FC2ブログ

ツーリングライダーズ情報館

合言葉は!・・・“上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!”

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【レッスン会レポート】関西(奈良県橿原市)レッスン会(2016.10.16)

関西メンバーお待ちかね企画!

秋のレッスンシーズン到来!

終日集中練習でライテク・ステップアップ!!”



“1dayレッスン会 in 奈良(橿原市)”



~上手くなりたきゃ、

  ツーリングライダーズに行こう!~







2016_10_16_14_12_44_03.jpg
安全な貸切り教習所コースで終日心置きなく練習カリキュラムをこなす!

それが、1Dayレッスン会の醍醐味!!




2016_10_16_12_10_39_01CIMG5072.jpg
日頃、公道ではなかなかできない旋回練習にもチャレンジ!




2016_10_16_16_07_34_01CIMG5108.jpg
向上心高い仲間たちと、和気あいあいにライディングレッスンに汗を流します!





年は4月の関西方面・奈良の1Dayレッスン会

悪天により、残念ながら中止になってしまったので、

今回が今年初の関西開催になります。



会場はおなじみ、奈良県橿原市内の教習所コースです。

じつに2年ぶりの1Dayレッスン会の開催になります。



今回も、なんとなくバイクに乗って、

なんとなく公道をライディングしている現状を打破し、

「減速する」「旋回する」「加速する」の3つのアクションを意識し、

個々のアクションの精度を高めていただくことを目標にしました!




それでは、そのレッスン会レポートをご覧いただきましょう!





【レッスンメニュー】


8の字旋回走行:現状実力把握


クラッチワーク:低速走行で不可欠なクラッチワーク!


ブレーキング:連続急制動・加減速&片手加減速!


乗車フォーム:正しいライディングフォームを実現する!


定常円旋回:加速・減速・回旋・切り返しの二輪4つの基本操作を身に付ける!


オーバル走行:「減速」「旋回」「加速」を徹底的に繰り返し身につける!


メリハリのある走り:徹底的な低速バランスを!
 

パイロンスラローム:本日の総仕上げ!


8の字旋回走行:今日の成果を試す!目標は朝の自分を超えること!





↓↓↓↓今回の写真はこちら!↓↓↓↓



参加者はお気に入りの写真をお探しください!





2016年10月16日(日)


【レッスン会場】


2016_10_16_08_41_33_03.jpg
当日は、雲ひとつない秋晴れ!最高のバイク日和!!

関西ならではおなじみ、橿原市内の教習所コースを拝借してのレッスンです。




2016_10_16_09_07_20_01CIMG5031.jpg
本当はツーリングに行きたいような陽気ですが、

朝早くから練習に来る参加者に敬服です!





★効果測定~8の字旋回走行~(レッスン前)


ものごとの上達には、今の実力を計測することが必要です。

実力を数値化することで、

上達の有無、欠点・課題が客観的に見えてくるからです。


今回もレッスン前と後に、2本のパイロンを2往復する

8の字旋回走行のタイムアタックに挑戦していただき、それぞれタイムを測りました。


8の字旋回走行は闇雲に飛ばしても、

無理をして突っ込んでいってもタイム短縮につながりません。

ひとつひとつの操作を丁寧に精度高く、連続して行うことが必要です。




2016_10_16_09_26_04_01CIMG5033.jpg
来場いきなりですが、効果測定のため

タイムアタックにチャレンジしていただきました!





ずは、ケガなく1日練習ができるように、

しっかりと準備運動を行いましょう! 




2016_10_16_09_45_38_03.jpg
日頃の運動不足で、可動域が狭まりがちの関節を、

しっかりとストレッチで伸ばしていきます。




2016_10_16_09_46_44_01CIMG5038.jpg
みんなで空を眺めて・・・UFOでも飛んでいるのかな・・・!?




備運動が終わったら、いきなりTR恒例のご挨拶・・・

今回、TR初参加の方が多いので、ついてこれるかな・・・?



では・・・

「みなさん、お元気ですか〜!?」




2016_10_16_09_48_54_03.jpg
「最高で〜す!」


さすがここは関西、とってもノリがいいです。。。

ご協力どうもありがとうございました!



元気な朝の挨拶は、一日を元気に活動する心と身体のスイッチです。

それでは一日気をつけて、上達する自分を信じて、楽しく練習していきましょう!




2016_10_16_09_50_46_03.jpg
初めての参加者も多いことから、

レッスンにあたっての注意事項を話させていただきます。





クラッチワーク

れまでTRでは主に、アクセル一定&半クラ一定&リアブレーキによる速度制御

低速度域での速度コントロール
を教えてきました。


しかし、ハーレーのような低回転&ロングストロークエンジンや、

低速トルクの粘りがあるビッグマルチアンジンなどは、

リアブレーキでの速度制御にはかなり負荷をかけねばならなりません。

そしてそのままでは微妙な低速コントロール性が困難であることから、

別の引き出しとして、アクセル&リアブレーキ一定 & クラッチによる速度制御

を行うことで、ずっと低速度域のコントロールが簡単になります。


なぜなら、足より手の方が繊細な操作が可能となるからです。

今回はブレーキング練習に先立ち、ハーレーの方数名

この練習にチャレンジしていただきました!




2016_10_16_10_14_33_01CIMG5044.jpg
クラッチ操作だけで、時速2〜12kmの速度を自在にコントロール!




2016_10_16_10_15_44_01CIMG5045.jpg
これができると、駆動力を一定に高めながらのクラッチでの速度調整ができます。

ハーレーでは必須のテクニックです。低速旋回ももう怖くありませんね。





★ブレーキング

くのライダーが、ライディングで恐怖心を覚える本当の原因は、

速く走れないのが原因ではなく、

その速度をコントロールできないブレーキング技術の未熟さが原因です。


つまり、ブレーキング技術を上達させることで、

速く、バイクらしいメリハリある走りを実現できるだけでなく、

何より、ライディングにおける安全マージンを手に入れることができるのです。




2016_10_16_10_27_43_03.jpg
ブレーキングはライディング上達の基本、

正しく練習すれば、ほんの数十分で見違えるように上達します。




2016_10_16_10_23_24_03.jpg
今回は、フロントだけの急制動、リアだけの急制動

そして、前後両方をしっかり使った急制動を、

違う速度から行い、目標地点で停まる練習を繰り返し行っていただきました。




2016_10_16_10_05_30_03.jpg
ブレーキング練習はやればやるだけうまくなりますので、

日頃の市街地走行でも繰り返して欲しいです。



ブレーキは難しくないんですが、身につけた恩恵は計り知れないので、

ぜひ短期間で身につけてくださいね!






★乗車フォームカリキュラム

 ~ライディングフォームを身に付ける~



晴らしいパフォーマンスを常に出し続ける一流プロスポーツ選手が、

美しく、理にかなったフォームをしているように、

バイクのライディングでも乗車フォームはとても重要です

初めに 間違った効率の悪いフォームを身につけてしまうと、

いくら練習をしても、決して一定以上の成果は現れません





2016_10_16_11_05_14_03.jpg
ここでは、まず正しいリーンウィズを知り、

実際に停車させた自分のバイクの上でその乗車フォームを取っていただきます




2016_10_16_11_10_42_03.jpg
正しいフォームを取れば、片手でも勝手にバイクは旋回してくれます。




2016_10_16_11_10_52_03.jpg
間違ったフォーム例・・・

なかなかセルフステアリングを引き出せず、バイクを傾けても旋回しません。





★定常円旋回走行

 ~正しいフォームを身に付ける!~



イクを小さく旋回させるには、

まずバイクの速度を落とすこと・・・

そしてステアリングをたくさん切らせることです。


正しいライディングフォームを早速実践し、

ステアリングを使ってコンパクトに旋回してみましょう!




2016_10_16_11_51_45_01CIMG5050.jpg
ヒロシさん、よくステアリングが旋回方向に切れていますね!

バイクを寝かせて曲がるのではなく、ステアリングを切ることでクイックに曲がるのです。

そのためには、車速を遅くするコントロール術が必要になってきます。




2016_10_16_12_06_43_01CIMG5059.jpg
みーやん、旋回方向に目線が向かっているのも旋回性を高める大事な要素ですね。




2016_10_16_12_08_34_01CIMG5065.jpg
上体を3次元に使っての旋回が素晴らしいフランシスさんのコーナリング!

とてもレベルの高いライディングです。




2016_10_16_12_10_43_01CIMG5073.jpg
常に先に視線を向けているのがいい、スーさんの定常円旋回ですね 。


大きな車体でもステアリングを切れば小さく曲がれます。

決してバンク角は必要ありませんよ!





★オーバル走行

 ~「減速」「旋回」「加速」を

   徹底的に繰り返し身につける!~



は、白バイの訓練に取り入れられている練習です。

それほど、単純だけども難しく、奥の深い練習課題です!




2016_10_16_12_06_40_01CIMG5058.jpg
バンク角が小さいハーレーは車体を寝かせられないので、

ステアリングを大きく切ってあげると小さく向きを変えれるんですね。




2016_10_16_13_25_53_01CIMG5086.jpg
素早く旋回を終了させ、加速体制に入るヒーちゃん




2016_10_16_13_18_57_03.jpg
旋回方向に上体を回転させて立ち上がり体制に入るよねやん




2016_10_16_11_51_36_03.jpg
目線が素晴らしいレネさん、右旋回をすっかり克服されました!




2016_10_16_13_25_44_03.jpg
バンク角の大きなスポーツバイクは車体を寝かせて走らせたいところですが、

Kさん、車体を立てたままステアリングを切って、コンパクトに旋回されています!




2016_10_16_13_24_42_03.jpg
パイロンから離れて旋回開始、パイロンそばを通り立ち上がり、凛さんの華麗な走り





★メリハリのある走り

  〜徹底的な低速バランスを!〜



市街地ライディングでは、なんとなく走り、曲がり、停まるのではなく、

意図的に減速し、その後、素早くしっかり向きを変えること、

そして安全な直線部分でしっかり加速し減速するメリハリライディングにより、

より実践的で公道向きの走りを目指します!






2016_10_16_13_50_51_03.jpg
交差点を右折・左折するとき、こんな風になんとなく交差点を曲がっていませんか?


2016_10_16_13_51_09_03.jpg
交差点ではこのように、直線でしっかり減速

そして交差点の中央付近でコンパクトにバイクを向きを変える・・・

そんなさりげないメリハリ走行が、上手さを感じるライダーなのです




さあ、では教習コースを公道に見立てて、メリハリ走行をやってみましょう!




2016_10_16_14_33_27_01CIMG5093.jpg
重い車体をコントロールするトムさん

意識的に「減速」し、コンパクトに「旋回」

素早く「加速」できるのがカッコいいのです。




2016_10_16_14_33_19_01CIMG5092.jpg
ケンさん、メリハリ走行を意識すると、なぜだか姿勢も良くなってきますね♪




2016_10_16_14_49_51_01CIMG5096.jpg 
束の間の休憩時間・・・慣れない練習にお疲れモードのヒーちゃん

最後のスラローム走行ですので、もう少しだけ頑張りましょう!





★本日の総仕上げ・パイロンスラローム!


場いっぱい使って、心置きなく走っていただきましょう!


早く走ることに集中するのではなく、 一つ一つのターンを

「減速」「旋回」「加速」の3アクション確実にクリアしながら、

上手くライン取りをすることが大切です



集中を切らすことなく、楽しく最後の課題に取り組んでいただきました!




2016_10_16_15_14_36_03.jpg 
旋回は目線が大切、リラックスした大人のライディングのヨシさん




2016_10_16_15_14_31_03.jpg
バイクを立てたまま、後輪を中心に向きを変え、ステアリング切らせる・・・

よねやんの上手な乗り方です♪




2016_10_16_15_10_53_03.jpg
バンク角に頼らず、ステアリングで曲がるタカさん

それが上手くて安全を両立するのです。




2016_10_16_15_15_53_03.jpg
大きく重たいバイクでステアリングの切れ角を使い、コントロールするひっしゃん




2016_10_16_15_46_09_01CIMG5098.jpg
個々のきめ細かなアドバイスも、TRレッスンの特徴!




2016_10_16_15_25_27_03.jpg

2016_10_16_15_18_56_03.jpg
そして、今回もタンデムレッスンを体験してもらいました!




パイロンスラロームは、ライン取りが大切です。

進入ラインを間違えてしまうと、以降のライン取りが難しくなってしまいます。

これって、ワインディングといっしょですね。





★効果測定~8の時旋回走行~(レッスン後)


日の練習カリキュラムをすべてこなし、

さあ、どれだけ上達できたのか測定して確認してみましょう!



2016_10_16_15_56_13_01CIMG5103_20161017140127dff.jpg
朝のライディングとは別人のような参加者達続出でした!




※注意!音声が出ます。

上達した参加者たちの雄姿を、動画でちょっとご紹介します!




2016_10_16_16_06_43_01CIMG5106.jpg
タイムアタック終了後、結果発表のためのタイム計算中のもっちー

しばしお待ちを・・・




今回8の字旋回走行効果測定でタイム短縮し、上達された上位者は・・・・



第3位は。。。

2016_10_16_16_16_04_01CIMG5116.jpg
今回初参加、バイク歴1か月のハーレー乗り、スーさん

鉄は熱いうちに叩け!

初心者ほど、クセガついていないので、上達は早いのです。

驚くことに10秒近くタイム短縮を果たしました!




そして、第1位と2位は。。。



2016_10_16_16_15_05_01CIMG5115.jpg
なななんと・・・同タイムで、トムさんヒロシさんが、同タイム1位となりました。

お二人とも、大きく重いハーレー・ツーリングモデルでチャレンジしてくれました!




8の字旋回走行では、車種特性や経験によってタイム差が出てくるので、

タイムを比べることにあまり意味はありません

しかし、ご本人たちの名誉のためにも、

栄光のTOP3をご紹介し、素直にトップタイムを称えましょう!



今回の第3位。。。

2016_10_16_16_13_46_01CIMG5112.jpg
ここでも第3位に入ったのはスーさんです。

バイク歴1ヶ月、初めてのバイクがハーレーと言うのが信じられない上達の速さです!




そして、堂々の第2位入りしたのは。。。

2016_10_16_16_16_14_01CIMG5117.jpg
今回で3回目の参加、みーやんです。

新しいハーレーでも、練習はウソをつきません!着実に上達しています!




そして、今回の第1位は。。。

2016_10_16_16_16_27_01CIMG5118.jpg
これまた、大阪からさんかのヒロシさんが今回のべストラップをたたき出しました!

大きく重たいハーレーを自在にコントロールした証拠です。





★エンディング★


イクにとっても、ライダーにとっても優しい日差しと風が心地いい秋の一日、

教習会場と、素敵な仲間にも恵まれ、

朝から夕方まで、今回も本当に密度の濃い一日でした!



今回上達したライディング牛術で、公道を同じように走らないでください

上達分は安全マージンの余裕にとっておいて、今までどおりの走りをしてくださいね!




では、最後はツーリングライダーズ流に終わりましょう!



2016_10_16_16_18_02_03.jpg
1日、一緒に汗を流した仲間たちと熱いハグで感謝と敬意を表します!




2016_10_16_16_21_38_01CIMG5119.jpg
もっちーは元気な女性陣に囲まれてポーズ!

みなさん、遠方から上手くなるために来ていただいて、本当に感謝です!




2016_10_16_16_07_50_01CIMG5109.jpg

とても充実した一日でした。

次回ツーリング、レッスン会でまたお会いしましょう!





初は戸惑い、上手く出来なかった課題も、

「意外と乗れるじゃん!」と思うほど上達したのではないでしょうか?



実は、バイクのライディングって難しくないんです。

箸を使ったり、自転車に乗ったりするのと同じで、

最初は誰でも出来ないけれど、 正しい練習を繰り返すことで、

誰でも同じように上手くなることができるのですね。


だから、自分を信じて練習を続けていただきたいし、

壁にぶつかったらメールサポートを利用してくださいね。



~上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!~





後に、今回の参加者をご紹介します!★


年配者だって、アメリカンバイクだって、

安全で上手なライディングには全く関係ないんです・・・


同じ2輪車、原理を理解し、正しい練習をすれば、

誰だって思うように操ることができる・・・


彼らはそれを証明してくれました!




【奈良県 よねやん@YAMAHA XV1900CU】

2016_10_16_16_24_50_01CIMG5128.jpg




【大阪府 トムさん@H-D ウルトラリミテッドロー】

2016_10_16_16_27_28_01CIMG5133.jpg

初めての参加でバイク倒してばかりで、スタッフの方や周りの方に大変迷惑をお掛けしました。
でも、改めて今現在の自分の限界というものが分かったような気がします。
勿論、公道ではあんな走り方はしないのですが、技術不足を痛感しました。
特にアクセル固定が難しかったです。知らず知らずのうちに、回転数が3000回転近くまで上がっていました。
また、クラッチ操作も普段の運転では、あまり意識してなかったので、いい勉強になりました。
あと、目線・・・、一応遠くや旋回先を見てたと思うのですが、見てた景色と共に倒れていった次第です。

最後にタイムが一番縮まったと聞いて驚きました、これもひとえに、下手くそな私に諦めずに指導していただいたスタッフさんのおかげだと思います。
本当にいい経験ができて良かったです、有難うございました。
帰り道、心成しか運転が楽になった気がしました。
でも、あのコースに比べたらどの道でもらくにおもえました。( ´艸`)


次回も関西での開催の時は、是非とも参加したいと思います。
又、関西方面でのツーリング企画あれば、休みが合えば参加したいと思っています。




【大阪府 ヒロシさん@H-D FLHXS】

2016_10_16_16_23_26_01CIMG5125.jpg

本日は大変お世話になりました。
今後のバイクライフに凄く役立ってくれると思って居ります。
有り難うございました。




【兵庫県 スーさん@H-D FLSTS】

2016_10_16_16_27_21_01CIMG5132.jpg

本日は大変お世話になりました!!本当にありがとうございました!
このコースはすべてのライダーが参加すべき素晴らしいのだと思いました。

講習に向かう今朝は、70キロの道のりと緊張で到着しただけでヘロヘロでした。。。
でも、どうせ参加するなら最後まで頑張ろうと、技術を学ぼうと頑張れました。

これも理解しやすく、レベルに合わせていただいた御陰です。
ご面倒おかけいたしました。

帰りは今日学んだ御陰で、すごく楽に走れて、曲がれて、そして曲がれました。
学習の成果ですね。
また機会がございましたら是非学びに参加したいと思います。




【岡山県 凛さん@H-D XL883R】

2016_10_16_16_32_04_01CIMG5137.jpg

先日は、お世話になりました。ありがとうございました。
昨日あたりから、なぜか左腕が特に筋肉痛で(笑)足より肩に、力がめちゃめちゃ入っていたことを痛感しています…

定常円からスラローム、いろんな課題をこなす中で、はじめはただただビビっていただけだったのが、少しずつ楽しくなり、自分なりだけどうまくできたと思える瞬間とかもあって、レッスンに参加してよかったな~と、とても思いました。
自由自在に自分のバイクを操れるようになるのは、まだまだ遠いとは思いますが、普段やツーリングでも、習ったことを思い出しながら、メリハリのある運転を意識しながら、少しでも上手になれるようになりたいと思います。
本当にありがとうございました。

また、参加出来る機会がありましたら、参加しようと思っています。
私が上手になって、周り友達も参加したくなれるようになれたら…と思ってます(笑)




【兵庫県 ヒーちゃん@HONDA シャドウ400】

2016_10_16_16_25_44_01CIMG5130.jpg

DVD は見ていたので頭ではわかっているつもりでしたがレッスンに参加して、いくつか発見がありました。
エンジンをもっと回すことです。
エコしてたつもりではないですが優しすぎた様です。
日頃からの癖もあるかと思うので少し…
ちょい悪気分でスピードは上げずに回転数を上げることをしてみようと思います。

レッスンの最後、スラロームで気付いたんですけど…
コーナーは左の方が曲がり易いのに、Uターンでは右の方がやり易いです。
自分なりに分析したのが、右に荷重を載せた時の方がリアブレーキをしっかり踏み込め、ニーグリップがキープできるからだと思いました。
一方左の時はニーグリップが不完全な上に上体のフォームが起き上がり、アクセルが遠くなる分、アクセル操作が疎かになっているのかな…と思っています。
よく考えたら、左側通行っていう都合上、左のUターンは始めての経験だったかも(笑)

日頃からレッスンの様な練習が出来ればいうですが、場所を十分に考えないと、バイクが走るだけで暴走族と間違え通報されてしまいそうなのが辛いですね…。
白バイ隊主催の練習など探しているんですが殆どなく残念です。

まだまだ…というか…
ぜんぜんではありますが頑張っていこうと思っています。
数年後になると思いますが、アメリカに行きたいー

本当にありがとうございました。
そして、これからもご指導宜しくお願いします。




【愛知県 ヨシさん@H-D XL1200C

2016_10_16_16_24_21_01CIMG5126.jpg




【大阪府 タカさん@BMW K1600GTL】

2016_10_16_16_22_52_01CIMG5124.jpg

今日はありがとうございました。
改めてバイクの楽しさや難しさを認識しました。
また是非参加したいです。




【大阪府 みーやん@H-D FLHXS】

2016_10_16_16_24_55_01CIMG5129.jpg

『上手くなりたきゃツーリングライダーに行こう??』って ホント言いふらしたくなりますね。

3回目の参加になりますが、毎回新しいレッスンメニューを加えて頂き、
新たな気づきや安定性向上に役立ちます。

帰りのライディングが楽しかったです。

レッスン後暫くはキビキビ運転を意識してカッコ良く?ライディング出来てると思うんですかが
月日が経過するとついついダラダラ運転に戻ってしまいます。
初心に戻るには定期的なレッスン参加は欠かせないですね。
ライダーの人間ドックみたいなもんですかね、 笑笑

また 次回もライディングの定期検診の為参加したいと思います。
いつかはトムさんのように 安全にカッコ良くバイクを操るようになる為に!

お願い:関西地区の1dayワインディングレッスンも企画して下さい。




【大阪府 ケンちゃん@KAWASAKI W650】

2016_10_16_16_24_44_01CIMG5127.jpg

定常旋回練習時のトムさんのアドバイス「ニーグリップをしっかりすること」を受けて
コース内の低速旋回時にニーグリップを心掛けたところうまく曲がれることが体感できました。
一方、メリハリのある走行がまだまだできなかったのでこれが今後の課題です。
ありがとうございました。




【和歌山県 Kさん@HONDA CB400SB】

2016_10_16_16_28_49_01CIMG5134.jpg

トムさま、モッチーさま 先日はありがとうございました。
今日は腕と腰が筋肉痛です。
怖くて上半身カチカチだったんでしょうね。
ゆくゆくはもっと楽に旋回ができるようになりたいです。
空地とかでちょこちょこ練習してみます。

小旋回は本当に難しいし、怖さとの戦いです。
習得したというより、なんとかできたって感じです。

次回また関西での練習会に参加したいです。
できれば定期的に開催してください!!




【三重県 ひっしゃん@KAWASAKI 1400GTR】

2016_10_16_16_25_57_01CIMG5131.jpg

低速でのコントロール、大変勉強になりました。
安全なライディングの糧として、活用していきます。
今度はツーリングでお世話になりたいと思います。
そのさいはどうぞよろしく願いいたします。




【大阪府 レネさん@H-D ローライダー】

2016_10_16_16_31_19_01CIMG5136.jpg

狭い教習所コースでのレッスンということで少し不安でしたが、
ブレーキングや低速の旋回練習もしっかりできよかったです。
公道で苦手だった鋭角に曲がる細い道も曲がれる自信がつきました。
広い場所だと直ぐ諦めて膨らんでしまいがちですが、決められたコースだと
何とかコースアウトしないように頑張るので練習になりました。
教えて頂いたことを忘れないように、これからも定期的にレッスン会は参加したいと思います。
是非また関西での開催をお願いいたします。




【大阪府 フランシスさん@H-D ファットボーイロー】

2016_10_16_16_22_33_01CIMG5123.jpg




本当にお楽しみ様でした!!



そして、今回のスタッフ!ライディングマスターの星をつかめ!?

2016_10_16_16_21_56_01CIMG5120.jpg

左から、トム、もっちー・・・でした!





回は安全な教習所コース会場を終日目いっぱい走りこみ、

普段体感できない車体の挙動を感じていただける良い練習になったことでしょう!


朝来た時とは別人のように変わって颯爽と帰ってゆく、

そんな姿を見せてくれる方が増えていることはとても喜ばしいことです



ライディングとは、出来る、出来ないではなく、

誰でも正しい練習方法を知り実践すれば短時間で簡単に上達します。

そして、上達すると、違う景色が見えてきて、

ますますライディングが楽しくなります。




ぜひ、レッスン会ツーリングなどのライブ企画を積極的にご利用いただき、

いつまでも安全で幸せなバイクライフを過ごしていただければ、

これ以上の喜びはありません。




文責:トム
スポンサーサイト

| レッスン会 | 19:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT