FC2ブログ

ツーリングライダーズ情報館

合言葉は!・・・“上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!”

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【レッスン会レポート】1Dayレッスン会 in 富士山麓


中央道・河口湖インター目の前の広大会場!

6月2日(日)初夏の富士山麓で開催!!


“1Dayレッスン会 in 富士山麓”


~上手くなりたきゃ、 ツーリングライダーズに行こう!~


2019_06_02_15_49_27_01.jpg
マシンの性能や体力ではなく、荷重移動を使っての旋回を身に付けます


2019_06_02_15_13_14_01.jpg
安全で広大な会場で終日心置きなく練習カリキュラムをこなす・・
それが1Dayレッスン会の醍醐味!!


2019_06_02_13_00_50_01.jpg
上手くなりたいという同じ志を持った仲間たちと楽しくライディングレッスン!




底的に低速旋回技術を磨く “1Dayレッスン会
初夏の風が最高に気持ちよく新緑美しい
富士山麓の広い駐車場を貸し切り開催しました!



今回も低速旋回技術を中心に、
バイク性能に依存することなく、
ライダーが主体的にバイクを操る技術の習得を目標にしました。



それでは、そのレッスン会レポートをご覧ください!


↓↓↓↓今回の写真・動画はこちら!↓↓↓↓


参加者はお気に入りの写真をお探しください!




【レッスンメニュー】

トライカーナ:現状実力把握

ブレーキング:連続急制動・リアのみ、フロントのみ、両方!

乗車フォーム:正しいライディングフォームを実現する!

オーバル走行:「減速」「旋回」「加速」を徹底的に繰り返し身につける!

4本パイロンスラローム:ライディングの変化を攻略する!

・180°連続ターン&Uターン:オフセットスラロームで直線加減速&ターンを身に付ける!

パイロンスラローム:本日の総仕上げ!

トライカーナ:今日の成果を試す!目標は朝の自分を超えること!




2019年6月2日(日)

【レッスン会場】

夏の気持ちよい絶好のシーズン!

薄曇りですが雨の心配はなし、
かえって暑くない、そして風もない、
最高のトレーニング日和となりました!


2019_06_02_09_51_13_daa.jpg
富士山麓の広大な駐車場で終日レッスンが始まります!


2019_06_02_09_37_20_daa.jpg
レッスン前には十分にストレッチで身体中の関節を伸ばしておきます!


2019_06_02_09_37_54_daa.jpg
あら、若いのに身体固い方いますね・・汗



★効果測定★~トライカーナ~(レッスン前)

のごとの上達には、今の実力を計測することが必要です。

実力を数値化することで、
上達の有無、欠点・課題が客観的に見えてくるからです。

レッスン前と後に、4本のパイロンの間を走り抜ける
トライカーナのタイムアタックに挑戦していただき、
それぞれ参加者のタイムを測りました。

トライカーナは闇雲に飛ばしても、
無理をして突っ込んでいってもタイム短縮につながりません。

ひとつひとつの操作を丁寧に精度高く、
連続して行うことが必要です。


※注意!音が出ます!





イムアタックが終わったら、TR恒例のご挨拶・・・
今回は、TR初参加の方がたくさんいますけど、元気よくお願いします・・・

2019_06_02_09_41_00_daa.jpg

「みなさん、お元気ですか〜!?」

怪しい団体ではありません、これがTR流朝の挨拶

みなさん、右手を大きく突き上げて、
応えてくれてありがとうございます!

これで、緊張が解け、身体と心のスイッチが入るんです!


2019_06_02_09_45_46_daa.jpg
今回のスタッフは、鋭い指摘が好評のユウさん


2019_06_02_09_46_58_daa.jpg
ワンポイントアドバイスが的確と評判のモッさん


2019_06_02_09_55_44_01.jpg
今回ナンバーカバーを自作いただいたダーさんと・・
以上スタッフ4名で皆さんの練習をサポートさせてもらいました!




★ブレーキング★

くのライダーが、ライディングで恐怖心を覚える本当の原因は、
速く走れないのが原因ではなく、
その速度をコントロールできないブレーキング技術の未熟さが原因です。

つまり、ブレーキング技術を上達させることで、
不意な飛び出しを回避でき、
とっさの事態に対して安全に対応することができます。

また、意のままに速度をコントロールすると
メリハリのある走りが実現できます!!


2019_06_02_10_34_00_01.jpg
ブレーキングはライディング上達の基本、
正しく練習すれば、ほんの数十分で見違えるように上達します。


2019_06_02_10_05_45_daa.jpg
今回もリアだけの急制動、フロントだけの急制動
そして、前後両方をしっかり使った急制動を違う速度から行い、
目標地点で停まる練習を繰り返し行っていただきました。


2019_06_02_10_05_36_daa.jpg
ブレーキング練習はやればやるだけうまくなりますので、
日頃の市街地走行でも繰り返して欲しいです。


2019_06_02_10_12_52_daa.jpg
初参加のるるさん思い切りロックさせた急制動にチャレンジしてましたね!


ブレーキは難しくないんですが、身につけた恩恵は計り知れないので、
ぜひ短期間で身につけてくださいね!



※注意!音が出ます!





★乗車フォームカリキュラム★
 ~ライディングフォームを身に付ける~


晴らしいパフォーマンスを常に出し続ける一流プロスポーツ選手が、
美しく、理にかなったフォームをしているように、
バイクのライディングでも乗車フォームはとても重要です。

初めに 間違った効率の悪いフォームを身につけてしまうと、
いくら練習をしても、決して一定以上の成果は現れません。


2019_06_02_10_59_13_yuu.jpg
ここでは、まず正しいリーンウィズを知り、
実際に停車させた自分のバイクの上でその乗車フォームを取っていただきます


2019_06_02_11_11_54_01.jpg
停まっているバイクの上では、誰でも憶することなく
正しいフォームを確認することが出来ます


2019_06_02_11_07_12_yuu.jpg
その場で写真を確認することで、自身のイメージと現実のフォームギャップ
に気づくことができるのです。


正しいフォームを身につければ、
大型バイクでもバイクの旋回性能を自在に引き出せます。


まずはそのフォーム、「型」を身に付けてください!




★オーバル走行★
 ~「減速」「旋回」「加速」を
   徹底的に繰り返し身につける!~


程体験した正しいリーンウィズを使って、
効果的な旋回を体験してみましょう!

連続Uターンを通して、二輪車の基本挙動を覚えます。

単純だけど、低速旋回は意外に難しく、奥の深い練習課題です!

2019_06_02_11_41_19_daa (1)
バイクを傾けず、ステアリングで旋回するターンにチャレンジしてもらいました!
そのため、低速コントロール術が必要になってきます。


2019_06_02_11_44_25_01_20190604112538eaa.jpg
ステアリングを切るには、旋回方向への荷重移動が大切です!
そのためには、旋回方向にしっかり頭・上体を捻転させることが、
スムーズかつ効率的な体重(荷重)移動を実現させます!


2019_06_02_11_48_27_01.jpg
リピーターのシャナさん、頭の向きが90度以上、すばらしいですね!


2019_06_02_11_48_45_01.jpg
ターンの脱出ラインが膨らむのは、
前輪が加速ラインに向いたときに加速するから・・これまだ早すぎです。
車体が(タンクの方向が)ラインに向いてから加速すれば、
ラインが膨らまないので、ヘアピンカーブで有効です。


2019_06_02_11_45_30_01.jpg
スムーズかつ的確な荷重移動で旋回円をコントロールするトガちゃんのターン


※注意!音が出ます!





★ランチタイム★

れない低速練習は体力だけではなく、
意外と集中力をすり減らします。

午後も楽しく厳しい?!練習は続きますので、
午後に備えて英気を養いましょう・・・

2019_06_02_12_17_03_01.jpg
和気あいあいとランチタイムを過ごす、こちらはリピーターさんたちですね!

みなさん、昼食も早々に切り上げて、コースでの自主練習や、
タンデム体験など、頭下がるぐらい熱心な方が多いです。


2019_06_02_13_01_24_01.jpg
さあ、集合写真を撮ったら、午後のさらに楽しい練習ですよ~!




★4本パイロンスラローム★
 〜ライディングの変化を攻略する!〜


TR恒例、4本パイロンレイアウトは以下のとおり矢印のラインを走ります。

0602 4本パイロンスラローム

5~8m四方のマスに、不規則に並べられた
4本のパイロンの間を縫い周回するこの課題。

ライン取りと旋回速度、旋回半径を微妙に変えながら、
もっとも効率よく周回できるのか攻略します!


2019_06_02_13_17_51_01.jpg
4本パイロンスラロームは、全体のライン取りをイメージできないと
うまく周回できません。


2019_06_02_13_21_49_01.jpg
旋回後半、膨らませないようにライン取りするのが攻略のコツです!


2019_06_02_13_34_27_daa.jpg
常に、先のラインをイメージして走ります


2019_06_02_13_12_55_01_20190603151050a3d.jpg
納車したての新しいマシンの特性を探りながら課題に励むしぃちゃん


2019_06_02_13_33_10_daa.jpg
大きなマシンを苦心しながらも着実に扱えるようになっているharuさん


2019_06_02_13_37_05_yuu.jpg
上体をしっかり旋回方向に移動させて向きを変えるるるさん


2019_06_02_13_40_17_01.jpg
前輪の向きが変わりましたが、ここではまだ加速してはいけません。
車体(タンク方向)の向きが変わってからでないと、
ラインが膨らんでしまうのですね・・


※注意!音が出ます!





★180度連続ターン&Uターン★
〜パイロンスラロームで直線加減速&ターンを身に付ける!〜


連続180度ターンでは、なんとなく曲がるのではなく、
ターン脱出で膨らむことなく素早く、小さく向きを変えること、
そして直線を長く取り、安全なその直線部分でしっかり加速し減速する、
より実践的で公道向きの走りを目指します!

2019_06_02_14_19_40_daa.jpg
理想は、車体の向きが変わり、加速体勢に入っているときに、
最もパイロンに近いラインを走れることです。


2019_06_02_14_19_34_daa.jpg
連続左右ターンを繰り返し、正確で安定した旋回半径とライン取りを習得!


2019_06_02_14_44_25_01.jpg
ターンのアプローチで、パイロンに近づかないこと、
自分の旋回直径分離れてターン進入します!

2019_06_02_14_29_02_04_20190603160321f13.jpg
ターンの際にそのパイロンを見ず、立ち上がりラインの先に
頭を捻転し見るヒロさん、すばらしい!!


2019_06_02_14_28_24_04.jpg
しっかりパイロンと距離を取ってアプローチするアオさん


2019_06_02_14_28_29_04_201906031603204aa.jpg
バイクを寝かさずステアリングで曲がる!課題にチャレンジのしぃちゃん


2019_06_02_14_27_53_04.jpg
大きな車体でのタイトなターンでもリラックスしているのがいいですね♪



今回、幅の違うUターンセッションも5か所設けました。

単に小さく回転、ターンするのではなく、
自分で旋回ラインを旋回速度で作り、幅を有効に使ってのUターンです。

2019_06_02_14_23_17_yuu.jpg
旋回速度を変えれば、旋回半径とラインは自在に変えられます。


2019_06_02_14_19_42_yuu_20190603144359e7a.jpg
目線、上体移動の姿勢が美しい!まっちゃんのUターン旋回


※注意!音が出ます!





★本日の総仕上げ・パイロンスラローム!★

場いっぱい使って、心置きなく走っていただきましょう!

早く走ることに集中するのではなく、 一つ一つのターンを
「減速」「旋回」「加速」を確実にクリアしながら、
上手くライン取りをすることが大切です


2019_06_02_14_58_45_daa.jpg
歩きながら、公道向きライン取りを確認してからコースイン、
けして、一列になって遊んでるわけではありません!


2019_06_02_15_13_04_01.jpg
いよいよ広い会場を使ってのスラロームコースを走ります!


ワインディングを想定したコーナリングセッション・・
理想のライン取りができたでしょうか!?

2019_06_02_15_18_23_daa.jpg
コーナリング前半~中盤、インに付かないライン取りは正解、直樹さん


2019_06_02_15_17_26_daa.jpg
理想的なラインを正確にトレースするトガちゃんのコーナリング


2019_06_02_15_19_32_daa.jpg
加速は最後まで我慢するのですね・・しっかり向き変えするゆーじさん


2019_06_02_15_45_52_01_20190603160315447.jpg
だんだんと大胆に荷重移動できるようになってきた初参加テツさん


2019_06_02_15_25_19_daa.jpg
バイクを傾けないで効率的に曲がる・・いい味出してきているササさん


2019_06_02_15_46_14_01.jpg
大きな車体をしっかりコントロール、コジコジさん



そして、こちらは複雑に並べられたパイロンの間を潜り抜ける
パイロンスラローム区間・・リズミカルに走り抜けましょう!

2019_06_02_13_37_39_yuu.jpg
小さな半径でラインを作るアオさん


2019_06_02_15_49_27_01.jpg
大型車を軽快に切り返すOちゃん


2019_06_02_15_48_30_01.jpg
大きなハーレーを自在に操るまんびいさん


2019_06_02_15_49_56_01.jpg
きれいな旋回フォームですねひろひろさんの安定したターン


2019_06_02_15_49_52_01.jpg
きむたくさん、ずいぶん頭(目線)が先を向くようになりましたね!


2019_06_02_15_49_21_01.jpg
コース終盤のタイト&不規則ターンが連続するテクニカルセッションは、
ライン取りが大切です。

進入ラインを間違えてしまうと、以降ライン取りが難しくなってしまいます。

これって、ワインディングといっしょですね。


※注意!音が出ます!






★効果測定★~トライカーナ~(レッスン後)

日の練習カリキュラムをすべてこなし、
さあ、どれだけ上達できたのか測定して確認してみましょう!

2019_06_02_16_11_48_01.jpg
朝とちがってリラックスした様子でチャレンジの初参加者たち‥


2019_06_02_16_18_16_01.jpg
直線でしっかり加速するるるさんのアタック


2019_06_02_16_11_10_01.jpg
素直な車両の特性を生かした走り、ゆーじさん


※注意!音が出ます!




2019_06_02_16_32_43_01.jpg
タイムアタック終了後、モッさんから結果発表させていただきました!
はたして結果はいかに・・・


今回トライカーナ効果測定でタイム短縮し、上達された上位者は・・・・

第3位は。。。

2019_06_02_16_28_56_yuu.jpg
ニューマシンを乗りこなせるようになったしぃちゃん


第2位は。。。

2019_06_02_16_33_52_01.jpg
遠路、新潟からの甲斐あって、約5秒も短縮されたharuさん


そして、今回の1位は。。。

2019_06_02_16_34_27_01.jpg
6.3秒もタイム短縮、別人になっちゃいましたね、
とっても嬉しそうな笑顔のテツさん


2019_06_02_16_35_49_01.jpg
今回も上達度合いTOP3の方には、ささやかなプレゼントが!

1位:テツさん(中央)、2位:haruさん(左)、3位:しぃちゃん(右)



トライカーナでは、車種特性や経験によってタイム差が出てくるので、
タイムを比べることにあまり意味はありません。

しかし、ご本人たちの名誉のためにも、
栄光のTOP3をご紹介し、素直にトップタイムを称えましょう!


今回の第3位。。。

2019_06_02_16_36_54_01.jpg
初参加、軽量マシンの特性を生かした軽快な走りでるるさんです。


そして、堂々の第2位入りしたのは。。。

2019_06_02_16_37_53_01.jpg
久々さんかですがmさすがの実力者Oちゃん、さすがです!


そして、栄光の第1位は。。。

2019_06_02_16_38_50_01.jpg
こちらも2年ぶり参加でしたが、しっかり刻んでTOPタイムフタちゃん!


マシンの特性を引き出し、素晴らしいパフォーマンスを見せた3名、
次回も期待しております!!




★エンディング★

イクにとってもライダーにとっても練習しやすい気候の一日、
上手くなりたいという志をもった意識の高い仲間 にも恵まれたせいか
「上達度合いが早かった」と感じています。

2019_06_02_16_20_12_daa.jpg
レッスンで身に着けた技術「加速」「減速」「旋回」
ツーリングという実践の場で活かして、
いつまでも安全で楽しいバイクライフをお送りいただきたいです!


最初は戸惑い、上手く出来なかった課題も、
「意外と乗れるじゃん!」と思うほど上達したのではないでしょうか?

実は、バイクのライディングって難しくないんです。

最初はやり方がわからないから怖いけれども、
正しい練習を繰り返すことで、
誰でも同じように上手くなることができるのですね。

だから、レッスンで学んで上手くなった自分を信じて下さいね。

練習を続けていくと更に上手くなって楽しくなりますから!

そして、もし壁にぶつかったら...遠慮なく
メールサポートを利用してくださいね。


2019_06_02_16_38_44_yuu.jpg

2019_06_02_16_39_08_yuu.jpg
最後は礼に終わるTR流のエンディング・・
道を究める者同士の感謝と尊敬を込めて・・


~上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!~




後に、今回の参加者をご紹介します!★

年配者だって、女性ライダーだって、
アメリカンバイクだって、 中型バイクだって、
安全で上手なライディングには全く関係ないんです・・・

同じ二輪車、原理を理解し、正しい練習をすれば、
誰だって思うように操ることができる・・・

彼らはそれを証明してくれました!



【しぃちゃん 神奈川県@BMW F750GS】
2019_06_02_13_12_55_01.jpg
朝のトライカーナでは曲がるのが怖くて「曲がれなーい」と叫びながら騒いで走っていましたが、トムさんとユウさんのタンデムレッスンでコツを掴み、レッスン後半にはクルクル回れ、レッスン終了後のトライカーナでは朝とは別人でメリハリのある走りが出来て自分でもビックリするほどの上達が出来ました!!!タンデムレッスン、最高でーす。
急制動の課題も効果があり、つま先ツンツンでバイクに乗っていますが帰りの公道での信号停止など、スッと停まってから足を出すので、不安定にならずに停車する事が出来ました。
モッさんのワンポイントアドバイスも的を得ているので、言われた通りにするとクルっと回れ、あーら不思議!魔法にかかった様でした。
ダーさんも沢山、写真を沢山撮ってくれたので参加者の皆様や自分とを比べたりして今後のスキル改善に役立てたいと思います。

とても実りのあるレッスン会で参加して本当に良かったぁーーーーー!!ありがとうございました。


【ヒロさん 山梨県@H-D ストリートボブ】
2019_06_02_14_29_02_04.jpg


【トガちゃん 東京都@H-D XR1200】
2019_06_02_15_13_20_01.jpg
だんだん軽いバイクの楽しさが判ってきた様な気がします、一日走っても疲れが少なくなってきました。
最後トムさんに乗って走ってもらった時の走行イメージが印象に残って参考になりました。
今度は前半でもう一度乗って見せてください。よろしくお願いいたします。


【りんさん 神奈川県@BMW F700GS】
2019_06_02_16_18_49_01.jpg
トムさん、スタッフの皆さん、大変お世話になりました!!
今年初めてのレッスン会で、今までやってきた事が身についているか心配しましたが、やっていく内に体が思い出してきてスムーズに走れるようになりました。
たモッさんのワンポイントアドバイスのおかげで、今までと違った感覚を感じ得る事もできました。
これからもレッスンに励みたいと思います。今後とも宜しくお願い致します!


【まっちゃん  神奈川県@H-D FXDL】
2019_06_02_14_19_42_yuu.jpg
中身の濃いレッスン会、ありがとうございました。
ハーレーでの初レッスン会ということで少々緊張気味で参加しましたが、思ったより出来た課題もあり多少自信もつきました。
一方で間隔の短いオフセットスラロームではコース取りやマシンコントロールがまだギクシャクしてしまうところもあり、アクセル、クラッチ、リアブレーキ、荷重移動などなど一連の流れの中で操作できるよう、今後のツーリングやレッスン会では心掛けようと思います。
最後に「忘れ物未遂」をしてしまい、失礼いたしました (^_^*)


【まんびいさん 静岡県@H-D ロードグライド】
2019_06_02_14_27_03_04.jpg
トムさんをはじめスタッフのユウさん、モッさん、ダーさんレッスン会ではコースの設営や生徒の指導等大変ありがとうございました。
昨年度に続き1年振りの2回目のレッスン会の参加でした。
レッスン会で感じたことは、以前に比べてブレーキがうまく使えている(ブレーキの性能をフルに使っている)ことを感じました。
コーナー手前でしっかり減速できているから次の動作が楽で、大きく膨らまなく余裕が生まれる、
昨年より成長出来ている自分に少々驚いています。

レッスン会で自分に不足している課題が見えてきました。
自分の描いたラインでコーナーを曲る正確性。車体を寝かさなくても楽に曲がるハンドル操作。セルフステアを引き出す体重移動。自分の目標としてまたトライ、成長していきたいと思います。

この年になって成長を感じるとは思ってもいなかった現実に、ただただ感謝しています、ツーリングライダーに・・・。


【ササさん 東京都@トライアンフ タイガー1200】
2019_06_02_11_57_46_01.jpg


【ゆーじさん 静岡県@BMW R1200R】
2019_06_02_16_11_16_01.jpg
トムさん、スタッフの皆様、昨日は終日お世話になりました。
練習の成果でしょうか。
今日は歩くと股関節が痛く、腿の内側が筋肉痛です。(笑)

バイクを入れ替えてから初めてのレッスン会でした。
一年以上経過しているのでツーリングのなかである程度は乗りこなしてきたと思っていましたが、改めて一日のレッスンを振り返ると、出来ていないことが沢山あるなぁ、と感じました。

ユウさんから、「バイクはタンク(後輪)が向いている方に進む。」とのアドバイスがありました。
この言葉は以前、ツーリングでのラインどりの際に教えていただきましたが、すっかり頭から抜け落ちていました。
2度目のアドバイスで身体に浸透できたと思います。膨らんでしまう原因がよくわかりました。

左の旋回は、ある程度は形になったかなぁと思いますが、右の旋回がまだまだです。
また、自分では旋回してコーンを抜けた!っと思ったときに、パニアケースにコーンをひっかけて倒してしまったことが何度かありました。
路上では、こうした小旋回するケースは無いとは思いますが、パニアケースを付けた時は車幅が違うので、他車や静止物との接触が無いように注意が必要と改めて感じました。

フルブレーキで急制動を体験でき、ABSを使って安全に停止できることが確認できたことは良い経験になりました。ありがとうございました。


【Oちゃん 静岡県@BMW R1200R】
2019_06_02_14_27_19_04.jpg


【haruさん 新潟県@H-D FLTR】
2019_06_02_11_32_32_daa.jpg
トライカーナではたいへんおいしい賞品を頂きありがとうございました!
これを励みにひたすら小旋回が上手くできるようにレッスンを続けようと思います。
皆さまありがとうございまいました!


【アオさん 新潟県@H-D FLSS】
2019_06_02_13_37_49_yuu.jpg
1Dayには今回初参加でしたがとても勉強になりました!
今度はツーリングにも参加出来る様に仕事調整します!

今回、ブレーキの使い方とライディングフォームの講習がとても勉強になりました。
帰り道に色々試してみて今までより安定して走れる様になっていて驚いています。

ライン取りも考えて走っていると、最初はぎこちなかったのがだんだん直線を見るというのがわかって走るのがとても楽しかったです!

まだまだ安全に楽しく走る為に勉強しなければと思うのでまた参加させて頂きたいと思っています。
ありがとうございました!


【シャナさん 埼玉県@H-D FLHTP】
2019_06_02_14_27_24_04.jpg
今回はブレーキングとコーナーに対しての向き変えが大変参考になりました。


【ひろひろさん 神奈川県@BMW S1000XR】
2019_06_02_14_44_30_01.jpg
おかげ様で昨日は充実した日曜日になり、ありがとうございました。

しでも雑になるとバイクはその通り大回りになり、どんどん収拾がつかなくなることを体験できました。
一方で急制動後バランスが崩れず暫く静止できるようになる等、ところどころ少しづつ進歩しているのが実感できました。
今回が4回目の参加ですが、やっと自分の弱点を少し客観的に理解できるようになってきた気がします。
常に安定して最適なラインをトレースするということに向けて、諦めずに練習の回数を重ねていきたいと思います。

今回は新しいバイクのお披露目でしたが、前より馴染んでいる様子を指摘されまして、同じ車種年式コンディションでも個性があるのに面白いと思いました。
ともかくお天気もちょうど良く、快適なレッスン会でした。ありがとうございました。


【レネさん 大阪府@H-D FLHX】
2019_06_02_15_13_45_01.jpg


【コジコジさん 埼玉県@BMW R1150RT】
2019_06_02_15_13_57_01.jpg


【テツさん 静岡県@YAMAHA XJR1200】
2019_06_02_15_45_52_01.jpg
今まで、低速でのバイクの扱いが苦手でした。
しかし、今日のブレーキングとローギアでの低速レッスンを受けて、帰って来る途中に今までよりバイクが扱い易く、今まで以上に身近に感じました。
今日のレッスンの成果が出てると思いました。
本当にありがとうございました。
また、機会があれば是非参加したいと思います。


【フタちゃん 千葉県@SUZUKI Vストローム1000】
2019_06_02_14_28_01_04.jpg


【るるさん 神奈川県@YAMAHA SR500】
2019_06_02_11_39_35_04.jpg
昨日は本当に良い経験をさせて頂き、感謝しております。
SRとの付き合いも4~5年くらいでしょうか、そこそこ乗りこなせて来たと自分では思っていましたが、課題に対して全く思うようにコントロールできず何とも情けない気持ちで帰宅しました。
仕事の休みが晴れ続きならば、次回のレッスンまでに2,000kmくらいは走れると思いますので、1つ1つのコーナーリングを大切にして次回に生かしたいと思います。
も今日、仕事が終わってから近所をさくっと走ってみましたが、小さな交差点の右左折のラインがいい感じでした。
上手にと言うよりも常に美しく走りたいと思っております。


【きむたくさん 愛知県@BMW R1200RT】
2019_06_02_14_27_34_04.jpg
今回は大変お楽しみ様でした。
本日は筋肉痛です。
力んでる証拠ですかね・・・
内股、手首が特にヤバい。
バイクの特性をうまく引き出せるように楽しんで乗れるよう、練習していきます。
またの機会、よろしくお願い致します


【直樹さん 神奈川県@YAMAHA FZ-1 フェザー】
2019_06_02_15_48_58_01.jpg



後に今回のレッスン会を指導、運営させていただきましたTRスタッフ!


2019_06_02_16_45_02_01.jpg
今回も自撮りで失礼します!
左から、ダーさん、モッさん、ユウさん、トムスタッフ4名でした!




回も安全な広大な会場を終日目いっぱい走りこみ、
普段体感できない車体の挙動を感じていただけたことでしょう!

今回は前後ブレーキの機能を100%使いこなす制動練習から始め、
旋回間にできるだけ直線を作るライン取りを意識しました。

その直線でブレーキング練習したしっかり加速・減速、
直線を長く取るにはコンパクトに旋回することが必要でしたね。

よって、二輪車の基本的な挙動、「加速」「減速」「旋回」を
シンプルに追求した練習内容
としました。

初参加の方も多くいらっしゃいましたが、
終日練習に励む熱心な参加者各位の姿と
少しずつ新しい感覚を掴み、我がものにされていく姿を拝見し、
改めて基本の大切さを感じずにはいられませんでした。

初めての体験に戸惑った方も多かったかもしれませんが、
練習が終わる頃には、朝と比べて別人のように上達されていました。

ライディングとは、出来る、出来ないではなく、
誰でも正しい練習方法を知り実践すれば短時間で簡単に上達します。

そして、上達すると、違う景色が見えてきて、
ますますライディングが楽しくなります。


ぜひ、レッスン会ツーリングなどライブ企画を積極的にご利用いただき、
いつまでも安全で幸せなバイクライフを過ごしていただければ、
これ以上の喜びはありません。


文責:トム
スポンサーサイト

| レッスン会 | 18:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【レッスン会レポート】1Dayレッスン会“コーナーリング編”in 埼玉

東北道・浦和・岩槻インターそばの好立地!


“3次元コーナリングフォーム”を身につけ、
“後輪の一輪車感覚で曲がる”を体感するレッスン会



5月11日(土)都心至近の広い会場で終日レッスン!!

1Dayレッスン会“コーナリング編” in 埼玉”


~上手くなりたきゃ、
  ツーリングライダーズに行こう!~



2019_05_11_11_22_19_01.jpg
安全で広大な会場で終日心置きなく練習カリキュラムをこなす!
それが、1Dayレッスン会の醍醐味!!


2019_05_11_13_20_43_daa.jpg
今回はコーナリグに焦点をあてたカリキュラムにチャレンジ!!


2019_05_11_15_20_35_04.jpg
大きなバイクでも”3次元コーナリングフォーム”で楽々曲がる!
TRでしか教えていない原理原則に基づいた後輪の一輪車感覚を身につけよう!!




み渡る初夏の眩しい青空に恵まれた埼玉会場で、
1Dayレッスン会が開催されました!

“3次元コーナリングフォーム”を使い、
“後輪の一輪車感覚”で自在に操る快感を体感!と題した、
大好評、21人もの参加のあったレッスン会“コーナリング編”

“3次元コーナリングフォーム”の最終目的は、
シート上でライダー上体の荷重位置の移動だけで、
自在に旋回半径、ライン取りをコントロールできるようになること。


今回のレッスン会では、「後輪を一輪車」のように
シンプル・簡単に、そして安全に向きを変えるコーナリング法

“後輪の一輪車感覚”を体感してもらいました。

大きく重たいバイクでも、
荷重移動だけで自在に操る快感を覚えた参加者たち!

そのレッスン会レポートをごらんください。



【レッスンメニュー】

トライカーナ:現状実力把握

ブレーキング:リア、フロント、両ブレーキ、ブレーキの役割を体感!

乗車フォーム:自分の思い通りのラインで旋回する正しいコーナーリングフォーム!

定常円旋回:後輪の1輪車感覚を体感する!

8の字走行:後輪荷重の移動で切り返す!

オーバル旋回:上体傾斜の荷重移動で曲がる!

オフセットスラローム:2種類のターンを身に着ける!

パイロンスラローム:本日の総仕上げ!

トライカーナ:今日の成果を試す!




↓↓↓↓今回の写真はこちら!↓↓↓↓



自分のお気に入りの写真をお探しください!

各課題ごとにご自身のフォームを客観的に見て今後の練習に役立てて下さい!




2019年5月11日(土)

真の陽射しが、新緑が眩しい・・
澄み渡る青い空、時折爽やかな風も吹くトレーニング日和!

2019_05_11_09_28_55_yuu.jpg
旋回を極めるべくお集まりいただいた21名の参加者たち!

新しい旋回感覚を覚え、
高い次元のライディングを実現していってください!



★効果測定★~トライカーナ~(レッスン前)

のごとの上達には、今の実力を計測することが必要です。

実力を数値化することで、
上達の有無、欠点・課題が客観的に見えてくるからです。


トライカーナのタイムアタックに挑戦していただき、
自身の実力を把握して頂きました!

トライカーナは闇雲に飛ばしても、
無理をして突っ込んでいってもタイム短縮につながりません。

ひとつひとつの操作を丁寧に精度高く、
連続して行うことが必要です。


※注意!音が出ます!





イムアタックが終わったら、集合いきなりTR恒例のご挨拶・・・

初参加の方もいますけど、元気よくお願いしますね・・・

「みなさ~ん、お元気ですか〜!?」

TRのレッスン会へようこそ!!

2019_05_11_09_24_49_daa.jpg
みなさん、走りのスイッチ入りましたでしょうか?(^^)
一日よろしくお願いします!


2019_05_11_09_38_17_01.jpg
今回のスタッフ・・・ユウさん、
どんな車両も乗りこなす、玄人ライダー!


2019_05_11_09_38_45_01.jpg
ポイントを掴んだ気づきが好評のモッさん


2019_05_11_09_39_07_01.jpg
今回、新しいマシンで登場のダーさん


以上スタッフ4名で皆さんの練習をお手伝いさせてもらいました!




★ブレーキング★

くのライダーが、ライディングで恐怖心を覚える本当の原因は、
速く走れないのが原因ではなく、
その速度をコントロールできないブレーキング技術の未熟さが原因です。

つまり、ブレーキング技術を上達させることで、
速く、バイクらしいメリハリある走りを実現できるだけでなく、
ライディングにおける安全マージンを手に入れることができるのです。


2019_05_11_10_16_25_01.jpg
今回は、リアだけの急制動、フロントだけの急制動
そして、前後両方をしっかり使った急制動を違う速度から行い、
目標地点で停まる練習を繰り返し行っていただきました。


2019_05_11_10_16_45_01.jpg
前後ともフルロックさせながら平然と泊まれるようになったたこさん
練習はうそをつかない、確実に技術と自信になっていきます!


2019_05_11_10_26_22_01.jpg
重たいハーレーのブレーキ性能を使い切るたかちゃんの豪快なブレーキング!


2019_05_11_10_26_23_01.jpg
アグレッシブに加速してABSをフルに使って停止するmoaさん
安全な会場ならでは、公道ではできない領域でも練習していただけるので、
躊躇せず、思い切ってやっていただけました!


ブレーキング練習はやればやるだけうまくなりますので、
日頃の市街地走行でもぜひ繰り返して欲しいです。


ブレーキは難しくないですが、身につけた恩恵は計り知れないので、
ぜひ短期間で身につけてくださいね!





★乗車フォーム★
 ~正しい旋回フォームでバイクを操る~


晴らしいパフォーマンスを常に出し続ける一流プロスポーツ選手が、
美しく、理にかなったフォームをしているように、
バイクのライディングでも乗車フォームはとても重要です。

初めに間違った効率の悪いフォームを身につけてしまうと、
いくら練習をしても、決して一定以上の成果は現れません。



2019_05_11_10_46_57_yuu.jpg
正しいフォームをご説明、まずは「知っている」状態になっていただきます。

自分のイメージと、実際のフォームの各ポジショニングには、
けっこうギャップがあるものです。

2019_05_11_11_09_03_01.jpg
自身のフォームポジションを客観的に知るためには、
特定の車体と身体の部位との位置関係を覚えておくと良いです。


2019_05_11_11_05_08_01.jpg
停まっているバイクの上では、誰でも憶することなく
正しいフォームを確認することが出来ます。


2019_05_11_11_05_32_yuu.jpg
正しいフォームを身につければ、自然にバイクは旋回してくれます。




★定常円旋回★
 ~後輪の1輪車感覚を体感する!~


こからは本日のコーナーリングの肝!
旋回の練習を徹底的に行います(^^)

左右へのシート荷重することによって、
セルフステアリングが発生しますので手は添えるだけ。


後輪を中心に旋回する一輪車感覚を身に付けます。

この練習で大切なのは、その感覚を「感じる」こと、
シンプルな練習ですが、シンプルゆえに難しいのです!


2019_05_11_11_36_49_01.jpg
久々さんのコーチャンでしたが、基本ができているので問題なし!


2019_05_11_11_29_51_01.jpg
前回から参加のたこさん、感性だけで走っていたときは怖いだけでしたが、
コーナリングをシンプル理解することで操れるようになってきました!


2019_05_11_11_26_18_01.jpg
重量車は特に“荷重移動で曲がる”という基本を実践するレッドさん


2019_05_11_11_22_18_01.jpg
旋回方向への顔の向きがすばらしいえいちゃんさんの旋回フォーム


2019_05_11_11_26_31_01.jpg
旋回側シートにトガちゃんの体重が荷重されているのがわかりますね!
バイクが傾いていないのも、ライディングの質の高さがわかります・・


※注意!音が出ます!





★8の字走行 ★
 ~後輪荷重の移動で切り返す!~


常円旋回でシート荷重で旋回することを感じたら、
今度はその荷重を左右に移動することで切り返してみましょう!

これが、他に何もしなくても、
大きく重たい車体が一瞬で向きを変える入力方法なのです!

はじめは、体重移動と言われても恐くて腰が引けていましたが・・・
お尻の荷重を左右旋回方向に正しく移動させる練習に
果敢にチャレンジされていました。


2019_05_11_11_57_10_01.jpg
余裕で片手旋回を披露するナンちゃん


2019_05_11_11_56_43_01.jpg
久々参加のコイミさんも余裕の片手旋回、さすがです!


2019_05_11_11_55_41_01.jpg
率先して課題に取り組まれていたのが印象的のキシチャン


2019_05_11_11_55_04_01_201905121956364fd.jpg
ブレないフォームで丁寧なターンが印象的なひっじさん


2019_05_11_11_54_44_01.jpg
素直なマシン特性を引き出すmoaさん


2019_05_11_11_54_29_01.jpg
ハーレーでクラッチを使わず正確な旋回を維持するのは難しいのです、
おだまさんアクセル・リアブレーキ操作が上手い!


2019_05_11_12_02_02_01.jpg
大きな車体は特に理にかなったフォームが大事!
フォームがリラックスしてきたカジさん


※注意!音が出ます!





★ランチタイム★


れない低速練習と、予想外の暑さには、
体力だけでなく、意外と集中力をすり減らします。

午後も楽しく厳しい?!練習は続きますので、
午後に備えて英気を養いましょう・・・

2019_05_11_12_21_41_01.jpg
木陰に入ると、乾いた風がとても涼しい・・・
ライディング談義で短いランチタイムです!


2019_05_11_13_08_27_01.jpg
スタジアムをバックに集合写真を撮ったら午後の練習を始めましょう!

これからますます、初夏の日差しが強く、眩しくなってきますね!




★オーバル旋回★

~上体傾斜の荷重移動で曲がる!?~


ーバル旋回練習の目的は、ただなんとなく曲がるのではなく、
左右への上体傾斜による荷重移動を旋回のきっかけとして、
セルフステアリングを引き出し向きを変えていくこと。


旋回性の高い現代のマシンですが、
このシンプルな動きと二輪の原理を理解し、
旋回性を高めていく練習です。


2019_05_11_13_38_00_yuu.jpg
旋回出口に向かって目線、上体の捻転、傾斜が素晴らササさん


2019_05_11_13_43_01_04.jpg
そしてもう一つの注意点は、
180°車体の向きが変わってから加速させて立ち上がること!


2019_05_11_13_39_48_yuu.jpg
ともすると車体の向きが完全に変わる前のターン後半で
加速して立ち上がろうとしますが、
それではラインを膨らませてしまいます。

公道ヘアピンカーブだと、オーバーランしてしまう原因になります。


2019_05_11_13_39_28_04_20190512200542d07.jpg
車体の向きが完全に変わるまでは、
ステアリングを切ったまま加速は我慢、
完全に向きが変わったら加速するようにします。


2019_05_11_13_37_58_04.jpg
ターン脱出で膨らむことなく素早く、小さく向きを変えること


2019_05_11_13_37_42_yuu.jpg
そして今回はパイロンに沿って、できるだけ同じラインを、
旋回、立ち上がり、向き変えする正確なライン取りを意識してもらいました!


※注意!音が出ます!





★オフセットスラローム★
~2種類のターンを身に付ける!~


フセットスラロームでは、
コース前半でターンとターンをS字に繋ぐ走り方を体験。

ライダーがやることといえば、
シート荷重を切り返しの瞬間に左右に入れ替えることだけです。

切り返しの瞬間を挟み、常に旋回している状態、
加速減速区間がほとんどないので、旋回速度はほぼ一定です。


一方で、コース後半では、
ターンで膨らむことなく素早く小さく向きを変えること。

なんとなく曲がるのではなく、直線を長く取り、
安全なその直線部分でしっかり加速し減速する、
より実践的で公道向きの走り

2つのターンの違いを理解していただきました!


2019_05_11_14_15_47_daa.jpg
丁寧にターンをクリアする参加者たち、左右基本旋回の繰り返し、
バイクを傾けるのではなく荷重移動で曲がるのです!


2019_05_11_14_17_32_daa.jpg
後方を見るとフォームの良しあしがわかりやすいですね・・


2019_05_11_14_20_20_daa.jpg
大きな車体をリズミカルに左右に振るたかちゃん


2019_05_11_14_20_24_daa.jpg
自然なリーンウィズが好印象なひっじさんのフォーム


2019_05_11_14_20_53_daa.jpg
このステアリングの切れはさすが、ナンチャンの華麗なスラローム!


※注意!音が出ます!





★本日の総仕上げ・パイロンスラローム!★

場いっぱい使って、心置きなく走っていただきましょう!

早く走ることに集中するのではなく、 一つ一つのターンを
「減速」「旋回」「加速」の3アクション確実にクリアしながら、
上手くライン取りをすることが大切です。


集中を切らすことなく、楽しく最後の課題に取り組んでいただきました!


2019_05_11_14_55_35_daa.jpg
ワインディングセッションでは、実際に旋回ライン上を歩いて、
ライン取りとその景色を確認してもらいます。


2019_05_11_15_22_20_daa.jpg
大小さまざまなスラロームターンを織り交ぜた広いコースを駆け抜けるのは
純粋にとても楽しいものです!


2019_05_11_15_51_46_daa.jpg
昨年末にやってきたときとはすっかり別人になったはるみさん
リラックスの中にもフォームがビシッときまっています!


2019_05_11_15_50_35_daa.jpg
重量車を普通のバイクのように扱うレッドさん


2019_05_11_15_50_28_daa.jpg
このフォームはどなたも参考にしていただきたい!
理想的3次元コーナリングフォームが決まっているトガちゃん


2019_05_11_15_50_08_daa.jpg
バンク角少ないハーレーの特性をよく理解したおだまさんのコーナリング


2019_05_11_15_20_51_04.jpg
2回目だけど、着実に成長・上達しているたこさん
恐らく、次回あたりの飛躍はすごいと思います(トムの経験上・・)


2019_05_11_15_22_08_04.jpg
基本ができているコイミさんは本当上手いですね・・
我々の指導内容をちゃんと理解し、実践できる方です!


2019_05_11_15_21_49_04_201905122245053c3.jpg
ゾロさん、実践的なコーナリングセッションはいかがでしたか?


2019_05_11_15_21_27_04_201905122301395c7.jpg
着実に実力をつけているキシチャン
時間をかけて積み上げた技術は決して裏切らないでしょう!


2019_05_11_15_19_46_04.jpg
中高速コーナリングセッションでは、
より実践的なコーナリング練習ができます!


パイロンスラロームは、ライン取りが大切
進入ラインを間違えてしまうと、
以降のライン取りが難しくなってしまいます。

これって、ワインディングといっしょですね。


※注意!音が出ます!





★効果測定★~トライカーナ~(レッスン後)

日の練習カリキュラムをすべてこなし、
さあ、どれだけ上達できたのか測定して確認してみましょう!

2019_05_11_16_28_44_01.jpg
朝、はじめて挑戦した時とどう変化がありますか、コダイラさん


2019_05_11_16_27_23_01.jpg
丁寧なターンが印象的、玄人好みのライディングのコーチャン


2019_05_11_16_30_11_01.jpg
第3右ターンからの立ち上がり、
レッドさんり大排気量車の加速パワーは圧巻でした!


※注意!音が出ます!



2019_05_11_16_29_40_yuu.jpg
参加者のみなさん、お楽しみ様でした、
本当に気持ち良く、充実した一日でしたね!


2019_05_11_16_31_18_yuu.jpg
タイムアタック終了後、
モッさんから結果発表させていただきました!

果たして結果はいかに・・・


今回トライカーナ効果測定でタイム短縮し、上達された上位者は・・・・


第3位は。。。

2019_05_11_16_35_26_01.jpg
ハーレーの特性をすっかり覚えてタイムアップ、
5.1秒短縮の初参加のゾロさん


第2位は。。。

2019_05_11_16_35_58_01.jpg
仮面ライダーマークのキャップが気になった!?
5.4秒短縮ランブラさん


そして、今回の1位は。。。

2019_05_11_16_36_22_01.jpg
前傾厳しいカタナの乗り方を覚え、朝のタイムを5.9秒も短縮
1日で別人になってしまったこちらも初参加ののりさん


2019_05_11_16_36_56_01.jpg
タイムアップTOP3、のりさん(中)、ランブラさん(右)、ゾロさん(左)



トライカーナでは、車種特性や経験によってタイム差が出てくるので、
タイムを比べることにあまり意味はありません。

しかし、ご本人たちの名誉のためにも、
栄光のTOP3をご紹介し、素直にトップタイムを称えましょう!


今回の第3位。。。
2019_05_11_16_38_27_01.jpg
超重量車でのこの位置はさすがですね、レッドさん


そして、堂々の第2位入りしたのは。。。
2019_05_11_16_38_41_01.jpg
いつもの定番の位置になってきました、TOPまであと少し!
後光差しているえいちゃん


2019_05_11_16_35_24_yuu.jpg
そして、栄光の第1位は。。。

着実に上達を図り、頂点に立ちましたね、moaさん


2019_05_11_16_35_34_yuu.jpg
栄光のTOP3、moaさん(中)、えいちゃん(右)、レッドさん(左)




★エンディング★

夏の眩しい日差しと青空のもと、
最高の会場ロケーションと、素敵な仲間にも恵まれ、
今回も本当に密度の濃い一日でした!

今回上達したライディング技術で、
けして公道を同じように走らないでください。

今回の上達分は安全マージンの余裕にとっておいて、
今までどおりの走りをしてください、お願いします!



2019_05_11_16_41_40_yuu.jpg
1日一緒に汗を流した仲間たちと熱い握手とハグで感謝と敬意を表します!


とても充実した一日でした。

次回のツーリング、レッスン会でまたお会いしましょう!




初は戸惑い、上手く出来なかった課題も、
「意外と乗れるじゃん!」と思うほど上達したのではないでしょうか?

実は、バイクのライディングって難しくないんです。

最初はやり方がわからないから怖いけれども、
正しい練習を繰り返すことで、
誰でも同じように上手くなることができるのですね。

だから、レッスンで学んで上手くなった自分を信じて下さいね。

練習を続けていくと更に上手くなって楽しくなりますから!

もし壁にぶつかったら...
メールサポートLINEサポートを存分に利用してくださいね。


~上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!~




後に、今回の参加者をご紹介します!

年配者だって、女性ライダーだって、アメリカンバイクだって、
安全で上手なライディングには全く関係ないんです・・・

同じ二輪車、原理を理解し、正しい練習をすれば、
誰だって思うように操ることができる・・・

彼らはそれを証明してくれました!


【東京都 のりさん@SUZUKI GSX1100S】
2019_05_11_14_20_18_daa.jpg


【東京都 ランブラ@KAWASAKI Ninja1000】
2019_05_11_13_39_28_04.jpg


【神奈川県 moaさん@BMW R1200R】
2019_05_11_13_32_07_01.jpg


【東京都 ササさん@トライアンフ タイガー1200】
2019_05_11_13_38_09_yuu.jpg


【東京都 えいちゃん@BMW R1200RS】
2019_05_11_16_40_43_daa.jpg
昨日は気温も高いコンデイションの中、お疲れ様でした。
バイクの運転には色々な技術があるのだということをよく実感できるレッスン会でした。
自分が比較的得意としている、または、馴れているライディング方法に片寄るのが普通かと思います。
簡単な課題を繰り返し安定して実践するというのが実は難しいこととよく理解しました。
広々とした安全な会場でレッスンを存分に練習できる機会を今回もご用意いただいて大変ありがたく感じております。
トムさんの熱い語りも、参加者の皆さんを大いに奮い立ていたと思います。ありがとうございました。


【埼玉県 レッドさん@トライアンフ ロケット3】
2019_05_11_14_20_10_daa.jpg
いつもありがとうございます!
今回もとても勉強になりました。
また参加させて頂きます。今後もよろしくお願い致します。


【東京都 トガちゃん@H-D XR1200】
2019_05_11_11_52_30_daa.jpg


【東京都 たこさん@YAMAHA ドラッグスター250】
2019_05_11_16_39_59_daa.jpg


【新潟県 たかちゃん@H-D FLHTK】
2019_05_11_13_21_10_daa.jpg
今日は貴重な体験の機会を頂きありがとうございました。
新潟の長い冬が明け、冬眠から目覚めたばかりのレッスンで、冬眠中のイメトレと先日の桃源郷ツーでのアドバイスとを合わせて実践できるかを試せると張り切って臨んだコーナリング編でした。ですが、現実は甘くないですね!
両腕ステアリングではなんとかなっても(というか、無理やり感満載でした!)、片腕旋回の難しいこと!やはり、現実の自分の限界を知らされる羽目に!
でも、めげずに昼休みとか走り回ったら、少しは出来るようになってきたかなぁ?と、いう感じで、片手なんて全く歯が立たなかっただろうと思われる昨年の自分を考えると、少しは成長しているのかな?と、思った次第です。
トムさんの言われる、ただ漠然と課題をこなすだけでなく、意図を捉えて意味を考えながらそれをやってみるという事の大切さを、この頃になってやっと少しずつ感じ始めています。
そうそう、今回は、脚をつらさずに最後までガンガン走れたことも感慨深いです。
今後ともご指導お願いします。
本当にありがとうございました。


【東京都 キシチャン@BMW R1200GSA】
2019_05_11_15_21_27_04.jpg


【千葉県 KENさん@H-D アイアン1200】
2019_05_11_13_37_43_yuu.jpg


【神奈川県 コイミさん@H-D XL883N】
2019_05_11_16_40_05_daa.jpg


【新潟県 ナンちゃん@BMW R1200RT】
2019_05_11_10_54_25_daa.jpg
今回は、軽めのレッスン会、という事でしたが、余裕を持って臨めたせいか、力を抜いて走る、という事に専念できて、得るものはあったと思いました。
左右コーナーでは内側の腕がどうあるべきか、頭はちゃんと向いているか等等、自己点検しながら走られたのは良かったですね。
いままでは、課題をクリアするのに精一杯で、後半はバテバテだった事を想えば今回は、非常に有意義でした。
時々は、自己点検の為のレッスン会という主旨もありですね。
また、宜しくお願いします。


【岩手県 コダイラさん@H-D ロードグライド】
2019_05_11_13_39_01_04.jpg


【東京都 フクシマさん@HONDA CB1100】
2019_05_11_13_33_28_daa.jpg


【東京都 おだまさん@H-D ファットボーイS】
2019_05_11_16_26_06_01.jpg


【千葉県 はるみさん@H-D アイアン1200】
2019_05_11_10_58_03_yuu.jpg


【神奈川県 ゾロさん@H-D FLSS】
2019_05_11_15_21_49_04.jpg


【群馬県 ひっじさん@HONDA VFR800】
2019_05_11_11_55_04_01.jpg


【愛知県 カジさん@H-D FLHX】
2019_05_11_16_38_56_daa.jpg


【茨城県 コーチャン@BMW R1200RT】
2019_05_11_13_38_40_yuu.jpg



後に今回のレッスン会を指導、運営させていただきましたTRスタッフ!

2019_05_11_16_54_12_01.jpg
西日まぶしい中、自撮りで失礼!
左から、ユウさん、ダーさん、モッさん、トムスタッフ4名でした!



回は“コーナリング編”と題し、
二輪車の基本的な挙動、「加速」「減速」「旋回」
シンプルに追求した練習内容としました。

難しいライディング技術、方法論をできるだけ排除して、
「走る」「停まる」「曲がる」ために大切なことだけに集中し、
シンプルな操作で引き出し、体感することが今回の目的でした。

終日練習に励む熱心な参加者各位の姿と
少しずつ新しい感覚を掴み、我がものにされていく姿を拝見し、
改めて基本の大切さを感じずにはいられませんでした。

初めての体験に戸惑った方も多かったかもしれませんが、
練習が終わる頃には、朝と比べて別人のように上達されていました。

ライディングとは、出来る、出来ないではなく、
誰でも正しい練習方法を知り実践すれば短時間で簡単に上達します。

そして、上達すると、違う景色が見えてきて、
ますますライディングが楽しくなります。


ぜひ、レッスン会ツーリングなどのライブ企画を積極的にご利用いただき、
いつまでも安全で幸せなバイクライフを過ごしていただければ、
これ以上の喜びはありません。


文責:トム

| レッスン会 | 18:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【レッスン会レポート】1Dayレッスン会 in 奈良

関西・中部圏からアクセス良好の立地!
教習所コースで終日集中練習でステップアップ!



12月16日(日)開催!
“1Dayレッスン会 in 奈良(橿原市)”


~上手くなりたきゃ、
  ツーリングライダーズに行こう!~



2018_12_16_13_48_53_01.jpg
上手くなりたいという同じ志を持った仲間たちと楽しくライディングレッスン!


2018_12_16_11_17_09_01.jpg
楽しい中にも真剣に真面目に技術向上を目指す参加者たち!


2018_12_16_09_12_20_01.jpg
安全な教習コースの会場で終日心置きなく練習カリキュラムをこなす
それが1Dayレッスン会の醍醐味!!




年10月、今年4月と雨天中止となり、
昨年2017年4月以来の関西方面・奈良の1Dayレッスン会、
好天に恵まれ、ようやく開催することができました!

2018_12_16_10_16_47_03.jpg
さすがに師走も中旬、朝の冷え込みは厳しいものがありましたが、
穏やかな晴天に恵まれた練習日和の一日となりました!


今回も前後ブレーキの機能を100%使いこなす制動練習から始め、
旋回間にできるだけ直線を作るライン取りを
習得することを目標にしました。


それでは、そのレッスン会レポートをご覧ください!




【レッスンメニュー】

実力測定:現状実力把握

ブレーキング:連続急制動・加減速&片手加減速!

乗車フォーム:正しいライディングフォームを実現する!

8の字走行:「減速」「旋回」「加速」を徹底的に繰り返し身につける!

Uターン:公道Uターンを克服しよう!

4本パイロンスラローム:ライディングの変化を攻略する!

パイロンスラローム:本日の総仕上げ!

実力測定:今日の成果を試す!目標は朝の自分を超えること!




↓↓↓↓今回の写真はこちら!↓↓↓↓


参加者はお気に入りの写真・動画をお探しください!




2018年12月16日(日)

【レッスン会場】

走の慌ただしい時期ですが、
この時期としては日中穏やかに晴れ、汗ばむほどの暖かさ。

13名の関西メンバー参加者たちの熱気も相まって、
最高のトレーニング日和となりました!


2018_12_16_08_23_19_01.jpg
朝の冷え込みは厳しかったものの、雲のない眩しいほどの快晴、
日中は汗ばむほどのあたたかな絶好のコンディションです!



★効果測定★~トライカーナ~(レッスン前)

ものごとの上達には、今の実力を計測することが必要です。

実力を数値化することで、
上達の有無、欠点・課題が客観的に見えてくるからです。


レッスン前と後に、4本のパイロンの間を走り抜ける
トライカーナのタイムアタックに挑戦していただき、
それぞれ参加者のタイムを測りました。

トライカーナは闇雲に飛ばしても、
無理をして突っ込んでいってもタイム短縮につながりません。

ひとつひとつの操作を丁寧に精度高く、
連続して行うことが必要です。


2018_12_16_08_53_55_01.jpg
来場いきなりですが、効果測定のため
タイムアタックにチャレンジしていただきました!


2018_12_16_08_54_05_01.jpg
朝一のタイムアタックだというのに、華麗に旋回を決めるジンビーさん


2018_12_16_08_55_23_01.jpg
身体もバイクも固まっている寒い朝ゆえ慎重にターンするたかゆみさん


※注意!音が出ます!





イムアタックが終わったら、集合いきなりTR恒例のご挨拶・・・

TR初参加の方少ないですが大丈夫・・・!?

数少ないリピーターの方・・・元気よくお願いしますネ・・・

「みなさん、お元気ですか〜!?」

2018_12_16_09_00_34_03.jpg
ヤッパリ、反応いまいちでしたね・・・やり直しです!

これがTR流の朝の挨拶!よろしく頼みます…涙(by トム


2018_12_16_09_06_53_01.jpg
「晴れ男のもっちーです!」

今日は自信をもって挨拶できた様子のもっちー


2018_12_16_09_07_06_01.jpg
ワンポイントアドバイスが的確と評判のモッさん

以上スタッフ3名で皆さんの練習をお手伝いさせてもらいました!




★ブレーキング★

くのライダーが、ライディングで恐怖心を覚える本当の原因は、
速く走れないのが原因ではなく、
その速度をコントロールできないブレーキング技術の未熟さが原因です。

つまり、ブレーキング技術を高めることで、
速く、バイクらしいメリハリある走りを実現できるだけでなく、
ライディングにおける安全マージンを手に入れることができるのです。


2018_12_16_09_23_46_01.jpg
今回は、フロントだけの急制動、リアだけの急制動
そして、前後両方をしっかり使った急制動を、
違う速度から行い、目標地点で停まる練習を繰り返し行っていただきました。


2018_12_16_09_29_44_01.jpg
前後ブレーキそれぞれを100%使い切る練習です。


2018_12_16_09_35_16_01.jpg
正しく練習すれば、ほんの数十分で見違えるように上達します。


2018_12_16_09_35_22_01.jpg
前後ブレーキ別に練習するとフロントブレーキのほうが、
リアブレーキやエンジンブレーキよりコントロール性が高いのがわかりますね。


2018_12_16_09_45_31_04.jpg
ニューマシンのハーレーで参加のリピーターKazuさん
重たい車体ゆえ強力な制動力が備わっているのを感じとれましたか?


ブレーキング練習はやればやるだけうまくなりますので、
ぜひとも日頃の市街地走行でも繰り返して欲しいです。

ブレーキは難しくないんですが、身につけた恩恵は計り知れないので、
ぜひ短期間で身につけてください!





★乗車フォームカリキュラム★
 ~ライディングフォームを身に付ける~



晴らしいパフォーマンスを常に出し続ける一流プロスポーツ選手が、
美しく、理にかなったフォームをしているように、
バイクのライディングでも乗車フォームはとても重要です。

初めに 間違った効率悪いフォームを身につけてしまうと、
いくら練習をしても、決して一定以上の成果は現れません。


間違った方法を100回繰り返しても、期待しない結果しか現れませんが、
正しい方法を身に付ければ、即、期待する結果が手に入ります。


2018_12_16_10_29_56_04.jpg
ここでは、まず正しいリーンウィズを知り、
実際に停車させた自分のバイクの上でその乗車フォームを取っていただきます


2018_12_16_10_47_54_01.jpg
停まっているバイクの上では、誰でも憶することなく
正しいフォームを確認することが出来ます。


2018_12_16_10_50_12_01.jpg
本人はとても大げさに体重移動をしているつもりでも、
実際に自身の写真を見てもらうと、普通にカッコいいフォーム・・・

こんなに身体を使ってちょうどいいんですね・・・
参加者一様に言われるセリフです。

これが、イメージと現実のギャップ
このギャップを埋めて同一にしていく作業がTRのレッスン会なのです!




★8の字旋回走行★
 ~「減速」「旋回」「加速」を
   徹底的に繰り返し身につける!~


回留意していただくポイントは2点、
目線とライン取りです!

旋回方向斜め後ろを見るくらい旋回に先行して目線を向けること、
それによって旋回への理想的な体重移動が可能となり
より小さく効果的な旋回が可能となります。

それから、旋回後半にもっともパイロン側で
加速体勢に入れるライン取り
とすること、
そのため、旋回前半はパイロンから一定距離を取った進入になります

これにより、コンパクトで素早い向き変えと、
ターン間距離を長く直線的にするライン取りが可能となり、
より公道向きな安全で実践的なライディングが可能となるのです。


2018_12_16_11_27_25_01.jpg
目線が先のラインをとらえ、かつ下がらないのがいいですね!
メガツアラー車ハヤブサを駆るマコトさんのターン!


2018_12_16_11_16_57_01.jpg
ステアリング(前輪)が大きく切れた旋回を見せるノブさん! 


2018_12_16_11_16_34_03.jpg
後半の旋回ラインを想定し一定距離を保ちパイロンターンするSouさん


2018_12_16_11_14_27_03.jpg
先に先に目線を送るタカさんのターン!


※注意!音が出ます!





★Uターン★ ~これで公道に出ても怖くない!~

というほどUターン練習ができるのもTRレッスン会のいいところ。

マーカーで、6m、7m、8m、9m幅の道幅を作り、
連続Uターンの練習をやっていただきました!


2018_12_16_12_03_09_01.jpg
これから走る先のライン方向に向けるだけでなく、
地平線方向に上げて目線を使うあっちゃん

目線方向に車体が向かうのに、目線を路面に向けると、
車体が路面方向に倒れバランスを崩します。

このように、目線を地平線方向に上げて、視野を広く使うのがコツ


※注意!音が出ます!





★ランチタイム★

れない低速練習は体力だけではなく、意外と集中力をすり減らします。

午後も楽しく厳しい?!練習は続きますので、
午後に備えて英気を養いましょう・・・


2018_12_16_12_26_51_03.jpg
昼食時間にも熱心に質問され、アドバイスに耳を傾ける
ホント向上心高いメンバーたちですね!


2018_12_16_12_14_08_01.jpg
残念ながらマシントラブルで、ここで離脱となったマコトさん

ハイパワーのハヤブサを切れ良く切り返すさまはさすがでした!
次回、ツーリング・レッスン会で再会しましょう!




★4本パイロンスラローム★
 〜ライディングの変化を攻略する!〜


4本パイロンレイアウトは以下のとおり矢印のラインを走ります。

4本パイロンスラローム(奈良)
5~7m四方のマスに、不規則に並べられた
4本のパイロンの間を縫い周回するこの課題。

ライン取りと旋回速度、旋回半径を微妙に変えながら、
もっとも効率よく周回できるのか攻略します!


2018_12_16_13_30_09_03.jpg
全体のライン取りをイメージできないとうまく周回できません。


2018_12_16_13_42_42_01.jpg
バイクを寝かせるのではなくステアリングで向きを変えるとうりょうさん


2018_12_16_13_49_07_01.jpg
巨艦ハーレーを操りタイトコースをすり抜けるKazuさんのライン取り


2018_12_16_13_50_30_01.jpg
素性良いマシンの特性を引き出すジンビーさん




★本日の総仕上げ・パイロンスラローム!★


場いっぱい使って、心置きなく走っていただきましょう!

早く走ることに集中するのではなく、 一つ一つのターンを
「減速」「旋回」「加速」を確実にクリアしながら、
理想のライン取りをすることが大切です


集中を切らすことなく、
楽しく最後の課題に取り組んでいただきました!


2018_12_16_14_24_08_01.jpg
すっかり大型車のパワーにも慣れてきたユーミン


2018_12_16_15_06_07_03.jpg
マシンの持つ特性を上手に引き出すことができていたノブさん


2018_12_16_14_32_38_01.jpg
タイトなパイロン間でも、大きなハーレーを軽々切り返すKazuさん
4本パイロンスラロームでのライン取り練習の成果ありです!


2018_12_16_14_31_07_01.jpg

2018_12_16_14_33_49_01.jpg
教習コースセッションで鋭角に向きを変える福ちゃん


2018_12_16_15_05_24_03.jpg
たかゆみさん、ターン出口で膨らまぬようしっかり向きを変えます!


2018_12_16_14_25_04_01.jpg

2018_12_16_15_09_41_01.jpg
バンク角でなくステアリングで曲がるtamyさんのお手本のようなターン


2018_12_16_14_31_01_01_201812181820011fa.jpg
大柄なFJRを中型車のように向き変えするSouさん


2018_12_16_14_34_24_01.jpg
朝とは別人のようにハーレーを自在に操るあっちゃん




★効果測定★~トライカーナ~(レッスン後)

日の練習カリキュラムをすべてこなし、
さあ、どれだけ上達できたのか測定して確認してみましょう!


2018_12_16_15_20_06_01.jpg
朝からどれだけ上手くなったか、タイムはうそをつきません!


2018_12_16_15_21_19_01.jpg
走りっぷりが、朝と全く違うのが見ていて面白いですね!


※注意!音が出ます!


参加者のみなさん、お楽しみ様でした、
楽しく、気持ち良く、充実した一日でしたね!

名残惜しいけど、エンディングです!


2018_12_16_15_34_33_03.jpg
タイムアタック終了後、
モッさんから結果発表させていただきました!

果たして結果はいかに・・・


今回トライカーナ効果測定でタイム短縮し、上達された上位者は・・・・

第3位は。。。

2018_12_16_15_36_27_01.jpg
大きなBMWフラッグシップで華麗な走りを見せてくれた
6.0秒も短縮の初参加のノブさん


第2位は。。。
2018_12_16_15_37_56_01.jpg
大きく重たいハーレーを少しずつ操れるようになり
なんと!6.2秒短縮の初参加とうりょうさん


そして、今回の1位は。。。

2018_12_16_15_39_27_01.jpg
朝のタイムから13.7秒も短縮
この数時間で完全に別人ライダーに返信した初参加のあっちゃん


2018_12_16_15_40_03_01.jpg
タイムアップTOP3、あっちゃん(中)、とうりょうさん(左)、ノブさん(右)


トライカーナでは、車種特性や経験によってタイム差が出てくるので、
タイムを比べることにあまり意味はありません。

しかし、ご本人たちの名誉のためにも、
栄光のTOP3をご紹介し、素直にトップタイムを称えましょう!


今回の第3位。。。
2018_12_16_15_40_39_01.jpg
中型バイクの特性を上手に生かしてこの順位、福ちゃん


そして、堂々の第2位入りしたのは。。。
2018_12_16_15_41_23_01.jpg
大きなBMWフラッグシップで華麗な走りを見せてくれたノブさん


そして、栄光の第1位は。。。
2018_12_16_15_41_47_01.jpg
タイム短縮だけでなく、トップタイムもたたき出したジンビーさん
しばらく彼の時代が続きそうな予感!


2018_12_16_15_42_07_01.jpg
栄光のTOP3、ジンビーさん(中)、ノブさん(左)、福ちゃん(右)




★エンディング★


イクにとっても、ライダーにとっても気持ちいい師走の一日、
上手くなりたいという同じ志をもった意識の高い仲間にも恵まれ、
参加者各々、得られたものも多かったと感じています。

レッスンで身に着けた技術「加速」「減速」「旋回」
ぜひとも公道ライディングという実践の場で大いに活かしてください!


2018_12_16_15_29_03_04.jpg
真剣なまなざしで、スタッフのエンディングの挨拶に耳を傾ける参加者各位
楽しくでも真面目にバイクに向かうのがTRメンバーの良いところ・・・


2018_12_16_15_42_22_01.jpg
もっさん「レッスン前より自分のバイクがかわいく感じている人~!」
の質問に、全員笑顔で手を上げてくれましたね!


次回のツーリング、レッスン会でまたお会いしましょう!




初は戸惑い、上手く出来なかった課題も、
「意外と乗れるじゃん!」と思うほど上達したのではないでしょうか?

実は、バイクのライディングって難しくないんです。

最初はやり方がわからないから怖いけれども、
正しい練習を繰り返すことで、
誰でも同じように上手くなることができるのですね。

だから、レッスンで学んで上手くなった自分を信じて下さいね。

練習を続けていくと更に上手くなって楽しくなりますから!
もし壁にぶつかったら...
メールサポートLINEサポートを遠慮なく利用してくださいね。


~上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!~




後に、今回の参加者13名をご紹介します!★

年配者だって、女性ライダーだって、アメリカンバイクだって、
安全で上手なライディングには全く関係ないんです・・・

同じ二輪車、原理を理解し、正しい練習をすれば、
誰だって思うように操ることができる・・・

彼らはそれを証明してくれました!


【奈良県 とうりょうさん@H-D FLSTC】
2018_12_16_15_45_14_03.jpg
トムさん、もっちーさん、モッさん レッスン会では大変お世話になりました。
ほんの少しですが上達したような気がします。
教えて頂いた事を今後も実行して行こうと思います。
有難う御座いました。


【大阪府 レネさん@H-D FXDL】


【大阪府 ジンビーさん@YAMAHA XJR1300】
2018_12_16_15_44_33_03.jpg
この度は本当にありがとうございましたm(_ _)m。
1年半程前、自分のライディングに限界を感じていた時に、たまたま出会ったこちらのDVDに感銘を受け、自分の乗り方を1か
ら見直しました。
私が一方的に思い込んだライディングの師匠に是非お目にかかりたいと思いつつも2回雨で流れ、3度目の正直で講習会に参加できてホントに良かったです。
自分では全く気付きもしていなかった視線に関してご指摘頂いたことは、私のライディングを更に変えてくれると思います。
また機会があれば参加させて頂きますので、その際はどうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m。


【岡山県 たかゆみさん@BH-D XL883R】
2018_12_16_15_44_12_03.jpg
トムさん、もっちーさん、モッさん、昨日は大変お世話になりありがとうございました。
レッスン参加が久々過ぎて、ほぼ振り出しだった気がします。
が、改めていろいろ習うことによって、気づくことが多かったです。
タンデムもとても勉強になりました。
今回習ったこと気付いたことを忘れないように、加減速のメリハリ運転や直線を見つけることなど意識しながら乗りたいと思います。


【大阪府 Souさん@YAMAHA FJR1300AS】
2018_12_16_15_44_57_03.jpg


【和歌山県 ユーミン@YAMAHA FZ1フェザー】
2018_12_16_15_45_37_03.jpg


【兵庫県 Kazuさん@H-D FLHTKSE】
2018_12_16_15_43_41_03.jpg
お疲れ様です。
今日も大変勉強になりました。
またツーリング等に参加したいと思います。
有難うございました。


【兵庫県 ノブさん@BMW K1600GTL】
2018_12_16_15_44_46_03.jpg
大変勉強になりました。印象に残ったのは、、
1.Uターン時の目線の送り先が低かったこと。
2.パイロンスラロームはV字をイメージした方がタイム短縮できる。
3.思いきっ体重移動してるつもりでも、外からみるとそうでもない。
4.ブレーキングはリアを少し先に制動させることで後輪が沈みこみ制動力が増す。

これからも、これから意識してライディングするようにします。

当日の講習会もさることながら、その後の動画や写真も参考になりました。
関西での講習会の開催をもっと増やして頂けることを期待しております。


【大阪府 tamyさん@BMW R1200GSA】
2018_12_16_15_44_18_03.jpg
お世話になりました。
今まで恐々乗っていたバイクが身近になりました。
楽器とかでもそうですが持ち主が気を悪くするほど、上手な方が演奏するといい音が出ますね。
バイクも同じ、自分のバイクにいい風を吹き込めるようになるきっかけを頂きました。
トップケースに張っていたツーリングライダーズのステッカーが心なしか光ってきたような気がします。
今後ともよろしくお願いいたします。


【奈良県 あっちゃん@H-D FLSTSE3】 
2018_12_16_15_45_08_03.jpg


【大阪府 マコトさん@SUZUKI GSX1300R隼】
2018_12_16_11_27_35_01.jpg


【京都府 福ちゃん@YAMAHA セロー250】
2018_12_16_15_45_03_03.jpg


【岐阜県 タカさん@H-D ロードキングスペシャル】
2018_12_16_15_44_40_03.jpg
報告させてください!
奈良レッスン後の帰り道で、今までとは比べ物にならないくらい運転が楽になったのを実感できたのです!私にとっては本当に奇跡です!
今年3月に免許を取得し、6月にデビューしましたが、月に数回運転する程度で、低速、発進、停止、右左折などなど全く上達せず、常に転倒する恐怖に怯えながら運転する日々でした。
いきなりハーレーを購入した事を後悔し始めていました。
しかし、今回レッスンを終え、恐怖心克服の第一歩を踏み出せた気がします!
帰りの高速で数キロに及ぶ、大っ嫌いな渋滞に遭遇しましたが、今までなら心折れそうなになっていた渋滞もスムーズに乗り切ることができました。
自分にとってはレッスン会場はかなり遠出で、ものすごく不安だらけの道中でしたが、勇気を出してレッスンに参加して本当に良かったです。
バイクに乗り始めて約半年経過しましたが、初めて公道での運転で不安なく走行できたと思います。
これも、トムさんをはじめ、スタッフの皆様の的確なアドバイスと的確な指導のおかげと本当に感謝しております。
しかし、ようやく上達へのスタートラインに立てたかなぁというところですので課題はまだまだ山積みです。
DVD、メール配信の情報で学び、レッスンも参加してさらに楽しく乗れるよう上達を目指していきたいと思っています。
トムさん、スタッフの皆様今後ともよろしくお願いいたします。そして、本当にありがとうございます



そして、今回のスタッフ3名!
関東からの移動、お楽しみ様、ありがとうございました!

自撮りにてご紹介!!

2018_12_16_15_56_39_03.jpg
モッさん、トム、もっちー・・・でした!




回は前後ブレーキの機能を100%使いこなす制動練習から始め、
旋回間にできるだけ直線を作るライン取りを意識しました。

その直線でブレーキング練習したしっかり加速・減速、
直線を長く取るにはコンパクトに旋回することが必要でしたね。

よって、二輪車の基本的な挙動、「加速」「減速」「旋回」
シンプルに追求した練習内容としました。


初参加の方も多くいらっしゃいましたが、
終日練習に励む熱心な参加者各位の姿と
少しずつ新しい感覚を掴み、我がものにされていく姿を拝見し、
改めて基本の大切さを感じずにはいられませんでした。

初めての体験に戸惑った方も多かったかもしれませんが、
練習が終わる頃には、朝と比べて別人のように上達されていました。


ライディングとは、出来る、出来ないではなく、
誰でも正しい練習方法を知り実践すれば短時間で上達します。

そして、上達すると、違う景色が見えてきて、
ますますライディングが楽しくなります。


ぜひ、レッスン会ツーリングなど
ライブ企画を積極的にご利用いただき、
いつまでも安全で幸せなバイクライフを過ごしていただければ、
これ以上の喜びはありません。


文責:トム

| レッスン会 | 18:00 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【レッスン会レポート】1Dayレッスン会 in 埼玉

東北道・浦和・岩槻インターそばの好立地!

都心至近の広い会場で終日レッスン!



待望の平日11月28日(水)開催!!


“1Dayレッスン会 in 埼玉”


~上手くなりたきゃ、
  ツーリングライダーズに行こう!~



2018_11_28_15_03_46_01.jpg
安全で広大な会場で終日心置きなく練習カリキュラムをこなす
それが1Dayレッスン会の醍醐味!!


2018_11_28_15_03_50_01.jpg
楽しい中にも真剣に真面目に技術向上を目指す参加者たち!


2018_11_28_13_26_53_01.jpg
上手くなりたいという同じ志を持った仲間たちと楽しくライディングレッスン!




日開催初となった今回のTR1Dayレッスン会

会場は都心から至近の東北道・浦和インター直近、
埼玉県さいたま市内広大な駐車場を借りて開催!

2018_11_28_09_51_14_01.jpg

晩秋だというのに、ポカポカに暖かい
晴天に恵まれた練習日和の一日となりました!

今回も前後ブレーキの機能を100%使いこなす制動練習から始め、
旋回間にできるだけ直線を作るライン取りを習得することを目標にしました。

それでは、そのレッスン会レポートをご覧ください!




【レッスンメニュー】

トライカーナ:現状実力把握

ブレーキング:連続急制動・加減速&片手加減速!

乗車フォーム:正しいライディングフォームを実現する!

オーバル走行:「減速」「旋回」「加速」を徹底的に繰り返し身につける!

4本パイロンスラローム:ライディングの変化を攻略する!

・選択課題 A:180°連続ターン
        パイロンスラロームで直線加減速&ターンを身に付ける!

        B:Uターン:これで、公道に出ても怖くない!

パイロンスラローム:本日の総仕上げ!

トライカーナ:今日の成果を試す!目標は朝の自分を超えること!




↓↓↓↓今回の写真はこちら!↓↓↓↓


参加者はお気に入りの写真をお探しください!




2018年11月28日(水)

【レッスン会場】

秋深まる11月最終週、季節外れの暖かさ、
参加者の熱気も相まって、
最高のトレーニング日和となりました!


2018_11_28_09_39_37_01.jpg
この通り、眩しいほどの快晴、あたたかなコンディションです!



★効果測定★~トライカーナ~(レッスン前)

ものごとの上達には、今の実力を計測することが必要です。

実力を数値化することで、
上達の有無、欠点・課題が客観的に見えてくるからです。


レッスン前と後に、4本のパイロンの間を走り抜ける
トライカーナのタイムアタックに挑戦していただき、
それぞれ参加者のタイムを測りました。

トライカーナは闇雲に飛ばしても、
無理をして突っ込んでいってもタイム短縮につながりません。

ひとつひとつの操作を丁寧に精度高く、
連続して行うことが必要です。


2018_11_28_09_26_10_01.jpg
来場いきなりですが、効果測定のため
タイムアタックにチャレンジしていただきました!


2018_11_28_09_26_45_01.jpg
朝一のタイムアタックだというのに、
しかも納車したばかりのハーレーツーリングモデルを
大胆に旋回するせいこちゃん


※注意!音が出ます!





イムアタックが終わったら、集合いきなりTR恒例のご挨拶・・・

今回、TR初参加の方多いですけど、大丈夫かな!?

元気よくお願いしますネ・・・

「みなさん、お元気ですか〜!?」

2018_11_28_09_17_36_yuu.jpg
ヤッパリ、反応いまいちでしたね・・・

これがTR流の朝の挨拶!なんです!よろしく頼みます…涙(by トム


2018_11_28_09_28_25_01.jpg
今回のスタッフ、ユウさん、的確なアドバイスで大活躍でス!


2018_11_28_09_28_56_01.jpg
ワンポイントアドバイスが的確と評判のモッさん


以上スタッフ3名で皆さんの練習をお手伝いさせてもらいました!




★ブレーキング★

くのライダーが、ライディングで恐怖心を覚える本当の原因は、
速く走れないのが原因ではなく、
その速度をコントロールできないブレーキング技術の未熟さが原因です。

つまり、ブレーキング技術を高めることで、
速く、バイクらしいメリハリある走りを実現できるだけでなく、
ライディングにおける安全マージンを手に入れることができるのです。


2018_11_28_09_48_48_01.jpg
今回は、フロントだけの急制動、リアだけの急制動
そして、前後両方をしっかり使った急制動を、
違う速度から行い、目標地点で停まる練習を繰り返し行っていただきました。


2018_11_28_09_57_58_01.jpg
正しく練習すれば、ほんの数十分で見違えるように上達します。


2018_11_28_10_09_32_01.jpg
下りコーナリングを課題に参加したあかぬんさん、
ブレーキング上達することで、平常心でコーナリングできるようになります!


2018_11_28_09_58_56_01.jpg
ニューマシンのゴールドウイングで参加のリピーターアカさん
最新ホンダマシンの制動力、安定性はいかに!?


ブレーキング練習はやればやるだけうまくなりますので、
ぜひとも日頃の市街地走行でも繰り返して欲しいです。


ブレーキは難しくないんですが、身につけた恩恵は計り知れないので、
ぜひ短期間で身につけてください!





★乗車フォームカリキュラム★
 ~ライディングフォームを身に付ける~



晴らしいパフォーマンスを常に出し続ける一流プロスポーツ選手が、
美しく、理にかなったフォームをしているように、
バイクのライディングでも乗車フォームはとても重要です。

初めに 間違った効率悪いフォームを身につけてしまうと、
いくら練習をしても、決して一定以上の成果は現れません。


間違った方法を100回繰り返しても、期待しない結果しか現れませんが、
正しい方法を身に付ければ、即、期待する結果が手に入ります。


2018_11_28_10_27_52_04.jpg
ここでは、まず正しいリーンウィズを知り、
実際に停車させた自分のバイクの上でその乗車フォームを取っていただきます


2018_11_28_10_45_32_01.jpg
停まっているバイクの上では、誰でも憶することなく
正しいフォームを確認することが出来ます。


2018_11_28_10_43_28_01.jpg
本人はとても大げさに体重移動をしているつもりでも、
実際に自身の写真を見てもらうと、普通にカッコいいフォーム・・・

こんなに身体を使ってちょうどいいんですね・・・
参加者一様に言われるセリフです。

これが、イメージと現実のギャップ
このギャップを埋めて同一にしていく作業がTRのレッスン会なのです!




★オーバル走行★
 ~「減速」「旋回」「加速」を
   徹底的に繰り返し身につける!~


は、白バイの訓練に取り入れられている練習、
単純だけども難しく、奥の深い練習課題なのです!

今回留意していただくポイントは2点、
目線とライン取りです!

旋回方向斜め後ろを見るくらい旋回に先行して目線を向けること、
それによって旋回への理想的な体重移動が可能となり
より小さく効果的な旋回が可能となります。

それから、旋回後半にもっともパイロン側で
加速体勢に入れるライン取り
とすること、
そのため、旋回前半はパイロンから一定距離を取った進入になります

これにより、コンパクトで素早い向き変えと、
ターン間距離を長く直線的にするライン取りが可能となり、
より公道向きな安全で実践的なライディングが可能となるのです。


2018_11_28_11_24_11_01.jpg
目線が下がるクセのあったニシサンですが矯正、
バランスよいターン立ち上がりを見せていますね!


2018_11_28_11_08_09_01.jpg
旋回後半にパイロンに近づく理想的ライン取りを見せるはるみちゃん
連続参加で本当に上手になってきました! 


2018_11_28_11_06_31_01.jpg
ヒザが開くクセを修正したゾロさんのターン
ニーグリップが強化され、安定した旋回になってきました!


※注意!音が出ます!





★4本パイロンスラローム★
 〜ライディングの変化を攻略する!〜


4本パイロンレイアウトは以下のとおり矢印のラインを走ります。

1128 4本パイロンスラローム
5~7m四方のマスに、不規則に並べられた
4本のパイロンの間を縫い周回するこの課題。

ライン取りと旋回速度、旋回半径を微妙に変えながら、
もっとも効率よく周回できるのか攻略します!


2018_11_28_11_57_46_04.jpg
全体のライン取りをイメージできないとうまく周回できません。


2018_11_28_11_58_34_04.jpg
バイクを寝かせるのではなくステアリングで向きを変えるトガちゃん


2018_11_28_11_56_00_04 (1)
パイロン側から加速体勢に入るひろひろさんのライン取り


2018_11_28_11_52_32_01.jpg
巨漢ゴールドウイングを豪快に取り扱うアカさん


2018_11_28_11_56_26_04.jpg
重量車はステアリングで向きを変える!オクちゃんの旋回!


※注意!音が出ます!





★ランチタイム★

れない低速練習は体力だけではなく、意外と集中力をすり減らします。

午後も楽しく厳しい?!練習は続きますので、
午後に備えて英気を養いましょう・・・


2018_11_28_13_26_47_01.jpg
眩しい日差しの昼下がり、
赤らむ公園の木々をバックに集合写真を撮ったら、午後の練習に進みましょう!




★選択課題★

A:180度連続ターン
〜パイロンスラロームで直線加減速&ターンを身に付ける!〜


連続180度ターンでは、なんとなく曲がるのではなく、
ターン脱出で膨らむことなく素早く、小さく向きを変えること、
そして直線をできるだけ長く取って、
安全なその直線部分でしっかり加速し減速する、

より実践的で公道向きの走りを目指します!


2018_11_28_13_37_20_01.jpg
大きなハーレーを効率的に向きを変えるニョロさんのターン


2018_11_28_13_38_07_01.jpg
目線、上体移動の姿勢が美しいダダさんの旋回


※注意!音が出ます!



B:Uターン ~これで、公道に出ても怖くない!~

というほどUターン練習ができるのもTRレッスン会のいいところ。

マーカーで、6m、7m、8m、9m幅の道幅を作り、
180度ターンの合間に、Uターンの自習練習をやっていただきました!


2018_11_28_13_39_28_01.jpg
上体と目線を旋回方向に向けている美しいひろひろさんのフォーム。

目線方向に車体が向かうのに、目線を路面に向けると、
車体が路面方向に倒れバランスを崩します。

このように、目線を水平線方向に上げて、視野を広く使うのがコツ


2018_11_28_14_02_52_01.jpg
小さな体で大きなハーレーを取りまわす
セイコちゃんのフォームはホントカッコいい!


※注意!音が出ます!






★本日の総仕上げ・パイロンスラローム!★


場いっぱい使って、心置きなく走っていただきましょう!

早く走ることに集中するのではなく、 一つ一つのターンを
「減速」「旋回」「加速」を確実にクリアしながら、
理想のライン取りをすることが大切です


集中を切らすことなく、
楽しく最後の課題に取り組んでいただきました!


2018_11_28_15_03_10_01.jpg
大小さまざまなスラロームターンを織り交ぜたコースを
自在に駆け抜けるのは楽しいものです!


2018_11_28_15_02_14_01.jpg
不規則&タイトなパイロン配置のコース後半の難所を走るあかぬんさん


コース前半はワインディングに見立てた連続S字コーナーセッション

参加者たちの華麗なコーナリングフォームをご覧あれ!


2018_11_28_15_14_14_01.jpg
旋回すらままならなかった1か月前、
連続参加で全コース走行が問題なくできるようになったはるみさん


2018_11_28_15_15_40_01.jpg
コーナー前半でインに寄らないダダさんのライン取り、
これまでのライン取り練習の成果ありです!


2018_11_28_15_16_08_01.jpg
コーナリングから素早い加速態勢に入るトガちゃん


2018_11_28_15_32_40_01.jpg
せいこちゃんはリラックスしながらのコーナリングがいいですね!


2018_11_28_15_33_06_01.jpg
限界バンク角で華麗なコーナリングを披露、アカさんの走り!


2018_11_28_15_32_54_01.jpg
研究熱心の叩き上げで上級者となったしぃちゃんのコーナリング


2018_11_28_15_13_31_01.jpg
バンク角でなくステアリングで曲がる基本に忠実なニョロさんのコーナリング


2018_11_28_15_13_27_01.jpg
素直かつ切れ味鋭いコーナリングが印象的なニシサン


2018_11_28_15_33_38_01.jpg
ハーレー特性をよく理解したオクちゃんのコーナリング!


※注意!音が出ます!



参加者たちの希望で30分の延長ランで締めくくりました!

みなさん、楽しんでいただけましたか?



★効果測定★~トライカーナ~(レッスン後)

日の練習カリキュラムをすべてこなし、
さあ、どれだけ上達できたのか測定して確認してみましょう!


※注意!音が出ます!



参加者のみなさん、お楽しみ様でした、
楽しく、気持ち良く、充実した一日でしたね!

名残惜しいけど、エンディングです!


2018_11_28_15_57_39_01.jpg
タイムアタック終了後、
モッさんから結果発表させていただきました!

果たして結果はいかに・・・


今回トライカーナ効果測定でタイム短縮し、上達された上位者は・・・・

第3位は。。。

2018_11_28_15_58_04_01.jpg
ニューマシン・ゴールドウイングで気持ち新たに参加のアカさん
すっかり重量車の特性を把握、操って朝からのタイムアップ、
4.0秒短縮の初参加のアカさん


第2位は。。。
2018_11_28_15_58_35_01.jpg
さわやかな笑顔が特徴的、潜在的旋回性すぐれたBMWを駆り
4.3秒短縮の初参加あかぬんさん


そして、今回の1位は。。。

2018_11_28_15_59_17_01.jpg
朝のタイムをな・な・なんと!9.1秒も短縮
1日で完全に別人になってしまった初参加のゾロさん


2018_11_28_15_59_27_01.jpg
タイムアップTOP3、ゾロさん(中)、あかぬんさん(右)、アカさん(左)


トライカーナでは、車種特性や経験によってタイム差が出てくるので、
タイムを比べることにあまり意味はありません。

しかし、ご本人たちの名誉のためにも、
栄光のTOP3をご紹介し、素直にトップタイムを称えましょう!


今回の第3位。。。
2018_11_28_16_00_42_01.jpg
常に安定した正確無比のライディング&ターン、ご存知、トガちゃん


そして、堂々の第2位入りしたのは。。。
2018_11_28_16_01_13_01.jpg
ハーレーでキレキレの走りを見せてくれたオクちゃん


そして、栄光の第1位は。。。
2018_11_28_16_01_43_01.jpg
タイム短縮だけでなく、トップタイムもたたき出したアカさん
しばらく彼の時代が続きそうな予感!


2018_11_28_16_01_54_01.jpg
栄光のTOP3、アカさん(中)、オクちゃん(右)、トガちゃん(左)




★エンディング★


イクにとっても、ライダーにとっても気持ちいい秋の一日、
上手くなりたいという同じ志をもった意識の高い仲間にも恵まれ、
参加者各々、得られたものも多かったと感じています。

レッスンで身に着けた技術「加速」「減速」「旋回」
ぜひとも公道ライディングという実践の場で大いに活かしてください!


2018_11_28_15_58_46_yuu.jpg
次回のツーリング、レッスン会でまたお会いしましょう!




初は戸惑い、上手く出来なかった課題も、
「意外と乗れるじゃん!」と思うほど上達したのではないでしょうか?

実は、バイクのライディングって難しくないんです。

最初はやり方がわからないから怖いけれども、
正しい練習を繰り返すことで、
誰でも同じように上手くなることができるのですね。

だから、レッスンで学んで上手くなった自分を信じて下さいね。

練習を続けていくと更に上手くなって楽しくなりますから!
もし壁にぶつかったら...
メールサポートLINEサポートを遠慮なく利用してくださいね。


~上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!~





後に、今回の参加者をご紹介します!★

年配者だって、女性ライダーだって、アメリカンバイクだって、
安全で上手なライディングには全く関係ないんです・・・

同じ二輪車、原理を理解し、正しい練習をすれば、
誰だって思うように操ることができる・・・

彼らはそれを証明してくれました!



【東京都 ニョロさん@H-D ロードグライド CVO】
2018_11_28_15_31_47_01.jpg


【東京都 アカさん@HONDA Gold Wing Tour DCT】
2018_11_28_15_04_31_01.jpg


【東京都 せいこちゃん@H-D FLHXS】
2018_11_28_13_24_37_01.jpg
本日はありがとうございました!
とにかく小さく旋回したい。
上手になりたいのは、公道で安全に運転できるようになる為ですが、教えを素直に再現できるようになりたいです。
また宜しくお願いします!


【千葉県 あかぬんさん@BMW F700GS】
2018_11_28_13_24_56_01.jpg


【千葉県 ニシサン@H-D ダイナ105Anv.】
2018_11_28_13_25_04_01.jpg
自分としては、格段の進歩だと思います。
繰り返し練習・意識してライデングを実践し、安全でカッコ良いライダーを目指します。


【東京都 ダダさん@H-D FLHTK TC】
2018_11_28_13_24_46_01.jpg


【神奈川県 オクちゃん@H-D FLHX】
2018_11_28_15_04_17_01.jpg


【神奈川県 ゾロさん@BMW FLSS】
2018_11_28_13_38_21_01.jpg


【神奈川県 しぃちゃん@H-D FLSS】
2018_11_28_15_01_57_01.jpg
レッスン会、お楽しみ様でした。
最近の私は初心を忘れテクニカルな部分でだいぶ雑になっていました(>_<)

トムさんが教えてくれる「正しい理論知識と練習をちゃんと積み重ねてこそ安全に走る事が出来るライダー」
これを目的として私はレッスンやツーリングに参加していたのに、いつのまにか「速く走れる様になる事!」が目的となっていたなぁ~っと調子に乗っていた自分がとても恥ずかしいです。

安全にクイックで曲がるなどちゃんとした技術を持った上で結果的に速く走れる事はあっても、自分の技術を過信してスピードに乗るということはスピードに慣れているだけであり、大変リスキーな行為、
頭でわかってはいてもレッスンなどに出て自分の技術のダメ出しをしてもらわないと気づけない事は沢山あると思いましたし、頭でわかってはいても腑に落ちてないから技術に反映されてないわけでして、、、

「初心忘るべからず!!」これからもレッスンやツーリングに参加して技術をきちんと身につけ安全に楽しくバイクを楽しむライダーであろうと身の引き締まる思いを感じたレッスン会でした。
トムさん、スタッフのユウさん、モッさん、いつもご指導ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。


【東京都 トガちゃん@H-D ロードグライド】
2018_11_28_13_25_14_01.jpg


【神奈川県 ひろひろさん@HBMW S1000RX】
2018_11_28_15_04_56_01.jpg
レッスン会では大変お世話になりました。
6月からおかげ様で3回目のレッスン会参加になり、初めての時とは全く違う感覚でまた余裕をもって走れるようになりました。
しかし新しい課題、表現の難しい疑問が次々たくさん出てきました。
公道ではできない転倒をした際など、バイクへの入力と新たなバイクの挙動に戸惑ったり、疲労のせいか自分の体を思うように操作できなかった時の対処など、奥が深くて大変大変面白いです。

西伊豆ツーリングは初めてのマスツーリングですので、超初心者クラスでツーリング入門させていただきます。
楽しみにしておりますので、またたくさん教えてください。
バイクの蘊蓄わかってもわからなくてもたくさん聞きたいと思っています。
では本当にありがとうございました。


【千葉県 はるみちゃん@H-D アイアン1200R】
2018_11_28_15_04_23_01.jpg


【東京都 Tさん@H-D FLHX】



そして、今回のスタッフ3名!

自撮りにてご紹介!!

2018_11_28_16_08_37_01.jpg
ユウさん、モッさん、トム・・・でした!




回も安全な広大な会場を終日目いっぱい走りこみ、
普段体感できない車体の挙動を感じていただけたことでしょう!

上手くなれるかな?と不安な気持ちで初参加された方も
いらっしゃったと思います。

一日レッスンを通じて今までの自分は何だったのかと
思えるくらい上達されて帰っていかれる方が増えている
ことがとても嬉しく感じます。

ライディングとは、出来る、出来ないではなく、
誰でも正しい練習方法を知り実践すれば短時間で上達します。

そして、上達すると、違う景色が見えてきて、
ますますライディングが楽しくなります。


ぜひ、レッスン会ツーリングなど
ライブ企画を積極的にご利用いただき、
いつまでも安全で幸せなバイクライフを過ごしていただければ、
これ以上の喜びはありません。


文責:トム

| レッスン会 | 18:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【レッスン会レポート】1Dayレッスン会“コーナーリング編”in 埼玉

東北道・浦和・岩槻インターそばの好立地!


“3次元コーナリングフォーム”を身につけ、

“後輪の一輪車感覚で曲がる”を体感するレッスン会



11月17日(土)都心至近の広い会場で終日レッスン!!

1Dayレッスン会“コーナリング編” in 埼玉”


~上手くなりたきゃ、

   ツーリングライダーズに行こう!~



2018_11_17_10_16_06_01.jpg
安全で広大な会場で終日心置きなく練習カリキュラムをこなす!

それが、1Dayレッスン会の醍醐味!!


2018_11_17_15_30_47_01.jpg
しかも、今回はコーナリグに焦点をあてて
今までやっていない新しいカリキュラムにチャレンジ!!


2018_11_17_11_39_41_01.jpg
コーナーリングの肝”3次元コーナリングフォーム”をわかりやすく解説!

TRでしか教えていない原理原則に基づいた後輪の一輪車感覚を身につけよう!!




み渡る秋空に恵まれた埼玉会場で、
1Dayレッスン会が開催されました!

“3次元コーナリングフォーム”を使い、
“後輪の一輪車感覚”で自在に操る快感を体感!と題した、
大好評のレッスン会“コーナリング編”

“3次元コーナリングフォーム”の最終目的は、
シート上でライダー上体の荷重位置の移動だけで、
自在に旋回半径、ライン取りをコントロールできるようになること。


今回のレッスン会では、「後輪を一輪車」のように
シンプル・簡単に、そして安全に向きを変えるコーナリング法

“後輪の一輪車感覚”を体感してもらいました。

大きく重たいバイクでも、
荷重移動だけで自在に操る快感を覚えた参加者たち!

そのレッスン会レポートをごらんください。



【レッスンメニュー】

トライカーナ:現状実力把握

ブレーキング:リア、フロント、両ブレーキ、ブレーキの役割を体感!

乗車フォーム:自分の思い通りのラインで旋回する正しいコーナーリングフォーム!

定常円旋回:後輪の1輪車感覚を体感する!

8の字走行:後輪荷重の移動で切り返す!

オーバル旋回:上体傾斜の荷重移動で曲がる!

オフセットスラローム:2種類のターンを身に着ける!

パイロンスラローム:本日の総仕上げ!

トライカーナ:今日の成果を試す!




↓↓↓↓今回の写真はこちら!↓↓↓↓



自分のお気に入りの写真をお探しください!

各課題ごとにご自身のフォームを客観的に見て今後の練習に役立てて下さい!




2018年11月17日(土)

真っ盛り、赤く染まった木々が日光に反射し美しい…
澄み渡る青い空、風もなく穏やかな秋晴れの最高のトレーニング日和!

2018_11_17_09_11_29_01.jpg
旋回を極めるべくお集まりいただいた17名の参加者たち!

新しい旋回感覚を覚え、
高い次元のライディングを実現していってください!



★効果測定★~トライカーナ~(レッスン前)

のごとの上達には、今の実力を計測することが必要です。

実力を数値化することで、
上達の有無、欠点・課題が客観的に見えてくるからです。


トライカーナのタイムアタックに挑戦していただき、
自身の実力を把握して頂きました!

2018_11_17_08_48_01_01.jpg
トライカーナは闇雲に飛ばしても、
無理をして突っ込んでいってもタイム短縮につながりません。


2018_11_17_08_51_41_01.jpg

2018_11_17_09_21_19_01.jpg
ひとつひとつの操作を丁寧に精度高く、
連続して行うことが必要です。


※注意!音が出ます!





イムアタックが終わったら、集合いきなりTR恒例のご挨拶・・・

初参加の方もいますけど、元気よくお願いしますね・・・

「みなさ~ん、お元気ですか〜!?」

TRのレッスン会へようこそ!!

2018_11_17_09_36_23_04.jpg
みなさん、走りのスイッチ入りましたでしょうか?(^^)

一日よろしくお願いします!


2018_11_17_09_39_33_04.jpg
今回のスタッフ・・・ユウさん、
どんな車両も乗りこなす、玄人ライダーです!


2018_11_17_09_43_44_01.jpg
時折、ポイントを掴んだ気づきが好評のモッさん


2018_11_17_16_17_07_01.jpg
午前中に仕事を切り上げ、午後からサポートのもっちー
今回も、セミプライべート形式のレッスンもっちー道場は大盛況でした!


以上スタッフ4名で皆さんの練習をお手伝いさせてもらいました!




★ブレーキング★

くのライダーが、ライディングで恐怖心を覚える本当の原因は、
速く走れないのが原因ではなく、
その速度をコントロールできないブレーキング技術の未熟さが原因です。

つまり、ブレーキング技術を上達させることで、
速く、バイクらしいメリハリある走りを実現できるだけでなく、
ライディングにおける安全マージンを手に入れることができるのです。


2018_11_17_09_55_02_yuu.jpg
今回は、リアだけの急制動、フロントだけの急制動
そして、前後両方をしっかり使った急制動を違う速度から行い、
目標地点で停まる練習を繰り返し行っていただきました。


2018_11_17_10_16_11_01.jpg
ニューマシーンで登場のKenさん
大きな車体でもブレーキング技術の向上でガッチリ停止させられます!


2018_11_17_10_22_50_04.jpg
こちらもSSニューマシンで参加のカズさん
強力なフロント制動力で、リアタイヤが浮き上がるほどです!


2018_11_17_10_16_13_01.jpg
てっちゃんまでもがニューマシン!
しかもスーパーチャージャー付のモンスターマシンです!!


2018_11_17_10_23_24_04.jpg
重たいハーレーだからこそ、しっかりしたブレーキ術を身に付けていただきたい!


安全な会場ならでは、公道ではできない領域でも練習していただける。

ブレーキング練習はやればやるだけうまくなりますので、
日頃の市街地走行でもぜひ繰り返して欲しいです。


ブレーキは難しくないですが、身につけた恩恵は計り知れないので、
ぜひ短期間で身につけてくださいね!





★乗車フォーム★

 ~正しい旋回フォームでバイクを操る~


晴らしいパフォーマンスを常に出し続ける一流プロスポーツ選手が、
美しく、理にかなったフォームをしているように、
バイクのライディングでも乗車フォームはとても重要です。

初めに間違った効率の悪いフォームを身につけてしまうと、
いくら練習をしても、決して一定以上の成果は現れません。



2018_11_17_10_47_37_04.jpg
正しいフォームをご説明、まずは「知っている」状態になっていただきます。

自分のイメージと、実際のフォームの各ポジショニングには、
けっこうギャップがあるものです。


2018_11_17_10_59_17_01.jpg
自身のフォームポジションを客観的に知るためには、
特定の車体と身体の部位との位置関係を覚えておくと良いです。


2018_11_17_10_59_46_01.jpg
停まっているバイクの上では、誰でも憶することなく
正しいフォームを確認することが出来ます。


正しいフォームを身につければ、自然にバイクは旋回してくれます。




★定常円旋回★

 ~後輪の1輪車感覚を体感する!~


こからは本日のコーナーリングの肝!
旋回の練習を徹底的に行います(^^)

左右へのシート荷重することによって、
セルフステアリングが発生しますので手は添えるだけ。


後輪を中心に旋回する一輪車感覚を身に付けます。

この練習で大切なのは、その感覚を「感じる」こと、
シンプルな練習ですが、シンプルゆえに難しいのです!


2018_11_17_11_40_48_01.jpg
無駄な力が抜けた女性特有の素直なはるみさんのターン


2018_11_17_11_39_54_01.jpg
早速3次元コーナリングフォームにチャレンジするアッキーさん、
旋回性が高まったのがおわかりですか?


2018_11_17_11_39_34_01.jpg
旋回方向への顔の向きがすばらしいマティさんの旋回フォーム


※注意!音が出ます!





★8の字走行 ★

 ~後輪荷重の移動で切り返す!~


常円旋回でシート荷重で旋回することを感じたら、
今度はその荷重を左右に移動することで切り返してみましょう!

これが、他に何もしなくても、
大きく重たい車体が一瞬で向きを変える入力方法なのです!

はじめは、体重移動と言われても恐くて腰が引けていましたが・・・
お尻の荷重を左右旋回方向に正しく移動させる練習に
果敢にチャレンジされていました。


2018_11_17_12_05_36_01.jpg
旋回方向にしっかりと体を預けて上体傾斜して旋回するサコさん


2018_11_17_11_40_03_01.jpg
力感のないフォームで重量級ハーレーツーリング車を操るヒロさん


2018_11_17_11_39_30_01.jpg
恐がらずに上体を旋回方向に預ける安定した旋回のTさん


※注意!音が出ます!





★ランチタイム★


れない低速練習は体力だけではなく、意外と集中力をすり減らします。

午後も楽しく厳しい?!練習は続きます。

午後に備えて英気を養いましょう・・・


2018_11_17_12_53_53_01.jpg
スタジアムをバックに集合写真を撮ったら午後の練習を始めましょう!

晩秋のこの頃、午後になると早くも日が傾いてきますね。




★オーバル旋回★

~上体傾斜の荷重移動で曲がる!?~


ーバル旋回練習の目的は、ただなんとなく曲がるのではなく、
左右への上体傾斜による荷重移動を旋回のきっかけとして、
セルフステアリングを引き出し向きを変えていくこと。


旋回性の高い現代のマシンですが、
このシンプルな動きと二輪の原理を理解し、
旋回性を高めていく練習です。


2018_11_17_13_15_44_yuu.jpg
旋回出口に向かって目線、上体の捻転、傾斜が素晴らしぃちゃん


そしてもう一つの注意点は、
180°車体の向きが変わってから加速させて立ち上がること!

ともすると車体の向きが完全に変わる前のターン後半で
加速して立ち上がろうとしますが、
それではラインを膨らませてしまいます。

公道ヘアピンカーブだと、オーバーランしてしまう原因になります。

車体の向きが完全に変わるまでは、
ステアリングを切ったまま加速は我慢、
完全に向きが変わったら加速するようにします。


2018_11_17_13_17_01_01.jpg
ターン脱出で膨らむことなく素早く、小さく向きを変えること

2018_11_17_13_17_43_yuu.jpg
そして直線を長く取り、安全なその直線部分でしっかり加速し減速する、
より実践的で公道向きの走りを目指します!


2018_11_17_13_16_11_yuu.jpg
後輪中心に向きを変えるバランス良いえいちゃんの旋回!


※注意!音が出ます!





★オフセットスラローム★

~2種類のターンを身に付ける!~


フセットスラロームでは、
コース前半でターンとターンをS字に繋ぐ走り方を体験。

ライダーがやることといえば、
シート荷重を切り返しの瞬間に左右に入れ替えることだけです。

切り返しの瞬間を挟み、常に旋回している状態、
加速減速区間がほとんどないので、旋回速度はほぼ一定です。


一方で、コース後半では、
ターンで膨らむことなく素早く小さく向きを変えること。

なんとなく曲がるのではなく、直線を長く取り、
安全なその直線部分でしっかり加速し減速する、
より実践的で公道向きの走り

2つのターンの違いを理解していただきました!


2018_11_17_14_32_53_01.jpg
丁寧にターンをクリアする参加者たち、左右基本旋回の繰り返し、
バイクを傾けるのではなく荷重移動で曲がるのです!


練習を続けると、参加者たちのラインが、
理想的な一つのラインにほぼ収束してきます。

車種に関わらず、同じラインを同じ半径で旋回する
メンバーたちの走りを以下ご覧あれ!

2018_11_17_14_33_29_01.jpg

2018_11_17_14_33_37_01.jpg

2018_11_17_14_33_54_01.jpg

2018_11_17_14_34_13_01.jpg
それぞれの目線方向も同じなのにも注目!


※注意!音が出ます!





★本日の総仕上げ・パイロンスラローム!★

場いっぱい使って、心置きなく走っていただきましょう!

早く走ることに集中するのではなく、 一つ一つのターンを
「減速」「旋回」「加速」の3アクション確実にクリアしながら、
上手くライン取りをすることが大切です。


集中を切らすことなく、楽しく最後の課題に取り組んでいただきました!


2018_11_17_15_30_55_01.jpg
大小さまざまなスラロームターンを織り交ぜたコースを駆け抜けるのは
純粋にとても楽しいものです!


2018_11_17_15_30_16_01.jpg
コース中の低速セッションは難易度が高かったですね・・・
ダイナミックにターンを繰り返すナンチャンの小旋回ターン!


2018_11_17_15_31_09_01.jpg
次のコーナーを見据えてコーナリング挑むひろさん


2018_11_17_15_32_49_01.jpg
気持ちいい気候の中、最後の最後まで休むことなく練習励むカズさん


2018_11_17_15_32_58_01.jpg
中高速コーナリングセッションもでは、
より実践的なコーナリング練習ができます!


2018_11_17_15_29_35_01.jpg
パイロンスラロームは、ライン取りが大切
進入ラインを間違えてしまうと、
以降のライン取りが難しくなってしまいます。

これって、ワインディングといっしょですね。


※注意!音が出ます!





★効果測定★~トライカーナ~(レッスン後)

日の練習カリキュラムをすべてこなし、
さあ、どれだけ上達できたのか測定して確認してみましょう!


2018_11_17_15_55_51_01.jpg
トライカーナ第3右ターンからの立ち上がり、
てっちゃんスーパーチャージャーマシンが唸りを上げます!


※注意!音が出ます!



2018_11_17_16_17_12_01.jpg
参加者のみなさん、お楽しみ様でした、
本当に気持ち良く、充実した一日でしたね!

名残惜しいけど、エンディングです!


2018_11_17_16_17_30_01.jpg
タイムアタック終了後、
モッさんから結果発表させていただきました!

果たして結果はいかに・・・


今回トライカーナ効果測定でタイム短縮し、上達された上位者は・・・・


第3位は。。。

ハーレー軽量車での特性をうまく使ってタイムアップ、
5.2秒短縮の初参加のアッキーさん


第2位は。。。

最近、ツーリング&レッスン会の地道な参加が功を奏し、
5.3秒短縮ヨシさん


そして、今回の1位は。。。

朝のタイムを6.0秒も短縮
1日で別人になってしまったこちらも初参加のTさん

2018_11_17_16_21_54_01.jpg
タイムアップTOP3、Tさん(中)、アッキーさん(左)、ヨシさん(右)


2018_11_17_16_21_00_01.jpg
嬉しそうな笑顔のTさん

ご本人曰く、この翌日に大型二輪免許の卒検らしいですが、
結果はいかがだったでしょう・・・気になります。

ちなみに、すでにハーレー注文済だそうです・・・爆!



トライカーナでは、車種特性や経験によってタイム差が出てくるので、
タイムを比べることにあまり意味はありません。

しかし、ご本人たちの名誉のためにも、
栄光のTOP3をご紹介し、素直にトップタイムを称えましょう!


今回の第3位。。。

スーパースポーツの軽快さを存分に生かしたカズさん


そして、堂々の第2位入りしたのは。。。

モッさんのアドバイスが効いたか、
キレキレの走りを見せてくれたえいちゃん


そして、栄光の第1位は。。。

文句なしの定位置、
すべてにおいて完成度高い走りで驚かせたてっちゃん!

2018_11_17_16_25_33_01.jpg
栄光のTOP3、てっちゃん(中)、えいちゃん(左)、カズさん(右)


2018_11_17_16_24_08_01.jpg
ハイパワーマシンを手な付けて、
初めてTRトライカーナ10秒台をたたき出したてっちゃんです^^




★エンディング★

葉美しい澄んだ秋晴れの中、
最高の会場ロケーションと、素敵な仲間にも恵まれ、
今回も本当に密度の濃い一日でした!

今回上達したライディング技術で、
けして公道を同じように走らないでください。

今回の上達分は安全マージンの余裕にとっておいて、
今までどおりの走りをしてください、お願いします!



2018_11_17_16_28_29_01.jpg
では、最後はツーリングライダーズ流に終わりましょう!


2018_11_17_16_26_41_yuu.jpg
1日一緒に汗を流した仲間たちと熱い握手とハグで感謝と敬意を表します!


とても充実した一日でした。

次回のツーリング、レッスン会でまたお会いしましょう!




初は戸惑い、上手く出来なかった課題も、
「意外と乗れるじゃん!」と思うほど上達したのではないでしょうか?

実は、バイクのライディングって難しくないんです。

最初はやり方がわからないから怖いけれども、
正しい練習を繰り返すことで、
誰でも同じように上手くなることができるのですね。

だから、レッスンで学んで上手くなった自分を信じて下さいね。

練習を続けていくと更に上手くなって楽しくなりますから!

もし壁にぶつかったら...
メールサポートLINEサポートを存分に利用してくださいね。


~上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!~




後に、今回の参加者をご紹介します!★

年配者だって、女性ライダーだって、アメリカンバイクだって、
安全で上手なライディングには全く関係ないんです・・・

同じ二輪車、原理を理解し、正しい練習をすれば、
誰だって思うように操ることができる・・・

彼らはそれを証明してくれました!


【神奈川県 ひろさん@BMW S1000XR】
2018_11_17_16_11_55_01.jpg
今年4月に普通二輪免許、5月に大型二輪免許を取り、6月頭に自宅に納車されたBMWの大きさ重さに圧倒されて参っていましたが、思い切って6/24富士吉田の1Dayレッスン会に参加して、初めて何とか乗っていける自信がつきました。
その後は7月から暑い中でもほぼ毎週箱根と富士五湖の峠道やハイウェイを走り、バイクを始めた楽しさに浸ることができました。
これも1Dayレッスン会のおかげです。

今回二度目の参加で、前よりは後輪の一輪車感覚等の課題を意識して取り組めました。普段路上ではなかなか思い切った上体移動ができなったのが、広い練習場では安心して行うこともできました。
またところどころでいただくアドバイスは、シンプルですがとてもとても響きました。

自分のバイクを信頼して余計な力を入れずに走れるようになるには、このような広い場所での練習は最高です。
ありがとうございました。


【埼玉県 カズさん@HSUZUKI GSX-R1000R】
2018_11_17_16_10_34_01.jpg


【群馬県 おぎちゃん@H-D FXSB】
2018_11_17_16_12_09_01.jpg


【東京都 マティさん@H-D ロードキング】
2018_11_17_16_12_00_01.jpg


【東京都 えいちゃん@BMW R1200RS】
2018_11_17_16_10_52_01.jpg
今回もお世話になりました。
天気も良くて十分に講習に打ち込めました。

ユウさんのアドバイスで後輪荷重を深めるために座位置を調整し、後ろ寄りに移していくと、あるところでピタッとハンドルが
軽くなるポイントが見つけられました。
あともっさんに教えてもらったターン内側の肩を上げてから落とすきっかけ作りがツボに入りました。

この二つのことで体をターン内側に傾けられて、後輪に乗っている感覚が強まったのと同時に前輪が内側に切れて軽い感じで体の真下に戻ってくるのを実感できました。
これが最後のトライカーナでのタイム向上に繋がったと思います。
この感覚を忘れないように意識してライディングしたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いします。


【東京都 トガちゃん@H-D ロードグライド】
2018_11_17_16_12_05_01.jpg


【群馬県 Kenさん@BMW K1600B】
2018_11_17_16_11_01_01.jpg


【新潟県 たかちゃん@H-D FLHTK】
2018_11_17_16_11_48_01.jpg


【東京都 Tさん@YAMAHA ドラッグスター】
2018_11_17_16_11_45_01.jpg
今日はとても自信につながりました。
久しぶりのバイクで、右折でも、ビビりまくりでしたが、帰りはとてもスムーズにできました。
これで、安心安全に走れます。
練習はとても疲れましたが、習得の多い一日となりました。ありがとうございます。
また、ハーレーで参加します。


【愛知県 ヨシさん@H-D XL1200C】
2018_11_17_16_10_27_01.jpg


【新潟県 アッキーさん@H-D XL883N】
2018_11_17_16_10_39_01.jpg


【東京都 たくさん@H-D FXDBB】
2018_11_17_11_01_51_01_20181118133351bea.jpg


【新潟県 ナンちゃん@BMW R1200RT】
2018_11_17_15_31_33_01.jpg
トムさん、ゆうさん、モッさん、もっちさん、皆さんお楽しみ様でした。
今日は、基本とはいえ、左右への重心移動の連続で普段の運動不足がバレバレで、最後はヘロヘロでした。
でも、モッさんのアドバイスや、もっちーさんの後ろに付いての走行は、得るもの有りでした。
何より、ゆうさんの「下町ロケット」をいつも見てるよ、とのコメントは、些か関わりのある私としては、嬉しい限りでした。
今回が、今年の最後のライディングになりそうですが、来年もまた宜しくお願いします。


【神奈川県 てっちゃん@KAWASAKI H2SX】
2018_11_17_16_10_20_01.jpg


【岐阜県 ヒロさん@H-D ロードキング】
2018_11_17_11_00_46_01.jpg


【神奈川県 サコさん@H-D エレクトラグライドウルトラクラシック】
2018_11_17_16_10_11_01.jpg
トムさん、皆様、先日レッスン会に参加させて頂いたサコです。ありがとうございました。

半日程度でエレクトラグライドで片手で8の字が書けるようになったので本人自身非常に驚いています。
また、やはりなかなか倒せなかったUターンなどにおいても、体を先に倒してしまうと意外と倒せ、フルロックに近いターンができるようになったのも驚きでした。ありがとうございます。

ブレーキングについては、どの速度からのF、Rまたは両方のブレーキングでどの辺りで止まるのかの感覚と経験が全くなかったので、激しく停止線を前後しておりましたが、これもよい経験になりました。
追い追い自分の制動距離を探していこうと思います。


【千葉県 はるみさん@H-D アイアン1200】
2018_11_17_16_10_46_01.jpg




回も安全な広大な会場を終日目いっぱい走りこみ、
普段体感できない車体の挙動を感じていただけたことでしょう!

上手くなれるかな?と不安な気持ちで参加された方も
いらっしゃったと思います。

一日レッスンを通じて今までの自分は何だったのかと
思えるくらい上達されて帰っていかれる方が増えている
ことがとても嬉しく感じます。

ライディングとは、出来る、出来ないではなく、
誰でも正しい練習方法を知り実践すれば短時間で簡単に上達します。

そして、上達すると、違う景色が見えてきて、
ますますライディングが楽しくなります。


ぜひ、レッスン会ツーリングなどのライブ企画を積極的にご利用いただき、
いつまでも安全で幸せなバイクライフを過ごしていただければ、
これ以上の喜びはありません。


文責:トム

| レッスン会 | 18:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT