FC2ブログ

ツーリングライダーズ情報館

合言葉は!・・・“上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!”

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第18回 カート専用コース貸切1-dayレッスン会 in 潮来(2013.11.9)

首都圏からのアクセス良好!


念願のサーキットレッスン会がついに実現!


“公道ワイディングを安全に快適に、

  そして楽しく走るためのレッスン会!”




~上手くなりたきゃ、

  ツーリングライダーズに行こう!~



“カートコース貸切1dayレッスン会 in 茨城”
 




2013_11_09_12_56_16_yuu.jpg
遂に実現しました!サーキットを終日貸し切ってのレッスン会!!
TR流“非日常空間”! の新たなステージです!





2013_11_09_18_06_23_01.jpg
公道ワインディングに酷似したカート専用コースを心おきなく走る!






ツーリング先でのワインディングのライディングで、


 なんだか上手くワインディングが走れない・・・

 対向車や、オーバーランの恐怖が拭えない・・・、

 そもそもワインディングをどのように走っていいのかわからない・・・

 でもワインディングの走り方って、教習所では教えてくれない・・・


そんな風に思っていませんか?


でも、公道を占拠しての集中練習は御法度であり、

なかなか、課題を持って、集中し他練習ができないのが実情です。



そのため、以前からTRでは、

公道ワインディングに見立たサーキットコースで、

つまり対向車や多くの危険要因を排除した安全な環境の中で、

終日集中して練習機会を考えていました。


そして今回、ついに念願の練習環境をご提供することが実現しました!



つまり今回は

公道ワインディングを安全に快適に、

楽しく走りたいライダーたちのために実践の場として、

このサーキットレッスン会は位置付けられているのです!!






2013_11_09_09_33_04_yuu.jpg 
緊張感と、期待感の中、レッスンは始まりました!







【レッスンメニュー】


・正しいライディングフォームとは!?
-乗車フォーム



・実践ブレーキング術を身につけよ!
  -ストップ急制動
  -連続加減速急制動
  -片手急制動



・加速・減速・旋回・切返し!ライディング基本4要素が凝縮!
  -8の字走行



・“ミドル‐アウト‐イン”のライン取りを体感する!
  -V字コーナリング



・苦手の右コーナリングを克服する!
  -右コーナリング



・ワインディングを想定して走る!
  -コース走行








↓↓↓↓今回の写真はこちら!↓↓↓↓




自身のフォームはそうぞうどおり!?それとも・・・

参加者各位はお気に入りの写真をお探しください!







2013年11月9日(土)

【レッスン会場】


今回は、TR初サーキットコースでのレッスン会として、

茨城県潮来市内、イタコモータースポーツパークにやってきました!

通常レーシングカートしか走れないJAF公認カート専用サーキットコース

TRのためだけに終日お借りして

公道ワインディングを、安全に快適に、

そして楽しく走るためのレッスン会を開催しました!



台風の当たり年とあって、天候の心配もありましたが、

薄曇りながら、ドライコンディションでのレッスン日和となりました!




2013_11_09_09_12_34_01.jpg
こんな、コース設備を、終日20名余で独り占めしてしまう贅沢な練習!




サーキット走行がはじめての方も多く、

緊張の面持ちで来場された方も多かったですね・・・




2013_11_09_09_37_55_yuu.jpg
ピットの上に上って、コース全体を確認しましょう!





さあ、それでは、ツーリングライダーズらしく、朝から元気に始めましょう! 



2013_11_09_09_41_55_04.jpg 
今回はすえちゃんと一緒にごあいさつ! 




2013_11_09_09_46_21_01.jpg
いつも存在感のあるユウさんがいると、参加者の安心度合いが違います。 




2013_11_09_09_46_15_yuu.jpg 
最近はすっかりなくてはならないスタッフになってきたモッさん! 




2013_11_09_09_46_48_01.jpg 
茨城のレッスン会にはまっちゃんの存在かかせません。
今回もまっちゃんゲキが飛ぶか!?




2013_11_09_09_48_51_01.jpg 
今回のレッスン会の開催実現に大変ご尽力いただいたいーえふさん・・・
走行前に、ユーモア交じりでサーキット走行の注意事項の説明をしていただきました!




2013_11_09_09_50_01_01.jpg 
リピーターのなんちゃん、すぎちゃん、かべっち、ののやんは余裕の表情! 





2013_11_09_09_56_23_yuu.jpg 
さあ、ブリーフィングが終わったら、さあ、走りだしましょう・・・
サーキットに並ぶバイクの列、壮観ですね・・・






★カリキュラム1「正しいライディングフォームとは!? 」


素晴らしいパフォーマンスを常に出し続ける一流プロスポーツ選手が、

美しく、理にかなったフォームをしているように、

バイクのライディングでも乗車フォームはとても重要です。


この初めのフォーム作りの段階で、

間違った効率の悪いフォームを身につけてしまうと、

いくら練習をしても、決して一定以上の成果は現れません。




ここでは、正しいリーンウィズをお話し、

実際に停車させたバイクの上でその乗車フォームを取っていただきます。


参加メンバーとも一様に、

「こんなに、身体(上体)を使うものなの・・・」

と驚きを隠せない様子でした。 





2013_11_09_10_00_47_04.jpg
今回もおなじみのこのフォームを使って、サーキットを駆け巡りましょう。 




2013_11_09_10_09_19_04.jpg 
もっともっと、上体を使って・・・頭をミラーに近づけて・・・。 




2013_11_09_18_06_51_01.jpg 
ここで重要なのがニーグリップなんです。
ニーグリップで、上体とバイクの角度・位置関係を保持するのです。
 



2013_11_09_10_13_28_04.jpg
はじめてのレッスン会の方は、上体をここまでつかうとは!?と驚かれます。






★カリキュラム2「実践ブレーキング術を身につけよ! 」


多くのライダーが、ライディングで恐怖心を覚える本当の原因は、

速く走れないのが原因ではなく、

その速度をコントロールできないブレーキング技術の未熟さが原因です。


つまり、ブレーキング技術を上達させることで、

速く、バイクらしいメリハリある走りを実現できるだけでなく、

何より、ライディングにおける安全マージンを手に入れることができるのです。



今回は、実際にサーキットコースを公道に見立て、

いつものレッスン会より長い距離、公道速度域で

①急制動

②足をつかない連続加速&減速急制動

③右手一本での加速&減速急制動


の3つの実践ブレーキング練習をみっちり行っていただきました。 




2013_11_09_11_01_01_01.jpg 
加速の際には上体をこのように前傾にすると、減少しようとする前輪荷重を抑え、
車体の荷重バランスが良くなり安定するんです。 




2013_11_09_11_00_22_01.jpg
ニーグリップとハンドルに力を加えないこと、 
この片手でのブレーキング練習で身に付きます!




2013_11_09_11_03_01_01.jpg 
片手のブレーキングは、人車一体感とステアリングを自由にさせることができます。




※注意※音がでます





このブレーキ練習を公道で繰り返すことで、

ライディング上達で最も重要で大切なで、速度コントロールが短期間身に付くので、

日頃のライディングに取り入れていただきたい練習です。


ただし、周囲の交通の安全を十分に確認して行ってくださいね・・・






★カリキュラム3「8の字走行」


午前中最後の課題は、8の字走行旋回を行いました。



止まる、曲がる、加速する

バイクの基本操作が詰め込まれ、

効率的に上達ができるのがこのオーバル・8の字走行



今回は、パイロン間隔を長めに取って(25mくらい)、

旋回はできるだけ小さく曲がる・・・

要は、いつも以上に止まる、曲がる、加速するを大胆に行っていただきました!


つまり公道ワインディングにおいて、

少しの直線でもしっかり加速・減速を行う・・・

そして、日本の低速ワインディングに多くみられるヘアピンコーナーを、

小さく、確実にクリアしていくために、必要不可欠な技術・・・


それをこの8の字走行で修得してもらいます! 




2013_11_09_18_07_22_01.jpg
とてつもなく大きく、重いハーレー・ウルトラでも、
8の字走行では意外と小さく曲がれるのがわかります。




2013_11_09_18_07_23_01.jpg 
中型車は、そのホイールベースの短さを上手く利用すれば、
機敏に旋回することができます。 




2013_11_09_11_38_01_01.jpg 
コース幅があるので、旋回の初めに早めに向きを変えないと、
曲がりきれなくなってしまうので緊張を強いられますね。 




2013_11_09_18_07_28_01.jpg
目線が近い方が多いので、
旋回に入ったら、もうひとつのパイロンに目線を移動させます!




2013_11_09_11_49_01_01.jpg 
8の字走行を繰り返すことで、トラウマは解消できましたか?




※注意※音がでます









★ランチタイム★


午前中のカリキュラムが終了し、

本格的なサーキット走行を前に、まずは腹ごしらえ・・・


慣れないサーキット走行だったんで、

もしかしたら、いつも以上に疲れてしまったかもしれませんね。


そんなわけで、いつもより少し長い休憩時間をとってみました。 




2013_11_09_12_12_57_04.jpg
お待ちかねの楽しい、美味しいランチタイムです。 




2013_11_09_12_13_19_04.jpg
このメンバーたちは、それだけで盛り上がり、楽しいランチになりそう・・・ 




2013_11_09_12_13_27_04.jpg
こちらは、硬派にライディングをl語るメンバー・・・?




2013_11_09_12_13_08_04.jpg
こちらは、理論派、体育会系メンバーですね!




食事が終わったら、記念に集合写真を撮っておきましょう!



2013_11_09_12_56_16_yuu.jpg
メインストレート前のゲート下で!




2013_11_09_13_00_01_01.jpg 
そして・・・“3年B組・金八先生”的アングル!







★カリキュラム4「“ミドル‐アウト‐イン”のライン取りを体感する!」


TRが推奨する、“ミドル‐アウト‐イン”のライン取り。

そのコーナーをもっとも小さく曲がり、加速・減速を長く取れる

ライン取りをU字ではなく、V字に曲がるコーナリング方法のご紹介です。


 
m-o-i_2.jpg 




ワインディングで最もリスクのある状態とは、

バイクが傾いている状態、つまりコーナリングの最中です



上の図を見ていただけると分かりますが、

①ミドル⇒②アウト⇒③インのライン取りの方が

圧倒的にコーナリング距離が短いですね。



公道ではリスクも高まるためコーナリングで速度に限界があり、

また、コーナリング中に過激な加速もできません。


ですから、コーナリング距離が短くすろことにより、

リスクあるコーナリング時間を短くすることができ、

減速を遅らせ、より早く加速体勢に入れることができます。



公道ワインディングを安全にかつ速く走るライン取り、

“ミドル‐アウト‐イン”を体感していただきました。




2013_11_09_12_58_31_yuu.jpg
コース上の説明に真剣に耳を傾けるメンバーたち。 




2013_11_09_13_00_33_yuu.jpg
実際にラインを歩き、位置、見える風景を覚えてもらいます。 




2013_11_09_13_25_22_04.jpg
コーナーへのアプローチがライン取りの善し悪しを決めます。 




2013_11_09_13_27_01_04.jpg 
コーナーの進入・向き変え・脱出地点には各パイロンを置き、ライン取りを体感してもらいます。
向き変え地点では8の字走行と同じ・・・大きく(外から)入って小さく(内に)出る!・・・です。 




2013_11_09_13_18_37_yuu.jpg  
コーナー脱出でこのくらいインにつけて走れるか?
それがオーバーランや、対向車線へのはみ出しを防いでくれます。




2013_11_09_13_18_42_yuu.jpg
上体を低くしたコーナリングは見習っていただきたい・・・




※注意※音がでます







★カリキュラム5「苦手の右コーナリングを克服する!」


右コーナーは多くのライダーが苦手としています。


その原因として、オーバーランと対向車との接触への恐怖があります。

オーバーランしたくない心理が、早くインに付きたいと考え、

しかし、インに向かうほど対向車との接触の可能性が高まります。


結果、無意識に上体が逃げたリーンアウトになり、

荷重が抜け曲がらないだけでなく、転倒リスクが大きくなります。



解決策として、

①ニーグリップ、②向き変えをコーナーの奥で行う、③視線の使い方

の3つがあげられます。



①ニーグリップについて・・・

 
バイクには、車体本体ライダー2つの重心が存在します。


それは2つのやじろべえを重ねてバランスをとるように難しく、

軸足側でない身体の右サイドを軸にバランスを取るのが難しいからです。


だからこそ、強力なニーグリップで、

バイクとライダーの重心を一体としなければならないのです。



②向き変えをコーナー奥で行うについては・・・

早すぎる向き変えは、早くラインをインに寄せてしまい、

対抗車との接触の可能性を高め、後半のラインを膨らませてしまいます。


コーナーなりになんとなく曲がるのでなく、

できる限り、向き変え地点をコーナーの奥に持っていき、

小さな回転半径で素早く向きを変えるラインを取ります。



 m-o-i_1.jpg


③視線の使い方は・・・

視線を早く出口側に移すとラインがセンターラインに寄ってしまうため、

向きを変えるまでは、向き変え地点を凝視していき、

向きを変えはじめ、旋回に入る瞬間に視線をコーナー出口に移動させます。


これ、8の字走行の視線の使い方と一緒です。


このとき重要なのが、視点は1点でも視界は広く意識しておくこと、

これにより、対向車や、障害物などの情報を事前に察知できるからです。




2013_11_09_14_12_01_01.jpg
右コーナーは向き変えを奥にライン取ります・・・




※注意※音がでます







★カリキュラム6「ワインディングを想定して走る! 」


さあ、お待ちかね!最後のコース走行です。


本日のカリキュラムで身に付けた技術を駆使して走ってもらいました。


対向車も障害物もないコースを、心おきなく走っていただきました! 






2013_11_09_10_57_01_01.jpg 
公道で常にトップケースを付けるからと、その状態で練習するのは好感が持てます。




2013_11_09_18_07_06_01.jpg 
曲がる先に視線を向けるのは良いですねぇ・・・




2013_11_09_18_07_03_01.jpg 
上体を三次元に使っているのがすばらしい・・・




2013_11_09_18_07_02_01.jpg 
つま先まで、ニーグリップしているのがGoodです!




2013_11_09_14_23_05_01.jpg  
上体の移動が素晴らしいですね!
こうすることで、少ないバンク角でも小さく曲がることができます。 




2013_11_09_18_07_40_01.jpg 
さすが経験豊富なベテランライダー、切れ味と安定感が違います!




2013_11_09_18_07_13_01.jpg 
片手で走れることは、技術が身についているかのバロメータになります。




2013_11_09_18_07_17_01.jpg 
ライディングが無に付くと、片手でも変わらずワインディングが走れるようになります。




※注意※音がでます








★エンディング★


今回も本当に密度の濃い一日でした!


素晴らしい会場と、天気にも恵まれ、

朝から夕方まで、多くのカリキュラムをこなすことができました!


最後はツーリングライダーズ流に終わりましょう! 




 2013_11_09_16_09_07_04.jpg 
陽が短くなって、エンディングはかなりうす暗くなってきました。 




2013_11_09_16_12_26_yuu.jpg   
一日、一緒に走りまくった仲間たちに感謝の気持ちを伝えます。




2013_11_09_16_12_31_yuu.jpg 
車種は違えど、同じ練習に汗を流した仲間たち・・・
ある種のが生まれる瞬間です。




2013_11_09_16_13_18_yuu.jpg 
今回も函館からやっッて来てくれて頭が下がります・・・
また、ツーリング、レッスン会でお会いしましょう!







最初は走り慣れないサーキット走行に戸惑い、緊張されたかもしれませんが、

リスクや不安のない環境に、きっと気に入っていただけたと思います。


でも今回の練習って、ワインディングや街中で、

意識や課題を持って走れば、実践できてしまうんですね。



だから、自分を信じて日常のライディングの中に

練習を取り入れていただきたいし、

壁にぶつかったらメールサポートを利用してくださいね。



でも、一番いいのは、実際にツーリングライダーズのライブ企画、

ツーリングやレッスン会に来ていただくことです!




~上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!~







【19:00 後夜祭 in 潮来】


さて、いつもは宴会は前日に行なって、

翌日のツーリングやレッスン会の懇親を深めるのですが、

今回はいつもと志向を変え、

後泊を前提にレッスンの後に開催しました。



前日に行う前夜祭も先に打ち解けるにはいいけれど、

一緒にクタクタになるまで練習した仲間、同志たちと、

今日一日を振り返りながら、

レッスン会の話やバイク談議に盛り上がるのもいいものです! 




2013_11_09_19_10_33_01.jpg  
切り込み隊長まっちゃんによる乾杯の一声で後夜祭がスタートしました! 




2013_11_09_19_09_19_yuu.jpg 
この一瞬を待っていました!




2013_11_09_19_09_22_yuu.jpg 
今朝まで見ず知らずだった者同志も、
旧知の仲のように盛り上がれるからバイクっていいですよね。 




2013_11_09_22_51_18_yuu.jpg
ハーレートリオが終結だ! 




2013_11_09_22_58_54_yuu.jpg 
ようやく一軒目が終了しました・・・


が・・・、明日は帰るだけ、TRの夜はまだまだ続いた?そうな・・・。




参加者の皆さん・・・、

初開催のカートコース貸切レッスン会後夜祭と楽しんでいただけたでしょうか。


引き続き、“非日常空間”ツーリングライダーズをよろしくお願いしますね。







★最後に、今回の参加者をご紹介します!★


はじめてのサーキット走行だった方も多かったけれど、

ご満足いただけたでしょうか?


課題を持ってサーキットを走ることで、

公道ワインディングの走りのヒントをつかんでくれたらうれしいです。




【埼玉県 すえちゃん@H-D FXDB】 
2013_11_09_18_07_15_01.jpg 
最近低速旋回が格段に上達しましたが、あとはワインディング走行に応用するだけです。 

2013_11_09_16_26_06_yuu.jpg  

潮来レッスン会、お楽しみさまでした。
コーナーリングが苦手な僕にとっては待望の企画でした。
サーキットでしたが一部荒れた路面があり、公道に近い状況で練習できました。

DVDで見て理屈はわかっていながら、なかなか実行できなかった、
ミドル・アウト・ インの練習ができたのは最大の収穫です。

急制動でリヤタイヤを何度か滑らせてしまいましたが、
おおよその原因はつかめたので修正したいと思います。

また次回の開催を楽しみにしています。




【埼玉県 りゅうさん@YZF R6】 
2013_11_09_10_44_01_01.jpg 
バイクの性能に頼らず、丁寧なライディングをされていました。 

2013_11_09_16_27_55_yuu.jpg  

タシロさん、スタッフの皆さん、そして参加者の皆さん大変お世話になりました。
以前からこんなレッスン会を待っていました。
DVDを見たり鹿嶋のレッスン会にも参加もしてますが
やはり公道でいざてきるかといえば自信がありませんでした。
こんなに安心できる環境ならおもいっきり試せます。

そして改めてニーグリップの大切さを痛感することになりました。
これが出来ないとブレーキングにも影響して安心して次に行くための
目線を出口に向けられないことが良くわかりました。
どんなバイクでもこれらが出来れば安心して楽しくは走れることが
参加者を見てよくわかりました。

公道をにいろいろな課題を持ちながら走るヒントを手に入れることが できました。
今後も定期開催が出来ることを期待してます。

開催に尽力して頂いた方々と笑いの絶えない参加者の方々に感謝します。
ありがとうございました。 




【神奈川県 コイミさん@H-D XL883N】 
2013_11_09_10_42_01_01.jpg 
ライディングフォームの美しさが特徴、参考にされてみてください。 

2013_11_09_16_24_33_yuu.jpg

スタッフの皆様お疲れさまでした。
レッスン会に参加のみなさん“お楽しみ様”でした!

今回のレッスンは低速コントロールの応用とはいえ、カートコース貸切!!
ハラハラ・ドキドキ・エキサイティング~
---こんなの初めて!!!---
ってかんじでした。

さて、課題の「ミドル・アウト・イン」
コースにパイロンの目印が在るうちは見よう見まねでなんとか...

そして最後のコース走行、パイロンが無くなったとたん???
課題山積でした。

しかし、頭では理解できてきたので後は実際のライディングが
イメージに近づくようがんばります。
ありがとうございました。





【東京都 かべっち@トライアンフ タイガー1050】 
2013_11_09_18_06_56_01.jpg 
今年は転倒歴なし!
Aチーム先頭Grも板についてきましたね・・・。 

2013_11_09_16_22_51_yuu.jpg 




【長野県 オビちゃん@VFR1200F】 
2013_11_09_18_07_18_01.jpg 
しばらくぶりの参加でしたが、あまりの上達にびっくり!しました・・・ 

2013_11_09_16_25_23_yuu.jpg  

カートコース貸切レッスン会お世話になりました。
楽しかったです。

このような場をご用意頂いた全ての方々に感謝いたします。
ありがとうございました。




【茨城県 タカさん@GL1800】 
2013_11_09_10_56_01_01.jpg 
やっぱり、低速レッスン会より、サーキットの方がGLは生き生きしていました!(笑) 

2013_11_09_16_25_02_yuu.jpg 

今回のカートコース貸切レッスン会はある程度のスピードで走れる為、
ワインディングの練習には最高でした。

超低速のレッスンだけでは、ワインディングの曲がり方、ライン取りがなかなか習得し難かったですが、
今回は今までの走り方の是非が再確認出来て良い機会となりました。
有り難うございました。

鹿嶋のレッスン会でも思ったことですが、周りの人に比べてカーブを曲がるスピードが
少し遅い様です(>ε<)?
小さく曲がろうとするあまり、スピードを落とし過ぎているのかもしれません。

それと、ハーフスロットルの時のスピードコントロールが課題です。
リヤブレーキで抑えようとするのですが、アクセル最小限でもトルクが有りすぎて
抑え切れない感じなんです。
半クラッチが必要なのかな?

色々試行錯誤してみます。
その試行錯誤がまた楽しいんですよね(^_^;
そう言う課題に気づかせてくれるTRに感謝です。

やっぱり、バイクを操る事は、楽しい!!




【茨城県 19代さん@Ninja650】 
2013_11_09_11_04_02_01.jpg 
前回の鹿嶋レッスン会に続いての参加。
この2回で格段に上達しましたね! 

2013_11_09_16_27_03_yuu.jpg  

タシロ様、スタッフの皆様
参加されたメンバーの皆様
お世話になしました。
 
諸先輩の々の「熱いバイクに対する気持ち」が、これほど素晴らしいものかと実感しました。
ハーレー乗りの先輩方が、何とスムーズにコーナーやストレートを、
綺麗に何気なくクリアしていく姿を拝見し、脱帽です。

次回のレッスン会やツーリングにも、できる限り参加させていただきたいと思います。 
色々ご指導いただき、ありがとうございました。




【千葉県 姉御@CB400SF】 
2013_11_09_18_06_58_01.jpg 
姉御、速すぎ、鋭すぎ!切れた走りにほれぼれしました!

2013_11_09_16_23_10_yuu.jpg  

カートコースレッスン会参加のみまさま
運営スタッフのみなさま
大変お楽しみさまでした!(^^)!

とってもとってもとっても楽しかったぁ!!!
課題はなかなかこなせなくて、なんとなく出来ている・・・と思いきや
タシロさん『ちっがぁ~うっ!!!』のダメだし頂いちゃった^_^;

だけど!
「かべっち」からのピンポイントアドバイスは「目からウロコ(^^)/」だったし、
「タカさん」のブレーキングは参考になったし、「CHARA G」のコーナリングは圧巻だし、
「フルさん」のスタートダッシュは感動的だし・・・(^^)v etc

今後、課題の習得はもちろんのこと、みなさんからいっぱい良い刺激を頂きましたので、
地道に密かに練習して、少しでも「しもG」「タケさん」に近づけるように頑張りマス。

最後に
ひたすらサポートに徹して頂いた「秋田さん」、ありがとうございました(*^。^*)




【埼玉県 やまちさん@H-D FLSTC】 
2013_11_09_18_07_01_01.jpg 
もう、走りはハーレーではないですね。 

2013_11_09_16_24_06_yuu.jpg 




【神奈川県 CHARA G@H-D FLSTC】 
2013_11_09_10_45_01_01.jpg
ハーレーでスポーツするとはこういうこと!?

2013_11_09_16_23_38_yuu.jpg 




【長野県 しもG @】 
2013_11_09_10_43_02_01.jpg 
GGだって走りはまだまだ現役、一級品!

2013_11_09_16_15_19_yuu.jpg




【東京都 コーチャン@BMW R1150R】 
2013_11_09_10_43_03_01.jpg 
やっぱりレッスン会はRですね・・・

2013_11_09_16_20_41_yuu.jpg




【長野県 タケさん@XLR250】 
2013_11_09_18_06_54_01.jpg 
本当に楽しそうにバイクを走らせていたのが印象的でした。 

2013_11_09_16_15_48_yuu.jpg




【北海道 ラッキーさん@VFR250】 
2013_11_09_11_02_03_01.jpg 
毎度、北海道からの参加、気合の入れように脱帽です!

2013_11_09_16_21_00_yuu.jpg 

潮来サーキット練習会は、本当に楽しかったです。
クローズドで、思い切って走れるって、あんなに楽しいのですね。
準備など大変だったと思いますが、是非また開催してください。

でも、本当に楽しいレッスン会でした。 
また同じサーキットでのレッスン会があり ましたら、
是非参加したいと思いますので、よろしくお願いします。

函館はもう大雪でつもっています。練習用に買ったGSR400も3月までは納車されないと
言うことになってしまって、せっかくのレッスンを生かすことなく冬を過ごしそうです。
では。




【埼玉県 ヨッシーさん@XJ6FA】
2013_11_09_11_05_01_01.jpg
確実にステップアップしながら、バイクも大型にステップアップしました!

2013_11_09_16_28_30_yuu.jpg 




【埼玉県 Harryさん@H-D ウルトラ】 
2013_11_09_18_07_20_01.jpg 
ウルトラだって、サーキットが楽しめたでしょう!? 

2013_11_09_16_21_41_yuu.jpg 




【長野県 ともちゃん@H-D FXDC】
2013_11_09_16_13_57_yuu.jpg
鹿嶋と今回の2回のレッスン会で飛躍しましたね・・・次回は豊橋でブレイクしましょう!

2013_11_09_18_07_04_01.jpg 




【東京都 やすさん@H-D ファットボーイ】 2013_11_09_10_58_01_01.jpg
堅実、確実な走りに好感が持てました。

2013_11_09_16_29_03_yuu.jpg 




【群馬県 toshiさん@H-D ロードキング】 
2013_11_09_11_05_02_01.jpg 
バンク角の少ないハーレーで果敢にワインディングをチャレンジしてくれました! 

2013_11_09_16_25_43_yuu.jpg 

タシロ様、スタッフの皆様
HDロードキングで初めて参加させていただいた、toshiです。

18年のブランクの後、昨年バイクにリターンし自分なりに楽しんでおりましたが、
以前乗っていたGPZとHDは乗る感覚もだいぶ違い、ネットで見つけた
「ツーリングライダーズ」に昨年申し込みました。

以前からレッスン会は気になっていたのですが、なかなか参加できずにいました。
今回初めてレッスン会に参加させていただき、
本当に楽しく、コントロールの勉強になりました。

(特にHDでのUターン、8の字など)
また最後のフリー走行はストレスの解消?(笑)

また、ツーリングも含めて参加させていただこうと思ってますので、よろしくお願いします。
お世話になりありがとうございました。




【北海道 フルさん@H-D XL1200R】 
2013_11_09_10_58_02_01.jpg 
札幌から自走で参加、お楽しみ様でした! 

2013_11_09_16_26_32_yuu.jpg




【宮城県 ボリさん@Bandit1200S】

2013_11_09_18_07_16_01.jpg  
はるばる仙台からやってきていただき、ヒントを持ちかえっていただけましたか?
 
2013_11_09_16_27_33_yuu.jpg 

スタッフの皆様
先日は大変お世話になりました。
レッスン会はとても有意義で遠くから参加した甲斐がありました。





それから、夕方わざわざ見学に来ていただいたきいさん

次回はぜひ、参加をおまちしています・・・



【栃木県 きいサン@BMW R1150RT】  
2013_11_09_16_19_59_yuu.jpg 
夕方こっそり、見学に来ていただきました!




そして今回のレッスン会運営スタッフです! 


2013_11_09_16_10_09_01.jpg
今回のカリキュラム作成にたくさんのアイデアをいただいたユウさん




2013_11_09_16_10_45_01.jpg 
動画の撮影に、レッスン指導に大活躍だったモッさん




2013_11_09_16_11_15_01.jpg
黙々と参加者の走行動画を撮影してくれたまっちゃん、
その動画が参加者各々の最高のフィードバックになることでしょう・・・




2013_11_09_16_12_01_01 1 
サーキットレッスン会実現のために、多くのサーキットに掛け合ってくれて、
終日貸し切ることができたのは、いーえふさんのご尽力につきます。

最高の練習の場をセッティングいただき、本当にありがとうございます!







今回は、カート専用コースを終日お借りしてのレッスン会でした。


初めてのサーキットでの開催ということで、

運用や課題内容に、多々至らぬ点があったかもしれません。


しかし、いつもより高い速度域での練習だったにかかわらず、

大きな事故やケガがなく終了できましたのは、

参加者各位のの熱心で真面目な取り組み、意識の高さ、

そして献身的なスタッフ各位のおかげです。


改めましてここに御礼申し上げます。



手前味噌ですが、今回の練習が、

参加者各位にとって貴重な上達の場となったと自負しており、

このような実践的ワインディングレッスン会も

低速レッスン会同様、定例化していきたいと思います。


さらに改良され、パワーアップしたサーキットレッスン会の開催を

ぜひたのしみにしていてください。


心からの感謝をこめて


               by タシロセイジ





文責:  タシロセイジ

動画編集:コジマユウゴ
スポンサーサイト

| レッスン会 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://touringriders.blog.fc2.com/tb.php/184-ce4307a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT