FC2ブログ

ツーリングライダーズ情報館

合言葉は!・・・“上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!”

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【レッスン会レポート】 河口湖(富士吉田)レッスン会(2016.05.21)

中央・河口湖インター目の前、

東名・御殿場インター経由の好立地!


雄大な富士山麓の広大会場で終日レッスン!




“1Dayレッスン会 in 富士・河口湖”



~上手くなりたきゃ、

  ツーリングライダーズに行こう!~





2016_05_21_15_25_43_01.jpg

広い会場で終日心置きなく練習カリキュラムをこなす!

それが、1Dayレッスン会の醍醐味!!



2016_05_21_14_30_36_01.jpg

日頃出来ない練習を終日心置きなくやっていただきます!





年から、1Dayレッスン会開催会場として、

山梨県富士山麓の広大な会場が加わりました。


当日は富士山をバックに、真っ青な空と新緑に眩しい、

爽やかな初夏を感じるような陽気の中、最高のレッスン日よりとなりました



今回は、なんとなくバイクに乗って、

なんとなく公道をライディングしている現状を打破し、

「減速する」「旋回する」「加速する」の3つのアクションを意識し、

個々のアクションの精度を高めていただくことを目標にしました!




それでは、そのレッスン会レポートをご覧いただきましょう!





【レッスンメニュー】


トライカーナ:現状実力把握


クラッチワーク:低速走行で不可欠なクラッチワーク!


ブレーキング:連続急制動・加減速&片手加減速!


乗車フォーム:正しいライディングフォームを実現する!


8の字走行:加速・減速・回旋・切り返しの二輪4つの基本操作を身に付ける!


オーバル走行:「減速」「旋回」「加速」を徹底的に繰り返し身につける!


選択課題 A:180°連続ターン
          パイロンスラロームで直線での加減速&ターンを身に付ける!

      B:Uターン
          これで、公道に出ても怖くない!


パイロンスラローム:本日の総仕上げ!


トライカーナ:今日の成果を試す!目標は朝の自分を超えること!





↓↓↓↓今回の写真はこちら!↓↓↓↓



参加者はお気に入りの写真をお探しください!





2016年5月21日(土)


【レッスン会場】


2016_05_21_09_53_54_01.jpg

当日は、雲ひとつない五月晴れ!最高のバイク日和!!

バックには富士山がそびえ立ち、最高な気分です♪

ライダーなら誰でもバイクに乗りたくなるようなこんな日に、

練習に来る参加者に敬服です!





★効果測定~トライカーナ~(レッスン前)


ものごとの上達には、今の実力を計測することが必要です。

実力を数値化することで、

上達の有無、欠点・課題が客観的に見えてくるからです。


今回もレッスン前と後に、4本のパイロンを使って行う

トライカーナ・タイムアタックに挑戦していただき、それぞれタイムを測りました。


トライカーナ・タイムアタックは闇雲に飛ばしても、

無理をして突っ込んでいってもタイム短縮につながりません。

ひとつひとつの操作を丁寧に精度高く、連続して行うことが必要です。



さあ、来場いきなりですが、

効果測定のためのタイムアタックにチャレンジしていただきましょう!



2016_05_21_09_37_18_01.jpg

ハーレーこそ、基本に忠実な走りが要求されるのです・・・

遠慮なく何でも聞いて、ひとつでも多くのことを持ち帰ってください!





あ、それでは、ツーリングライダーズらしく、

初開催の富士山麓会場でも元気に始めましょう !



2016_05_21_09_46_01_yuu.jpg

今日一日怪我なく頑張れるように、しっかり準備運動しておきます!




準備運動が終わり、TR恒例のご挨拶・・・

「みなさん、お元気ですか〜!?」



2016_05_21_09_51_18_yuu.jpg

あれれ・・?イマイチ乗りが良くないですね・・・・

初参加の方が多く、朝から緊張しているからでしょうか?


「朝から元気出していきましょうね♪ では、もう一度!」


2016_05_21_09_51_35_yuu.jpg

「最高で〜す!」

今度は、上手にできました!



元気な朝の挨拶は、一日を元気に活動する心と身体のスイッチです。

それでは一日気をつけて、上達する自分を信じて、楽しく練習していきましょう!





クラッチワーク

れまでTRでは主に、アクセル一定&半クラ一定&リアブレーキによる速度制御

低速度域での速度コントロール
を教えてきました。


しかし、ハーレーのような低回転&ロングストロークエンジンや、

低速トルクの粘りがあるビッグマルチアンジンなどは、

リアブレーキでの速度制御にはかなり負荷をかけねばならなりません。

そしてそのままでは微妙な低速コントロール性が困難であることから、

別の引き出しとして、アクセル&リアブレーキ一定 & クラッチによる速度制御

を行うことで、ずっと低速度域のコントロールが簡単になります。


なぜなら、足より手の方が繊細な操作が可能となるからです。

今回はブレーキング練習に先立ち、ハーレーの方数名

この練習にチャレンジしていただきました!


クラッチ操作で、アクセルを一定に開けて中指で固定する方法を伝授。

これができると、駆動力を一定に高めながらのクラッチでの速度調整ができます。

ハーレーでは必須のテクニックですね。

低速旋回ももう怖くありませんね。





★ブレーキング

くのライダーが、ライディングで恐怖心を覚える本当の原因は、

速く走れないのが原因ではなく、

その速度をコントロールできないブレーキング技術の未熟さが原因です。


つまり、ブレーキング技術を上達させることで、

速く、バイクらしいメリハリある走りを実現できるだけでなく、

何より、ライディングにおける安全マージンを手に入れることができるのです。



2016_05_21_10_33_14_01.jpg

今回も、連続急制動、足をつかない連続加速&減速急制動

の2つの練習を繰り返し行っていただきました。




2016_05_21_10_33_09_01.jpg

ブレーキング練習はやればやるだけうまくなりますので、

日頃の市街地走行でも繰り返して欲しいです。




2016_05_21_10_33_03_01.jpg

上半身がリラックスしているのが、安心感、安定感につながります。

ブレーキングではどうしても目線が下がりがちになるので、

意識的に目線を上げて、視野を広く取るようにします。



ブレーキは難しくないんですが、身につけた恩恵は計り知れないので、

ぜひ短期間で身につけてくださいね!






★乗車フォームカリキュラム

 ~ライディングフォームを身に付ける~



晴らしいパフォーマンスを常に出し続ける一流プロスポーツ選手が、

美しく、理にかなったフォームをしているように、

バイクのライディングでも乗車フォームはとても重要です

初めに 間違った効率の悪いフォームを身につけてしまうと、

いくら練習をしても、決して一定以上の成果は現れません



ここでは、正しいリーンウィズを知り、

実際に停車させた自分のバイクの上でその乗車フォームを取っていただきます



2016_05_21_11_05_04.jpg

コーナリング中に、客観的に上体を使えているかを自分で認識する良い方法は、

愛車の各部分と自分の身体や頭の位置関係を覚えておくことなんです。




2016_05_21_11_12_03_01.jpg

独特なライディングポジションのハーレー・ブレイクアウトカズさん

手足の長さを生かして、器用に最適なフォームを身につけました!




2016_05_21_11_14_26_01.jpg

ハーレーからスポーツ車に乗り換え、

ライディングを向上すべく山形からさんから参加のこまっちゃん

ハーレーとのポジションの違いもなんのその、上体の移動は素晴らしいです!





★8の字走行

 ~加速・減速・回旋・切り返しの

  二輪4つの基本操作を身に付ける!~



まる、曲がる、加速する、切り返す

バイクの基本操作が詰め込まれ、効率的に上達ができるのがこの8の字走行!


大切なのは目線の送り方・・・

バイクがこれからトレースする想定のライン上に、

早め早めに目線を移動させられることが大切です。



8の字走行が、正確に繰り返せるようになったら、

もう上級者の仲間入り!

それほど、単純だけども難しく、奥の深い練習課題です!



2016_05_21_12_01_04.jpg

よくステアリングが旋回方向に切れていますね!

バイクを寝かせて曲がるのではなく、ステアリングを切ることでクイックに曲がるのです。

そのためには、車速を遅くするコントロール術が必要になってきます。




2016_05_21_12_56_33_01.jpg

常に先に視線を向けているのがいいですね 。




2016_05_21_12_41_55_01.jpg

大きな車体でもステアリングを切れば小さく曲がれます。

決してバンク角は必要ありません!





★ランチタイム★


れない低速練習は体力だけではなく、意外と集中力をすり減らします。

短い時間ですが、午後の応用練習に控え、英気を養いましょう・・・・


と、思いきや、みなさん、昼食も早々に切り上げて、

コースでの自主練習や、スタッフへの質問と、

今回の参加者各位は、本当に頭下がるぐらい熱心な方達で、

スタッフも午後の指導に気合が入ります! 





★オーバル走行

 ~「減速」「旋回」「加速」を

   徹底的に繰り返し身につける!~



は、白バイの訓練に取り入れられている練習です。

それほど、単純だけども難しく、奥の深い練習課題です!




2016_05_21_13_55_46_01.jpg

3次元に使った上体フォームに千酢を感じさせるカズさん




2016_05_21_13_13_04 (1)

バンク角の大きなスポーツバイクは車体を寝かせて走らせたいところですが、

しっかり車体を立てたまま、ステアリングを大きく切って、

小さくコンパクトに小旋回されているデラちゃん




2016_05_21_13_58_04_01.jpg

パイロンに近いラインで立ち上がるケンさん

パイロンから離れて旋回開始、パイロンそばを通り立ち上がり、

理想的なライン取りですね。





選択課題


A:180度連続ターン



連続180度ターンでは、なんとなく曲がるのではなく、

ターン脱出で膨らむことなく素早く、小さく向きを変えること、

そして直線を長く取り、安全なその直線部分でしっかり加速し減速する、

より実践的で公道向きの走りを目指します!



2016_05_21_11_45_05_01.jpg

大きな車体を立てながら旋回するバランス感覚はさすがです!




2016_05_21_14_01_05_01.jpg

旋回中にすでに次のパイロンに向ける目線がすばらしい!




2016_05_21_14_01_13_01.jpg

旋回後半、上体を前傾し、加速体制に入っています。




2016_05_21_13_55_04.jpg

力の抜け上体がリラックスしていていい感じです♪




2016_05_21_14_27_41_01.jpg

スラローム走行では、常に先のパイロンに目線を送るのが鉄則です!




2016_05_21_14_32_30_01.jpg

車体の動きに先行する目線の取り方、上体の動きはすばらしい!




2016_05_21_15_47_42_01.jpg

しっかり、ステアリングを切って走っていますね。



※注意!音声が出ます。





B:連続Uターン


というほどUターン練習ができるのも、TRレッスン会 のいいところ。

右に左に連続8つのUターンにチャレンジして、苦手を克服していただきました!




※注意!音声が出ます。






★カリキュラム6「本日の総仕上げ・パイロンスラローム! 」


い会場をぜいたくに使って、心置きなく走っていただきましょう!


早く走ることに集中するのではなく、 一つ一つのターンを

「減速」「旋回」「加速」の3アクション確実にクリアしながら、

上手くライン取りをすることが大切です



集中を切らすことなく、楽しく最後の課題に取り組んでいただきました!



2016_05_21_15_39_22_01.jpg

加速の時は荷重が後ろに残りがちなので、この前傾姿勢いいですね!




2016_05_21_15_48_28_01.jpg

大きな車体は目線が大切、リラックスした大人のライディングです!


 

2016_05_21_15_25_36_01.jpg

小刻みなスラロームは早め早めの荷重移動で切り返していきます。




2016_05_21_15_25_38_01.jpg

大きく重たいハーレーでもステアリングの切れ角を使い、

正確にコントロールすれば、意外と切り抜けられますね。




2016_05_21_15_40_05_01.jpg

バンク角に頼らず、ステアリングで曲がる!

それが上手くて安全を両立するのです。




2016_05_21_11_44_35_01.jpg

バイクを立てたまま、後輪を中心に向きを変え、ステアリング切らせる・・・

上手な乗り方ですね♪




パイロンスラロームは、ライン取りが大切です。

進入ラインを間違えてしまうと、以降のライン取りが難しくなってしまいます。

これって、ワインディングといっしょですね。





★効果測定~トライカーナ~(レッスン後)


日の練習カリキュラムをすべてこなし、

さあ、どれだけ上達できたのか測定して確認してみましょう!



2016_05_21_15_45_40_01.jpg

ステアリングをしっかり切って、コンパクトな旋回のケンさん




2016_05_21_15_41_23_01.jpg

ターンの脱出はパイロンに近づいて・・・お手本のような走りです!




2016_05_21_15_47_41_01.jpg

大きく重たい車体のH-D ウルトラで奮闘いただいたヒノチャン

ナイスガッツでした!




今回トライカーナ効果測定でタイム短縮し、上達された上位者は・・・・


第3位は。。。

2016_05_21_16_00_32_01.jpg

今回初参加のトシノリさん

繰り返しのターン練習で、ハーレーをコンパクトに曲げるコツをつかんだようで、

驚くことに7秒以上のタイム短縮を果たしました!




そして、第2位は。。。

2016_05_21_16_00_10_01.jpg

BMWのツーリングツアラーR1200RTを駆り参加のかわいさん

タンデムレッスンで、すっかり切り返しの感覚をつかんだようです!




堂々の第1位は・・・

2016_05_21_16_01_02_01.jpg

遠路愛媛からハーレー・ウルトラでやって来ていただいたヒノチャンです!

朝に比べて10秒近くもタイム短縮!遠くから来ていただいた甲斐がありました♪




トライカーナでは、車種特性や経験によってタイム差が出てくるので、

タイムを比べることにあまり意味はありません

しかし、ご本人たちの名誉のためにも、

栄光のTOP3をご紹介し、素直にトップタイムを称えましょう!



今回の第3位。。。

2016_05_21_16_02_39_01.jpg

基本に忠実な走りで余裕でこの順位、ゆーじさんです。

クセのない美しいフォーム、見本のようなライディングです!




そして、堂々の第2位入りしたのは。。。

2016_05_21_16_02_50_01.jpg

あれ、ここでも上位入賞のかわいさんです。

タイム短縮で上手くなるだけでなく、早くもなっちゃうなんて大収穫の1日でしたね♪




そして、今回の第1位は。。。

2016_05_21_16_03_11_01.jpg

愛知県からさんかのレックスさんが今回のべストラップをたたき出しました!

まだバイク歴1年ですが、メールサポートを使い倒し、

遠方よりレッスン会、ツーリング参加の努力は裏切りませんでした!





★エンディング★


イクにとっても、ライダーにとっても新緑と風が心地いい初夏の一日、

教習会場と、素敵な仲間にも恵まれ、

朝から夕方まで、今回も本当に密度の濃い一日でした!



モッさんの、「朝来た時より、自分のバイクが可愛くなった人?」の質問に・・・


2016_05_21_15_59_18_01.jpg

このように、全員の手が挙がるのでした!

(というか、ここで手を挙げないわけにはいかない!?)




最後はツーリングライダーズ流に終わりましょう!


2016_05_21_16_13_37_yuu.jpg

2016_05_21_16_12_43_yuu.jpg

1日、一緒に汗を流した仲間たちと熱いハグで感謝と敬意を表します!




2016_05_21_16_13_47_yuu.jpg

遠方から上手くなるために来ていただいて、本当に感謝です!




2016_05_21_16_09_05_01.jpg

とても充実した一日でした。

次回ツーリング、レッスン会でまたお会いしましょう!





初は戸惑い、上手く出来なかった課題も、

「意外と乗れるじゃん!」と思うほど上達したのではないでしょうか?



実は、バイクのライディングって難しくないんです。

箸を使ったり、自転車に乗ったりするのと同じで、

最初は誰でも出来ないけれど、 正しい練習を繰り返すことで、

誰でも同じように上手くなることができるのですね。


だから、自分を信じて練習を続けていただきたいし、

壁にぶつかったらメールサポートを利用してくださいね。



~上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!~





後に、今回の参加者をご紹介します!★


年配者だって、アメリカンバイクだって、

安全で上手なライディングには全く関係ないんです・・・


同じ2輪車、原理を理解し、正しい練習をすれば、

誰だって思うように操ることができる・・・


彼らはそれを証明してくれました!




【東京都 トガちゃん@H-D ロードグライド】

2016_05_21_16_09_52_01.jpg

1deyレッスン会in富士河口湖ありがとうございました。
レッスンを受ける度に新たな発見があるものですね。
自分のバイクでのタンデムレッスンを初めて受けさせてもらって
車体の動きやクラッチワークなど手に取る様に理解できました。

またお願い致します。




【愛知県 レックスさん@HONDA CB1300SB】

2016_05_21_16_10_37_01.jpg

ちょっと遠目でしたが、行った甲斐がありました。
前回、RLAPでできなかった事もでききるようになったと思います。
最後のコーススラロームとてもおもしろかったです。
広い場所だからできることで本当に楽しめました。

腕は疲れず、両足ももの内側が筋肉痛です。
ただやはり課題は、直線パイロンスラロームです。
自動車学校の卒検を落とした原因でもあるので苦手です。
だからこそものにしたく思います。

あの後、沼津に宿泊し翌日伊豆を走ってきました。
石廊崎まで行って、県道をくねくねしながら帰ってきました。
コーナー曲がるときに、ブレーキングするのですが、
練習と違いそもそもの走行スピードが高いため、
返ってブレーキングでスピードがたぶん落ちすぎて気持ちよく曲がれないです。
練習で慣れるしかないですよね。




【愛媛県 ヒノチャン@H-D ウルトラ】

2016_05_21_16_13_10_01.jpg




【神奈川県 デラちゃん@HONDA VFR800F】

2016_05_21_16_10_52_01.jpg




【静岡県 ゆーじさん@KAWASAKI W800】

2016_05_21_16_11_40_01.jpg

二度目の参加です
前回はうまく旋回ができませんでしたが、
今回はコーチしていただいたもっさんさんにグッドマークを頂きました。

自分では見えないのでうまく旋回できたか半信半疑ですが、
前回より、加速、制動、旋回とスムーズにできたように思えます。
自分では旋回時目線がポイントだと感じました。

公道ではできない練習がスタッフの指導を受けながら、
安全で広い場所でできることは素晴らしいことだと思います。

また、機会を見つけて参加したいと思います。




【静岡県 トシノリさん@H-D】

2016_05_21_16_12_10_01.jpg

レッスンありがとうございました。
トムさん、スタッフのみなさん、お世話になりました。
大変楽しく、充実した1日を過ごせました。
小旋回のコツが掴めた気がします。
練習を重ねるうちに、腕の力が抜けていき、どんどん楽しくなっていきました。
また、目線の大事さが本当によくわかりました。
次の機会にも是非参加したいと思います。
本当にありがとうございました。




【静岡県 いのさん@TRIUNFE アメリカ

2016_05_21_16_12_23_01.jpg




【埼玉県 セイやん@HONDA F6B】

2016_05_21_16_13_37_01.jpg




【神奈川県 かわいさん@BMW R1200RT】

2016_05_21_16_11_10_01.jpg

比較的重量級のバイクに乗る様になり、重いバイクの講習会と聞いて
いつかはと思っていましたが今回思い切って参加させていただきました。

笑ってしまうほどパイロンに付いて旋回出来ない。特に右回り。
しかし、考え込まれた制動、旋回、加速のポイント別の超反復レッスン
トムさん、モッさん、ユウさんのアドバイス、
そしてトムさんのタンデムでとどめ(←これが効きました!)
こうやって切り返しているのか・・と。
タイムアップ3位は考え抜かれたレッスンメニューとコーチの皆さん熱血指導のお陰です。
ありがとうございました。

途中デジカメの画像を覗かせていただくと右旋回でやはり上半身が残っている。
そしてこの度、画像と動画をいただくと・・・
目線がおかしい、ビビッている、他の皆さんのダイナミックな体の使い方に較べて、
私は「バイクに乗っかっているだけ」に近い・・。
客観的な事実の確認は最大の先生ですね。

総合タイム2位はバイクの加速とブレーキとあの中では軽い方の車重、バンク角、
ポジション、要するにマシンの種別要因なのは解っています。(でも、嬉しい(恥))

以上、長くなってしまいましたが、レッスンは効果てき面でハマってしまいそうですので、
機会を見て、また必ず参加させて下さい。
何歳まで乗れるか解りませんが乗る度に1mm分でいいからうまくなっていたいと思っています。

この度は参加させていただいて本当に良かった。




【静岡県 カズさん@H-D ソフテイルブレイクアウト】

2016_05_21_16_11_57_01.jpg




【山形県 こまっちゃん@SUZUKI GSXS1000F】

2016_05_21_16_12_51_01.jpg




【埼玉県 ケンさん@YAMAHA FZ-1 FAZER】

2016_05_21_16_10_20_01.jpg




【神奈川県 ふじやん@H-D ファットボーイロー】

2016_05_21_16_11_25_01.jpg



本当にお楽しみ様でした!!



そして、今回活躍のスタッフ3名!なぜか小僧ポーズで・・・

2016_05_21_16_15_16_01.jpg

左から、モッさん、ユウさん、トム・・・でした!





回も広い会場をストレスなく目いっぱい走りこみ、

普段体感できない車体の挙動を感じていただける良い練習になったことでしょう


朝来た時とは別人のように変わって颯爽と帰ってゆく、

そんな姿を見せてくれる方が増えていることはとても喜ばしいことです



ライディングとは、出来る、出来ないではなく、

誰でも正しい練習方法を知り実践すれば短時間で簡単に上達します。

そして、上達すると、違う景色が見えてきて、

ますますライディングが楽しくなります。




ぜひ、レッスン会ツーリングなどのライブ企画を積極的にご利用いただき、

いつまでも安全で幸せなバイクライフを過ごしていただければ、

これ以上の喜びはありません。




文責:トム
スポンサーサイト

| レッスン会 | 19:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT