FC2ブログ

ツーリングライダーズ情報館

合言葉は!・・・“上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!”

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ツーレポ3】第60回購入者様限定ツーリング “TR in USA”

60 購入者様 限定ツーリング

バイク乗りにとっての天国に誘う・・・

“ライダーたちの夢をかなえる
             究極ツーリング”



~アメリカ大西部超絶景ルート

  ハーレーで駆け抜ける

    激走11321000マイルの8日間!~



“ツーリングライダーズ in USA

       
(4日目~番外編~帰国)


 日程:201453日(土)~10日(土)



皆さん、こんにちは!
最終日からは、ユウがレポートします。

2014_05_07_14_05_29_yuu.jpg 




【5月7日】



 4日目の今日がUSAツーリング最終日

今日は何曜日なんだか?

曜日の感覚がまるでない!(笑)



 朝、目覚めると随分寒いなぁと思い外に出る。

バイクのシートに薄らと霜氷がついていました。

ナント、ここの標高は1600mもあるのです。
 
日本のように峠を上っているという感覚が無く、平らな土地なので

知らずにこんな高い場所に来ているのですが、

きっと、皆さんもそう思われたに違いないでしょう。


IMG_0400.jpg 


こちらが、本日のルートです。
(今回はナビの設定が上手く行かずルートも少し変わっていたので
ルート図を起こすのが大変でした!モッさんありがとう!) 






・・・っと、その前に
USAツーリング 4日目(5月7日)に撮影した全写真はこちらから・・・
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
IMG_0400.jpg






2014_05_07_06_29_21_yuu.jpg 

ホテル前の道路から、今日も走るルート66の進行方向です。
モーテル前の道路は殆ど車は走って来ないんです!


それにしても、雲一つ無く快晴、最高の天気です。 

2014_05_07_06_29_26_yuu.jpg 

こちらは、昨日走ってきた道。


最終日ですから、気を引き締めて行きましょう!


2014_05_07_06_32_32_yuu.jpg 
このフラッグは、常設してあって、
いかにも記念写真に撮ってくださいと言わんばかりに置いてありました。




まずは、昨日聞いたデーブさんお勧めの対面のカフェでモーニング!
(他に食事出来る店は無さそうでしたけど!)


2014_05_07_07_24_46_yuu.jpg2014_05_07_06_47_30_yuu.jpg 


ウェイトレスさんが一人
だから、大勢で一度に注文すると困るからと
 モッさんと私が早めに入店する。他にお客さんは二組だった。
少しすると仲間が4人来たので、
一人分だと量が多すぎると言う事で、二人で一品を注文する。


アメリカに来て飲んだコーヒーと朝食は、ここが一番美味しかった気がします。
(満足満腹!)



2014_05_07_07_02_51_yuu.jpg 


3皿の料理を6人でシェアしました。


2014_05_07_07_21_17_yuu.jpg 


デーブさんは、一人1皿。


2014_05_07_07_21_38_yuu.jpg 


こちらも、出て来た量にビックリ!


2014_05_07_07_22_58_yuu.jpg 


カウボーイ風のお客さんが二人入ってきました。 (いいね!)



  2014_05_07_06_47_53_yuu.jpg

日本では考えられないのですが、銃販売の広告が壁に貼ってありました。 
同じ紙面にトヨタの広告も!



2014_05_07_07_47_28_yuu.jpg 


大きなフラッグが風で広がるところを撮るのに、随分連写しました。(笑)



2014_05_07_08_01_42_yuu.jpg 


ツーリング最後のブリーフィングを行って出発します。



今日もルート66が続き、セリグマンからラスベガスに向けて
約330kmの行程です。

昨日は強風に悩まされましたが、今朝の天気は最高!


最初は延々と続く、直線道路と広大で変化の無い景色
少し飽きてしまった私ですが、終わるとなると、
まだまだ走りたい と言う思いが湧いてきました。



 2014_05_07_08_04_38_01.jpg



デーブさんからの指示で、ルート66を西へ60マイル(約100km)先
ハックベリーゼネラルストアまで、いきなりフリー走行です。

今日も先頭は、ウルトラに乗る、波乗りノーヘル修行僧のモッさん

セカンド集団は、タシロ代表

しんがりは、ユウ&まりちゃんの隊列です。
(皆さん、今日は置いていかないで下さいよ~!)



<実は昨日こんな事がありました。>

 最後尾を走っていると、前を走るTORAさんのバイク
トップケースがパカッと風圧で開いてしまい
、中から3つくらいの
物が、道路に飛び散りました。約100kmで走っているので、
簡単には止まれません。 (本人もそのまま行ってしまったし!)


丁度少し先に路肩が広くなった場所があったので、そこに停まって
まりちゃんに降りて貰って”Uターン”
時速100kmで流れている場所でのUターンって、怖かったですよ!
落ちていたのは、キャップとティッシュBOXでした。

しかし、拾って戻ると坂の上で待っていてくれると思った隊列は
だーれもいない!(まじかっ!)

少しスピードを上げて追い上げながら、無線連絡するも
まったく応答なし!
信号が無いので、どれだけ先に行ったか分からない!

相当な時間を単独走行して、やっと追いつきましたけど、
ソロツーだとこんな感じで、少し寂しいんだろうなぁ!

これが、もし私のバイクトラブルだったら、と思うと
少し怖いですけどね!


この教訓は今後のツーリングに活かさなければ!

(さらに、ちょっと話が脱線しますが・・・)


時々、すれ違うライダーとは、ピースサインを交わします。
アメリカのライダーは殆どサイン出してくれますね!
我々の方が、普段出してないので、ちょっと遠慮してる人もいたかな!


そうそう、アメリカのピースサインの出し方って
とってもカッコイイんです。

スピードが出ているため、日本でするような手をあげる方法は風圧で
腕ごと持って行かれる
ため危険なので、左手(人指し指と中指)を
斜め下に、手の甲を見せるように真直ぐ伸ばすんです。


今年、絶対北海道(TRHT)で、流行らせる つもりですので、
皆さんも真似してくださいね。

(あっ、右側通行だとチョット見えずらいか!)




2014_05_07_08_17_22_yuu.jpg

2階建てのコンテナ

2014_05_07_08_10_23_yuu.jpg

左側には並行して線路があってコンテナを積んだ、長さ1マイル程もある貨物列車
並走しています。(手を振ったら挨拶してくれるってデーブさんが言ってたな!)

ホテルでも、銀河鉄道999のような警笛が心地よく聞こえました。
こちらは、トンネルが無いので、コンテナを二段積み にしても大丈夫なんだそうです。


2014_05_07_08_15_57_yuu.jpg 


見てお判りのように、今回アメリカを走っていて
渋滞に合うことはありませんでした
この道も対向車すら殆ど走って来ません。

しかしみなさん、日本の走りが身に沁みついているので
こんな広い場所に来ても、千鳥走行をして、くっ付いて走っているのです。(笑)

もっと、車間距離をとって、雄大な景色を楽しんで欲しかったのですが
離れると不安なんですかね!

でも、センターラインから車体が少しはみ出して
いる方もいたので、対向車が少し避けながらすれ違っていましたよ!


 
2014_05_07_09_12_33_yuu.jpg 

ハックベリーゼネラルストアに到着!
信号が無いので、1時間で60マイル(約100km)の距離
簡単に走れてしまいます。 





2014_05_07_09_28_22_04.jpg



ハックベリーストアではルート66グッズが沢山置いてありました。
ここでしか買えないような、レア物もいっぱいありました



2014_05_07_09_11_58_yuu.jpg 

何処を写しても絵になる ところでした。

2014_05_07_09_12_06_yuu.jpg




2014_05_07_09_14_21_01.jpg 
やまちさん、ムーさん、タカさん




2014_05_07_09_18_47_01.jpg 
左から、プレスリー、モッさん、タカさん、QSAN

今回、いろんな場所で、プレスリーをみました。



2014_05_07_09_35_43_01.jpg 

お土産、お会計中!


昨日のインディアンジュエリーの屋台のようなお店も

カードが使えるような手書きの看板がありましたけど、

こんな場所でも、ちゃんとクレジットカードが使える のが、

何だかとっても不思議でした。




2014_05_07_09_39_45_yuu.jpg 

モッさん、何時も集合写真ありがとうございました


2014_05_07_09_39_53_04.jpg 

ハックベリーゼネラルストア前で集合写真


2014_05_07_09_29_46_04.jpg  


ストア前はこんな感じで、他には何も無いんです!




次はキングマンに向けて出発。

この辺りは、路面にルート66の道路標示があって、いい感じです。

デーブさんが、少し車の来ない道に案内してくれましたので、
皆さんで撮影タイムです。


2014_05_07_10_42_17_yuu.jpg 

HISTORIC US 66

2014_05_07_10_48_38_yuu.jpg 

デジカメ・スマホにIpad、思い思いの撮影タイム! 


 2014_05_07_14_29_06_yuu.jpg


さぁルートに戻ります
次の休憩ポイントは、キングマン、西部劇に出てくるようなスポットです。
 
ここに来るまでに、初の中速ワインディング走行。
路面は舗装されていますが、我々の走行する右側が崖になっており、
ガードレールが無い ので、路肩に寄るのが怖かったです。
(崖から落ちたままの車もありました!)
 
私は最後尾を走っており、皆さん大丈夫かなぁと心配していましたが、
先導のデーブさんが対向車情報を無線で逐一入れてくれるので、
とても安心出来ました。



2014_05_06_11_14_18_GEST.jpg 

右側に下ってゆく集団が見えますか?

2014_05_06_11_12_12_GEST.jpg 

TORAさん、絶対にオーバーランしないでよ~!


2014_05_06_11_22_07_GEST.jpg  


キングマンに到着すると、離し飼い(観光用)のロバが街中を歩いています。
(道路に糞がそのままで、ちょっと匂いましたけどね!)
ココではディアスキングローブが安く買えると言う事で、18ドルくらいで
2点ゲットしました


ただし、日本人に合う小さいサイズは、数が無かったです。 



 2014_05_07_11_27_01_yuu.jpg

左から、ムーさん、やまちさん、デーブさん、もっちゃん



2014_05_07_11_28_54_GEST.jpg 

これだけの台数のハーレーが来ると、周りの観光客も注目してました!

2014_05_07_11_29_01_01.jpg 

TORA&ROBA

2014_05_07_11_30_04_GEST.jpg 

モッさん、ピンクのTがまぶしい!



2014_05_07_11_32_26_01.jpg 


ROBA、やまちさん、、タカさん、もっちゃん、モッさん


2014_05_07_11_40_29_01.jpg 
やまちさん、ともちゃん


12:00頃に観光客向けに、外で西部劇が始まるそうですが、デーブさんから
ショーのレベルが低いので、見ないで行きましょう!と言う事で出発。(笑)


2014_05_06_10_28_37_GEST.jpg

2014_05_07_10_27_58_01.jpg2014_05_07_10_23_11_01.jpg 



しばらく走ると、ルート66とは別れ、街の中に入ってきました。
ここでの給油が最後となりましたね!


ランチは大きな街に戻って来て、お米が食べられる大きなフードコートにて
昼食をいただきました。 


2014_05_07_12_46_40_yuu.jpg   


実はここに入る直前にトリップメーターBの距離表示が1000マイル丁度に
なったのです。写真に収めようと数マイル先から、練習していたのに
狙っていたところで、地下駐車場に入ったため
バックライトが邪魔して、上手く撮れませんでした!(笑)

しかし、このバックライトのLEDが凄く豪華で綺麗でした。
(何か周りが暗くなると自動的に点いていたような気がする?気のせい?)

しかし、この辺りはとても暑かった!

店内では、ファーストフードコーナ-のようになっていて、
中華料理やチャーハン・焼きそば・スープなどが置いてありました。

久々のコメ料理に皆さん期待してます。

しかし、アメリカに来て思うことは、どこのお店も店員さんの人数が少ない事
ここも、一人で注文を聞いて、トレーに盛り付け、レジの支払いまで行っていました。
最後の人が注文した頃には、先に頼んだ人は食べ終わってしまいました。

そうメンバーの中で1名、中華料理全般が苦手の方がおりましたが(笑)、
他にピザなどもあって良かったですね!

久々のお米ですが、味の方はさておいて、皆さん満足されたのでは!



2014_05_07_13_02_55_yuu.jpg 

チャーハンと鳥とナスの炒め物、卵スープ&おみくじクッキー?

2014_05_07_13_27_20_yuu.jpg   

食後、このツーリングで初めてソフトクリームを食べてみました。
何かソフトクリームに細かい氷の粒が混ぜてあるような食感でとても
冷たくて柔らかかったです。



昼食後は超高速ワインディングのフリー走行の始まりです。
似ているといえば、東名高速の足柄付近の感じに近いです。


さあラスベガスまでは、あと少し、またまたデーブさんのご厚意で今回の
予定に無かったルートを走らせていただけることになって、カリフォルニア州
にまで足を入れての、超高速ワインディングのフリー走行となりました。
これで、4つの州を走った事になります。

実は昼食後から今回初の雨がポツポツと降ってきました。
カッパは着るほどでは無かったのでそのまま走行してゆくと
高速ワインディング地帯に入ったところに濃い雨雲があって
かなり沢山降ってきたのですが、数分間走ったら止んでしまいました。
遥か先まで空が見えるので、直ぐに止むことは判っていましたけどね


2014_05_07_14_05_48_yuu.jpg 
この写真は超高速ワインディングが終わった直線部分です!


この先、この道が、とてつもなく長い直線に繋がります。
こんなにスケールの大きいT字路思わずニヤリとしてしまいます。


2014_05_06_10_41_30_GEST (1)



前方がT字路右折後に20マイル程の片側2車線の直線道路になっていて、
デーブさんから、”写真撮れますよ”って言う無線が入ったので、
パッセンジャーまりちゃんの出番です。

すぎちゃんは走行動画をは走行写真を撮りました。

後方から追い抜きながらの撮影です。
風圧に耐えて、まりちゃん頑張りました!

2014_05_07_14_11_04_yuu.jpg 
トモちゃん&FLSTC

2014_05_07_14_13_00_yuu.jpg 
動画撮影のすぎちゃん&FLHTCU
こんな時のオートクルーズいいね!(スポにも欲しい!)

2014_05_07_14_19_18_yuu.jpg 
もっちゃん&FLHLR
愛車のワルキューレに近いポジションでしょうか?

2014_05_07_14_19_26_yuu.jpg 
ピーターさん&FLSTC
チッと表情が固いですぞ

2014_05_07_14_19_33_yuu.jpg 
QSAN&FLSTFB
少し傾ポジションになっていますが、
こちらのバイクは日本人に合わせたローシートなどは
ありませんからねぇ!

2014_05_07_14_19_44_yuu.jpg 
タシロ代表&FLHR
4日間走ってみて、黒いジャケットは正解or不正解
どちらだったのでしょうか?

2014_05_07_14_20_11_yuu.jpg 
いずやん&FLHR
最後にストリートグライドに乗ってみて
どうでしたか?

2014_05_07_14_20_18_yuu.jpg 
ムーさん&FLHR
HDディーラーで借りたメットとジャケットを着た笑顔
いたずら小僧(失礼!)のようで良かったです。

2014_05_07_14_20_31_yuu.jpg 
やまちさん&FLHR
4日間も乗ったら、手足も同然ですよね!
きっと、次はツーリングモデルに乗るような気がする~。

2014_05_07_14_20_41_yuu.jpg 
タカさん&FLHR
さすが、タカさんはラクラク乗りこなす!
どうですか!白いゴールドウィングと2台目に黒いハーレーは!

2014_05_07_14_20_50_yuu.jpg 
モッさん&FLHTCU

後半ルートの先導お楽しみ様でした!


2014_05_07_14_06_17_yuu.jpg 

まりちゃん&ユウ&FLHTCU

ここまで来て、まりちゃんの紹介です!
私以外の皆さん、お初の方達でしたので、
誰なんだろうって、思っていませんでしたか?

まりちゃんがネットでトピ主をやっているツーリング仲間がユウで
TRのイソさんとも面識があり、キャンプツー仲間でもあります。
今回は撮影で随分協力して貰いました!

自身もハーレーのスプリンガーと言う車種のカスタム車に乗っています。




2014_05_07_14_33_10_yuu.jpg 


サボテンのような天然記念物の生い茂った地帯(道路の名前にもなっていた)
ここを抜けると、あちこちで、つむじ風が立っているのが、遠目から見えました。
はじめは竜巻かと思いましたよ

2014_05_07_14_47_58_yuu.jpg 

この後
ともちゃんが、目の前でつむじ風に道路横断され、
一瞬巻き込まれた時には、後ろで見ていてビックリしました!






ラスベガスのあるネバダ州に戻ってきました。



2014_05_07_15_05_59_yuu.jpg 

ネバダ州に戻って来た一行は、ちょっとトイレ休憩のあと、デーブさんの
粋な計らいで、秘密のポイントに案内してくれました。


2014_05_07_15_09_22_yuu.jpg 

入りませんでしたが、
ファッションアウトレットってどんな感じだったのかな?

2014_05_07_15_14_47_yuu.jpg



デーブさんオススメの場所は、ダートを1~2マイル程走った場所にある、
「ドライレーク」と言う場所です。湖が干上がった中を走ってゆくのですが、
タイヤ付きのヨット? などが、楽しめる場所になっているようです。



 
2014_05_07_15_29_59_yuu.jpg 


3年に1回くらいは大雨で冠水して、横の高速道路も通行止めになるそうです。
日本なら間違いなく立ち入り禁止区域にされているでしょうね!

(さすがアメリカ)


2014_05_07_15_32_03_yuu.jpg 

風がかなり強いんで、結構スピード出てましたね!

2014_05_07_15_35_55_GEST.jpg

うーん、この広さには大感動です。
普通の観光だったら、ここへは一生来られなかったでしょうね! 
まだ先が数マイルあったそうです!

  2014_05_06_15_40_47_GEST.jpg


ここで、参加者の其々の記念撮影とエンディングの撮影を行いました。
バックに何もないので、バイクが良く映えます。




【それでは参加者のご紹介と、いただきました感想です!】

2014_05_07_15_37_42_04-2.jpg 
タカさん

【感想】
大変お楽しみ様でした。

初の海外TRツー
今回は色々ありましたが、それを補って余り有る程存分に楽しめました
今まで乗った事の無いハーレーで、知らない国の道を爆走する。
こんな経験をさせてくれたTRに感謝です。

次の信号まで70マイル・・・一般道の制限速度65マイル・・・
こんな道を皆で隊列を作ってハーレーの爆音を響かせながら爆走・・・

こんな痛快な経験は初めてです。

又、アメリカの雄大さも同時に感じさせられました。
北海道のスケールを遙かに凌駕する見渡す限りの牧草地、
遙か彼方まで続く真っ直ぐな道、グランドキャニオンの
壮大なスペクタクル等々数え上げたら切りがありません。

そしてレンタルしたハーレーですが、
私はストリートグライドをチョイスしたのですが、
300マイルしか走っていないまったくの新車!!
しかも今まで乗った事の無いハーレーと言う事もあり
最初はチョットびびりましたが、想像して

いたより乗りやすく直ぐに体に馴染みました。
ハーレーが大陸横断に使われる訳が乗って実際に
アメリカの道路を走って初めて実感しました。

長距離でも疲れが少ないライディングポジション、余裕のトルク、
機械を操っていると言う独特の操作感にハーレーと言うバイクを見直してしまいました。

そして最終日に走った超高速ワインディングとガードレールの無い落ちたら
(実際、車が30m下に落ちていた・・・)即あの世行きと言う峠道は爽快で最高でした。

バイクは違っていても、TRで教わったライテクは充分通用する
と言う事も改めて実感しました。

こんな非日常を存分に経験させてくれたTRに感謝の念で一杯です。

又、慣れない地での我々を支えてくれたタシロさん、ユウさん、モッさん
そして、現地で先導し我々を楽しませてくれたデーブさんに感謝します。

やはり、バイクを操る事は、楽しい!!

2014_05_07_15_38_05_04.jpg 

(ユウより)
・タカさん、お楽しみさまでした!

初日の荷物トラブルは残念でしたけど
ハーレーの良さが判ったようですね!
って言う私も、その一人ですけど(笑)

今度機会があったら、ウルトラに乗ってみるといいですよ。(オススメです)



2014_05_07_15_38_30_04.jpg
やまちさん

【感想】
TR初の海外企画! TR in USA(TRUS2014)最高!!!

ハーレーを生み、育んだ大らかな大地をハーレーで駆け巡る。
まさにそんな日々でした。
アメリカはすべてにおいてスケールが大きく、また、大自然と呼ぶに
ふさわしい雄大な景色の連続でした。

入国審査に手間取って、予定の飛行機に乗り遅れるハプニングなども
ありましたが、そこはツワモノぞろいのツーリングライダーズ。
振替便までの空き時間を使ってサンフランシスコ観光へ。

フィッシャーマンズワーフで美味しいランチにありつけました(^^)
さすがTR。転んでもただでは起きない(^^)v

スタートからそんな感じで、他にもいろいろハプニングはありましたが
結果オーライですべてがいい思い出です。

企画を立案されたタシロ代表に感謝。
スタッフのユウさん、もっさんをはじめ参加者の皆様、有難うございました。
もっちゃん、アメリカ滞在中ずっと同室で面倒を見ていただき有難うございました。
バイクも車も大きいのが好きなもっちゃん。
毎日大きなステーキをペロッとたいらげて、ハーレーを乗りこなす桁違いのパワーには
ただただ恐れ入りましたm(__)m

そして、今回のツーリングを段取り、現地で引率してくださったデーブ山下さん、
常に参加者の希望や考えを察知して臨機応変にルートを変更するなど、
参加者を第一に考えた対応をしていただき本当に有難うございました。

海外ツーリングが恒例化しそうな予感(^^♪
次の企画もヨロシクお願いいたします。

2014_05_07_15_38_43_04.jpg 

(ユウより)
・やまちさん、お楽しみさまでした!

今回、一番楽しんでいたのが、やまちさんかなぁ(笑)
英語も解るようで、心強かったです。

モッさんかもオススメしてましたが、ストリートグライドどうですか?
(決してHDジャパンのマワシ者ではアリマセン!)

ps:テルマエロマエⅢに今度やまちさんの出演予定が決まったそうです。(笑)






2014_05_07_15_39_46_04.jpg
ムーさん

【感想】
タシロさん、ユウさん、モッさん、
そして御一緒させて頂きました皆様方、
お楽しみさまでした!
ハーレーオーナーでもなく、
日本在住の休日ライダーである私にとって今回のUSツーリングは、
正に『超非日常』の8日間でした。
雄大な絶景、乾いた風、赤い土と山、
ハーレーをハーレーらしく走らせられる大地!

“感動”と“思い出”をありがとうございました。

2014_05_07_15_39_59_04.jpg 

(ユウより)
・ムーさん、お楽しみさまでした!

初日の荷物トラブルは残念でしたけど
『超非日常』って、ピッタリな表現ですね!
フリー走行では、ハーレーでもぶっ飛んで行きましたね!
ぬ・ぬ・えマイルで追いましたが、追いつきませんでした(笑)


2014_05_07_15_40_28_04.jpg 
すぎちゃん

いやー本当、夢のような日々でした。
まずスタッフのタシロさん、ユウさん、モッさん
そしてデーブさんお楽しみ様(お疲れ様)でした。

特に大きな事故もなく安全に楽しめた事にまずは感謝。
2014年モデルの新車のハーレーウルトラでアメリカ大陸を突っ走る!
憧れではあったけどそれを現実に!それをバイク仲間と一緒に走る!
そして宿についたら汗を流して冷たいビールを飲む!最高!!
ワインはキツかった?!か(笑)

トランジット失敗でサンフランシスコ観光というオマケつきなったのも、
良く捉えればそれはそれでお得っだったかな?!

兎に角『R66を走る』ってのを憧れていた自分は感激の一言です。
次回も海外企 画第二弾期待します

追伸
リブアイステーキは『ベリーレア』で食べましょう(笑)ですよね。モッさん?!



2014_05_07_15_40_43_04.jpg  

(ユウより)
・すぎちゃん、お楽しみさまでした!

すぎちゃんも今回のツーリングを満喫していた一人。
要所要所での動画撮影ありがとうございました。

今回のメンバーで、一番ウルトラが似合っていました!


 

2014_05_07_15_41_49_04.jpg 
ともちゃん
2014_05_07_15_42_03_04.jpg 

(ユウより)
・ともちゃん、お楽しみさまでした!

デジカメ紛失、残念でしたね!
せめてもの救いはツーリング前だった事か!

ともちゃん=赤ワイン
行きの飛行機から帰りの飛行機まで常に
飲める場所では、赤ワインがありましたね!

バイクも3車種乗ったのは、ともちゃんだけでしたから
貴重な体験をしましたね!横風には大分苦労してた
ようですが、これも良い経験です。

私のパッセンジャー、まりちゃんの話し相手になってくれて、
ありがとうね!



2014_05_07_15_42_18_04.jpg
ピーターさん
2014_05_07_15_42_49_04.jpg 

(ユウより)
・ピーターさん、お楽しみさまでした!

この企画に九州から一番早く申し込みいただきありがとうございました。

久々に乗ったハーレーはどうでしたか?

九州レッスン会ではお世話になりました。

ps:テルマエロマエⅢに今度ピーターさん の出演予定が決まったそうです。(笑)


2014_05_07_15_43_15_04.jpg
もっちゃん

【感想】
タシロ代表、スタッフのユーさん、もっさん、
そして今回ご参加されたメンバーの皆様
大変お世話になり有難うございました。
10日20時過ぎに無事帰宅いたしました。

このUSツーリングの企画発表があってすぐに家族
の者に了解を取り付け、申し込み受付開始後、
即申し込みました。

海外では、かねてから行きたかったアメリカ
中でもグランドキャニオンに、しかもハーレーで
行けるなんて私にとって夢の様な出来事でした。

 
あらゆるものが想像していた以上のでっかさ、
凄さに驚くばかりでした。

ラスベガスの夜の華やかさ、大平原、ザイオン国立公園、
モニュメントバレー、グランドキャニオン、夫々のスケールのでかさに
圧倒されっぱなしでした。


皆さんとの和気あいあいの毎日、
そしてデーブさんの粋なコーディネートにより更に素晴らしい
旅になりました。

小生の一生の宝物の一つになりました。

いつまで乗れるか判りませんが、
これからも出来るだけTRに参加させていただきたいと思います。
本当にありがとうございました。


2014_05_07_15_43_31_04.jpg 

(ユウより)
・もっちゃん、お楽しみさまでした!

もっちゃんのパワフルさに、スタッフ一同、驚いていました。

やはり肉を食べないとダメですね! 

そして、いつも腰が低いもっちゃんには

私のような若造?は恐縮してしまいます。



2014_05_07_15_44_00_04.jpg
いずやん

【感想】
楽しい8日間をありがとうございました。
サンフランシスコ空港からの国内線に乗り遅れたことから始まり、
どうなることやらと思いましたが得たことの方が数倍多く、
とても思い出に残る1,000mileツーリングでした。

特にツーリング最終日のワインディング&ドライレイクの
走行はとても印象的でした。

今回参加のTRメンバーの皆さんととても仲良く過ごせた8日間であり、
企画頂いたタシロ代表とスタッフのユウさん、
モッさん及びツアコンのデーヴさんに感謝感激です。
非日常の提供をありがとうございました。
またの企画を楽しみにしています。



2014_05_07_15_44_17_04.jpg 

(ユウより)
・いずやん、お楽しみさまでした!

自販機でのアクシデント(謎!)は大変だったみたいですが
良い経験?

唯一、ともちゃんとワインやビールを五分で張り合っていたのが、いずやん!

デッカイステーキもガンガン行っちゃいました。



2014_05_07_15_44_33_04.jpg
QSAN
2014_05_07_15_44_51_04.jpg 

(ユウより)
 
・QSAN、お楽しみさまでした!

QSANの帽子スタイルがどうしても、旧日本兵を想像してしまいます(笑)

私の勝手なイメージなんですけどね!

そんな、QSANは気が付くと居なかったのに、

いつのまにかふっと現れたりと、不思議なおかたでした。

オフ車にも乗られるそうで、見識が広いですね!

本当はソロツーが好きなタイプかなぁと感じました。


2014_05_07_15_45_08_04.jpg
TORAさん
2014_05_07_15_45_24_04.jpg 

(ユウより)
・TORAさん、お楽しみさまでした!

まさか、借りた車種と同じバイクを日本で乗っているとは驚きました。

どうりでパーツを一生懸命買われていた訳です。

ツーリング中時々、パッタリとスピードダウン(50マイル以下)

することがあって、眠いのかなぁと思って無線連絡しようとしたら、

ともちゃんが80マイル位でぶち抜いて行ったので、(ともちゃん、ナイス!)

目が覚めましたでしょう!(笑)


2014_05_07_15_41_14_04.jpg
タシロ代表 
2014_05_07_15_41_27_04.jpg 

・今回は4日間通して、中段を調整しながら走っていただきありがとうございました。

 でも、結構自由に走られていた場所もあったので、物足りなくはなかったですかね!



2014_05_07_15_39_08_04.jpg
モッさん
2014_05_07_15_39_24_04-2.jpg 

・初日・二日目のしんがりサポートありがとうございました。

ノーヘルは大分寒かったようですね!よく二日間も走れたと

思います。

モッさんもウルトラに魅入られた一人ですが、

私も信号とブレーキをかけることが殆どないなら

日本でもウルトラがいいですね!


ps:テルマエロマエⅢに今度モッさん の出演予定が決まったそうです。(笑)

  以上、やまちさん、ピーターさん、モッさんの濃い顔三名を推薦します!



2014_05_07_15_45_58_04.jpg
まりちゃん&ユウ

(まりちゃん)

皆様と過ごしたアメリカは本当に楽しすぎて帰りたくなかったよ♪
怖かったけどマシンガンも撃ってみて良かった、、笑
ショーも一緒に観れて良かった☆
とにかくタシロさんデーブ山下さんをはじめ皆さんに感謝感謝です。
そして皆さんに引き合わせてくれたユウさんにも感謝。
まりは皆さんが大好きでーす(^3^)-☆chu!!
素敵な時間をありがとうございました♪

(ユウより)

まりちゃん、今回は自走する機会は無かったけど、パッセンジャーシートや
デーブさんの伴走車からの写真&ビデオ撮影ご苦労さまでした!
皆さんにたくさん素敵な思い出を作ってくれてありがとう!

2014_05_07_15_46_17_04.jpg 





2014_05_07_15_47_01_04.jpg
デーブ山下さん

2014_05_07_15_47_22_04.jpg 
(ユウより)
今回のツアー企画ありがとうございました。

 無線のガイドもあって、とっても楽しかったです!

まりちゃんは、車で個人ガイド受けていたそうで喜んでいましたよ!

この感動はツーリングじゃないと味わえないですね!

また機会があれば、TR企画を宜しくお願い致します。



日本ではスポーツスターに乗るそうですが、
きっと、原付2種くらいにしか見えないんでしょうね!(笑)





2014_05_07_15_35_07_GEST.jpg



さて、急いでラスベガスに戻りましょう!
早くバイク返却しないと!



2014_05_07_15_56_38_01.jpg 

2014_05_07_15_58_13_01.jpg 


あとはラスベガスまで約70マイル、高速道路に入るといきなり車が多くて、
我々のペースよりも少し流れが早いため、車がバンバン抜いていきます。

設定したナビの出口が近くになっても3車線目を走っているので、
少し不安になって、無線でデーブさんに確認!
結果、自動設定ルートとは違っていたようでした!


2014_05_07_16_58_15_yuu.jpg 
全走行距離1136.1マイル=1828.38km
一日平均(457km)



無事にラスベガスハーレーダビットソンに戻ってきました。
まずは、レンタルバイクの返却チェックを1台ずつ行いました。
全員がチェック「OK」を貰い、バイク返却が完了! 
 
本当は満タン返しなんですが、時間の都合でデーブさんが
ペナルティ代を支払ってくださったため、無給油で返却できたんです。


今回、いつもツーリング中、デーブさんの伴走車の
クーラーボックスにはミネラルウォーターが冷えていて
一日が終わる頃には、氷水でキンキンに冷えた瓶ビールになっていて、
降りた直後にバイクを眺めながら、乾ききった喉を潤すのが


サイコーでしたね~!

これから、1時間はディーラーでの買い物タイムと言う事で、
事前にパーツリストをチェックしていたメンバーのトラさん などは
早速、購入していました。

ハーレー乗りではない方には、ちょっとお待たせしてしまいましたが
ホテルに戻りましょう!デーブさんの車には荷物があるので、
全員が乗れないのですが、ラスベガスハーレーダビットソンのサブマネージャーが
ホテルまで車で送ってくださいました。 (Thank You!)


2014_05_07_17_24_56_yuu.jpg 

TORAさん、箱ですか?



2014_05_08_10_46_58_04.jpg 

皆さん、1台最新モデルのウルトラどうですか?
(現地だと25000ドル=250万円程度安い!でも日本に持って来ると・・・

2014_05_07_17_26_41_yuu.jpg 



初日と同じストラストフィアホテルに戻ってきました。
皆さん、トランクが少し重くなっていませんでしたか?

さぁ、汗を流したら今日の打ち上げに行きましょう

打ち上げは、到着初日に24時から食事をしたホテル内のレストラン。
夜は店員さんが、ショータイムで歌のパフォーマンス(上手い)


2014_05_07_21_03_09_yuu.jpg 
映像カメラがおかしいんじゃなくて、こんな照明なんですよ!

2014_05_07_21_04_29_yuu.jpg 


2014_05_07_21_04_36_yuu.jpg 


2014_05_07_21_52_15_yuu.jpg 


2014_05_07_21_53_24_yuu.jpg 





飲み食いが一段落したところで、デーブさんから
宿泊者は只だからホテルのタワーで
109階の展望場所に行ってみましょう!
と言うことでしたが
タワーに上るには厳重な持ち物チェックがあり、
簡単には上れません。(そこまでする必要あるかって感じでしたが!)


2014_05_07_22_27_53_yuu.jpg 


2014_05_07_22_30_12_GEST.jpg 

エレベーターに乗るまでに結構待ちました!


2014_05_07_22_47_52_GEST.jpg 



しかし、この夜景には驚きました。360度見える夜景って
見たことありますか?
街自体のネオンが鮮やかなので、余計に映えます。




2014_05_07_22_50_49_GEST.jpg 

ここは室内から見える展望ラウンジ

2014_05_07_23_02_23_yuu.jpg 
こんなアトラクションもあり

2014_05_07_23_03_03_yuu.jpg 

 

 2014_05_07_23_06_56_yuu.jpg  

 元気な皆さんは、落ちる・回るアトラクションを体験したようです。
(私は苦手なので、パス!)


では、カジノでチョットスロットやってから寝よ!

お休みなさい

2014_05_07_22_43_08_GEST.jpg 
2014_05_07_22_44_19_yuu.jpg 
2014_05_07_23_31_43_GEST.jpg 





【5月8日】

今日はスペシャルOPツアーです。

2014_05_08_09_31_35_yuu.jpg

2014_05_08_09_59_25_yuu.jpg


まずは、RED ROCK HARLEY-DAVIDSON店
ショッピング、昨日のラスベガス店よりもさらに大きくて、
グッズやバイクもいっぱい置いてありました。

ここでの目的はもう一つありました。
ここに、小磯さんと言う日本人メカニックがおりまして、この方はチューナーと
しても、世界的に有名な方で、何でもボンネビルの最高速テストの記録も持っているそうで。
この方の案内で私たち一行は普段は入れない、整備工場内の見学をすることができました。

【ヒロ・小磯氏の紹介はこちら】


2014_05_08_11_26_24_04.jpg

2014_05_08_10_18_56_yuu.jpg 

この方が、小磯さん、中々正面の写真が撮れないんです!(笑)

2014_05_08_10_19_33_yuu.jpg 


2014_05_08_10_19_37_04.jpg 
こちらが、小磯さんの作業ブース。カラフルでした。

2014_05_08_10_31_55_04.jpg 
撮影用?の看板の前で記念撮影

2014_05_08_10_37_48_01.jpg 

何故か所々に隅っこのほうなどに、日本車がありましたね!



2014_05_08_10_46_30_04.jpg 

全てのカラーラインナップが揃っているような、ディーラー側ですが

広いスペースに余裕で展示されていました。


2014_05_08_11_26_24_04.jpg 


只々、この規模に圧倒されました。
ベテラン整備士になると、自分の整備ブースが用意されていて、
お客様から指名が来るそうです。


見学の後は、ショッピング、1時間では品定めが足りないくらいでしたが、
先の予定がありますので!




2014_05_08_11_28_53_yuu.jpg 


まだ11時頃でちょっと早いんのですが、次に行きましょう!

バスで移動途中は、デーブさんがマイクで観光名所を案内してくれます。
途中で「世界一」の観覧車がありましたが、どう見てもそんなに大きくは
見えないので、遠いからかなぁーと思っていましたが、1つのゴンドラの
乗車定員が40人と言うのが世界一なんだそうです。
満員電車状態で、料金もかなり高いそうです!




2014_05_08_11_45_10_yuu.jpg 
夜はここ(ホテル ベラッジオ?)で、シルクドソレイユのショーを見にきます。

2014_05_08_11_46_57_yuu.jpg 

ハーレーダビットソンカフェに到着して昼食です。
街のど真ん中なので人が多いです。



2014_05_08_11_47_36_04.jpg 

でかっ!

2014_05_08_11_48_39_04.jpg 


2014_05_08_12_01_48_yuu.jpg 


私は朝食でホテル近くの「IHOP」で、鱈腹モーニングを食べたので
あまり食欲が無かったので、ピザだけにしました!


2014_05_08_12_38_47_yuu.jpg 


と言っても、このサイズ(フゥ~)、周りの人に少し食べて貰いました。
モッさんと、いずやんは、ガッツリとステーキ行ってましたね!


2014_05_08_12_44_37_yuu.jpg


ここでも、オリジナルグッズが売っていました。

私が気に入ったのはこれ!

CIMG6319.jpg 


25セント硬貨2枚で下の1セント硬貨を潰して、上のようなバッジ?

作る機械が置いてあるんです。(これは絶対日本じゃ出来ない!)



2014_05_08_12_18_05_yuu.jpg 


映画「イージーライダー」で使用したバイク(本物)。

2014_05_08_12_24_55_yuu.jpg 
アレッ、誰かモニターに映っている?

2014_05_08_12_25_11_yuu.jpg 
やまちさん、でした!(いいね!)

2014_05_08_12_25_16_yuu.jpg   

こんな感じで、撮影した人は店内に紹介されます。


2014_05_08_12_46_03_yuu.jpg 
こんどは、誰?

2014_05_08_12_46_14_yuu.jpg 

ワイルドすぎちゃんでした





2014_05_08_13_14_42_yuu.jpg 


これが、世界一の観覧車です。



2014_05_08_13_26_10_yuu.jpg 




次のOPコースは、ガンシューティングです。
まずは銃を借りるのに、誓約書を書いて、パスポートを提示します。
そのあとにカウンターの奥に吊るしてある銃を借り、弾丸を希望数購入します。

取扱いの説明を聞いたあと、射撃ブースに入って撃ちます。

始めて触る銃の重さと弾丸を込める手が凄く緊張しました
詳細は割愛しますが、こんなに簡単に弾が発射されてしまう
銃の怖さを知る良い経験にはなりました。

たぶんこの先、もう撃つことはないと思いましたね!




2014_05_08_15_56_22_yuu.jpg 



ガンシューティングで思いのほか時間が掛ってしまったため、
アウトレットショッピングはパスして、ウォールマートに買い物
行きました。巨大なスーパーで何でもあって、
半日位いろいろ見てまわりたかったですね!


アメリカでしか買えないサプリメントを買いました。
カフェインの錠剤が80錠入っていて800ドル程度でした。
(これはデーブさんが毎日昼食後に皆さんに眠くならないように用意してくれた
ものと同じものですが、噛んで飲んだ方が効き目が早かったようです。)


何やら ここでお土産用に大きなスーツケースを買った人2人いましたね!(笑)



2014_05_08_17_15_30_yuu.jpg 

やっぱり、デーブさんがウルトラ乗ると小さく見えるなぁ?

さぁ、この後は一旦ホテルに戻ってから、デーブさんが日本食の居酒屋を
予約してくれました。最後の打ち上げに行きましょう!




ホテルから3台のタクシーに分乗して、打ち上げ会場に向かいます。


2014_05_08_18_39_55_yuu.jpg  

 
お店はタクシーで15分程の場所にある「ichiza」と言う名前の
日本居酒屋です。


2014_05_08_18_51_30_yuu.jpg 


2014_05_08_18_55_13_yuu.jpg 


ちょっと私は1台遅れていたタクシーの到着を外で待っていたため、
遅れてお店に入ると、何やらテーブルに白い布が広げてあります。
おー、ルート66のフラッグじゃあないですか~!

これ、デーブさんから我々TRにプレゼントです!(喜)

ここに参加メンバーで寄せ書きをしました。
私は総走行距離を間違えていました!(恥)

皆さん、これ油性マジックですよ!シッカリテーブルに名前が写ってしまって
ましたよ、「やまち」って大きい文字で残ってました!

後でお店の人がビックリするんだろうなぁ。



2014_05_08_19_07_32_yuu.jpg 


畳の座敷で日本語のメニュー日本人店員さんに
日本語で注文する事が出来て、アメリカに居ることを忘れてしまいます。(笑)


モツ煮込みに焼酎ボトルとお湯割りなんて、思わず笑ってしまいました。
ここの料理は、刺身やラーメンまで有って、どれもホント美味かったです。

しかし、ここでもやっぱり、あの人は赤ワインを注文していました!(爆)
結局、みんな飲むので毎夜ワインは平均3本くらいでしたか?(笑)



2014_05_08_19_09_12_yuu.jpg 

モッさんから、カンパーイの発声で打ち上げスタートです。

2014_05_08_20_02_45_GEST.jpg 

まりちゃんが皆さん一人ひとりと記念写真を撮りたいと言うんで私がカメラマンに!
(他の人は全ファイル見てね!)

2014_05_08_20_29_38_GEST.jpg 


2014_05_08_20_31_00_GEST.jpg 



19時から始まった打ち上げですが、
この日は、希望者が22時からスタートする
シルクドソレイユの「オー」を見に行きました。

そう、昼間みた大っきな噴水ショーのあるホテル「ベラッジオ」


2014_05_08_21_28_22_yuu.jpg 

打ち上げ会場からタクシーで15分くらいだったでしょうか

2014_05_08_21_36_37_yuu.jpg 
2台目も到着!

2014_05_08_23_59_32_GEST.jpg



2014_05_08_21_37_21_yuu.jpg 

しかし、このホテルの豪華さと活気は何だろう!

私たちのホテルとはカジノの規模・雰囲気も数ランク上ですね!

このショーもホテル内の専用劇場で開催されているんですからね!

2014_05_08_21_38_20_GEST.jpg 


2014_05_08_21_44_24_yuu.jpg 

2014_05_08_21_37_38_yuu.jpg


2014_05_08_21_39_43_GEST.jpg 


2014_05_08_21_53_26_yuu.jpg 

オー」ですが、簡単に言うとサーカスとシンクロナイズドスイミング
合わせたようなショー構成になっていました。

2014_05_08_21_53_53_yuu.jpg 


2014_05_08_21_55_51_yuu.jpg 

ショーが始まるまえの様子です!

22時スタートで終わりは24時頃でしたので
途中、眠くなる場面もありましたが、
良いものを観ました。
何か音が良いなと思っていたら、横の方ブースで生演奏・生歌を
唄っていました
。)終わって明るくなってから気が付きました!


 2014_05_08_23_51_36_GEST.jpg

こちらは、ホテルの外で行われている噴水ショーです。

2014_05_08_23_58_13_GEST.jpg 

我々のタクシー待ちの列から撮影しました!

ホテルに戻って来たのは、日付けが変わってから
もうAM4時には起きて帰宅の支度して、
5時のバスで空港に向かわなくてはなりません。

寝ると起きれないから、寝ないと言う人もいましたね!

私はシャワーも浴びてから、最後のスロット勝負で

初日の勝ち分をすべて置いてきました。(笑)



【5月9日】am5:00

いよいよ、日本へ帰国です。

長かったようで、あっと言う間の8日間でした。


2014_05_09_04_36_32_yuu.jpg 

若干、外はヒンヤリします。

2014_05_09_05_16_11_yuu.jpg 

昨日、作ったフラッグを持って、記念撮影しましょう!

2014_05_09_05_36_00_01.jpg 

ラスベガスの空港に到着!

2014_05_09_05_49_45_yuu.jpg 

搭乗手続き開始!


あれ、肝心なデーブさんとのお別れの写真が無い(スタッフみんな撮り忘れた?)

デーブさん、簡単ですが、楽しい企画を
本当にありがとうございました。
また、いつか宜しくお願い致します。



国内線でサンフランシスコに向かいます。

2014_05_09_08_01_08_yuu.jpg 

私たちの宿泊したホテルのタワーが見えますね!

2014_05_09_08_01_24_yuu.jpg 

飛んだらすぐ、この景色です!

2014_05_09_08_04_31_yuu.jpg 

こんな、橋も走ってみたいですね!

2014_05_09_09_09_30_yuu.jpg 

こちらは、国際線内です!

2014_05_09_10_53_47_01.jpg 

もう、飲んでる!


2014_05_09_13_47_56_yuu.jpg 

まさか、10時間の中で、2食とおやつが出るとは思いませんでした。

2014_05_10_13_02_26_yuu.jpg 

全員、無事成田に到着し、入国出来ました!

皆さん、たいへんお楽しみさまでした!

2014_05_10_14_52_03_01.jpg 



・・・ッと、最後に
USAツーリング 番外編(5月8日~9日に撮影した全写真はこちらから・・・ 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
2014_05_08_11_47_36_04.jpg 



遅くなりましたが、モニュメントバレーでの個人走行動画(ダイジェスト版)をご覧ください。







【最後は私では役不足ですので、タシロ代表に締めていただきましょう!】
(タシロさん、バトンタッチです!)





8日間にも渡るハーレーでアメリカ大西部を駆け抜けるツーリング。

まるで、夢のような8日間でした。


でもそれを夢のまま終わらせたのではなく、

実際に参加したメンバーたちの現実の体験、思い出になったのです。



このツーリングを最初にご紹介した時に、

“バイクは夢の乗り物である”こと、

“人生は感動するためにある”ことを述べさせていただきました。


そして、このツーリングはまさに、

ライダー達がだれも、心の底で抱いているを実現し、

人生の目的の一つでもある“感動する”ための

究極のツーリングだったとも言えます。


そんな夢の実現と、感動を手に入れるツーリングに、

迷うことなく決断された参加メンバー各位に

この場をお借りしてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。


参加各位はきっと、スタッフや私も含めて、

当初思い描いていた以上に感動的で

そしてかけがえのない経験になったことでしょう。


でも彼らは、夢を夢で終わらせなかった・・・

感動を手に入れるために、誰よりも早く決断した人たちでした。


そして、夢は遠い手の届かないところにあるのではなく、

実はすぐそばに、手を伸ばせば

意外と簡単に手が届く場所にあることを証明してくれたのでした。



もう一度言います。

“バイクは夢の乗り物である”

“人生は感動するためにある”




ぜひ次回は、あなたがその主人公になってみてはいかがでしょう。


次回、TRの“夢を実現する、感動するツーリング”にご期待ください!




最後に、このツーリングを終始サポートいただいた

デーブ山下さんに、参加者を代表して、心からのお礼を申し上げます。



タシロ セイジ










大きい文字
スポンサーサイト

| ツーレポ | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://touringriders.blog.fc2.com/tb.php/209-cbb8f2d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT