、滋賀県の人気ワインディング“信楽のアセボ峠”を越えていきます!


タヌキの置物や、陶芸・信楽焼で有名な信楽町スイーツ休憩しましょう!

yamadafarm.jpg
“牛に願いを、ミルクに夢を”
山田牧場で牛乳やアイス・スイーツを食べましょう!


ツーリングの仕上げは・・・歴史の舞台に登場する峠越え・・・

本能寺の変の後、徳川家康が忍者に助けられながら、
命からがらこの峠を逃げ越えたと言われている御斎峠です。

onsaitoge.jpg
標高630mの御斎峠からは、伊賀盆地が一望できます。


yamatotakaharanodo.png
フィニッシュは茶畑の中の広域農道快走します!


hari.jpg
総走行距離180km、関西ライダーのメッカ、
道の駅・針テラスでエンディングとなります!




【募集人員】 15名


【参加費】 8000円(8640円税込額)

 ※参加費支払いは後払い(8日以内に振込み)です。 振込手数料はご負担ください。

 ※参加費内訳

   ●ベテランスタッフによるワインディングプチレッスン 
    ~ワインディング初級者こそ聞いてほしい「ツボとコツ」~

    今まで自信がなく、避けていたワインディングの苦手意識を克服して、
    楽しくてやめられなくなってしまう極意を伝授します!

   ●ツーリング中の写真撮影(後日データをアップロードします!)
    年賀状やポスター、パソコンの壁紙などお好きにお使いください!!
 
   ●企画運営費

    企画運営費には以下が含まれます
    ・企画・打合せ
    ・その他運営諸経費

    なお、以下は参加費用に含まれません。
    ・高速道路代
    ・ガソリン代
    ・宿泊費
    ・飲食費
    ・その他,上記参加費用内訳に記載なき事項


【その他】

参加資格は、ツーリングライダーズ監修ライディングDVD教材購入者及びその同居者とします。

加えて自立したライダーとして、自力で集合時間までに集合場所へ到着、解散場所から帰宅
できる技量・地理知識・装備を有していることを条件とします。
(ツーリング中はスタッフがサポートしますが、原則それ以外の対応はしません。)

お持ちいただく機材、荷物はご自身で保管、管理をお願いいたします。
破損、紛失等に関しましてツーリングライダーズは責任を負いかねます。

転倒その他の事故による破損怪我等については当事者において解決いただきます。
また、対人、対物(他車両、会場建造物など)への損害等については、相応の賠償金が発生
する可能性があります。 必ず任意保険の加入車両にてご参加ください。


※参加申込み後のキャンセルについて

開催日一週間以内(4/13以降)のキャンセルについては、参加費全額をご負担いただくことに
なりますのであらかじめご了承ください。キャンセルの場合は必ずご連絡をお願いします。
無断キャンセルされた場合は、以後のご参加をお断りする場合があります。

人気企画ゆえ、定員締切りにより涙を飲んで参加できない方たちのためにも、
不用意なキャンセルをされないようご配慮のほどお願いします。
自己都合によりキャンセルされた場合、次回以降のツーリング申し込み数が定員を超える時には、
他の参加希望者の参加を優先させていただきます。




↓↓↓参加申込みはこちらから↓↓↓

今すぐ参加申込みする!


※ お願い ※
お申込みのメールアドレスにはご案内資料を受け取れるアドレスを入れてください。
お送りしたメールが「迷惑メール」に入ってしまう場合がありますのでご注意ください。




4月20日(土)開催!

春爛漫!新緑の甲賀の里山を周遊!



“甲賀(滋賀)方面ツーリング”

“上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!”


半年ぶりの関西方面ツーリング、
関西および西日本メンバーとお会いできることを
今から楽しみにしております! 


いつまでも“安全で幸せなバイクライフ”の実現のために…

企画 ツーリングライダーズスタッフ:トム


※写真は一部web上からお借りしています。

| ツーリング告知 | 08:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT