FC2ブログ

ツーリングライダーズ情報館

合言葉は!・・・“上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!”

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【レッスン会レポート】1Dayレッスン会 in 富士山麓・河口湖インター

中央・河口湖インター目の前の好立地!


秋はレッスンの季節!富士をバックに終日レッスン!




“1Dayレッスン会 in 富士山麓・河口湖インター”



~上手くなりたきゃ、

  ツーリングライダーズに行こう!~






2016_11_06_10_47_24_01.jpg

安全で広大な会場で終日心置きなく練習カリキュラムをこなす!

それが、1Dayレッスン会の醍醐味!!




2016_11_06_09_31_06_01.jpg

日頃、公道ではなかなかできない旋回練習にチャレンジ!




2016_11_06_12_54_52_01.jpg

向上心高い仲間たちと、和気あいあいにライディングレッスンに汗を流します!





いもので、今年最後のTR1Dayレッスン会となりました!


会場は5月に爽やかな新緑の中、汗を流した富士山麓の駐車場。

今回は、紅葉に色づく森の中で、気持ちい汗を流しました!



今回も、なんとなくバイクに乗って、

なんとなく公道をライディングしている現状を打破し、

「減速する」「旋回する」「加速する」の3つのアクションを意識し、

個々のアクションの精度を高めていただくことを目標にしました!




それでは、そのレッスン会レポートをご覧いただきましょう!





【レッスンメニュー】


トライカーナ:現状実力把握


ブレーキング:連続急制動・加減速&片手加減速!


乗車フォーム:正しいライディングフォームを実現する!


定常円旋回:加速・減速・回旋・切り返しの二輪4つの基本操作を身に付ける!


オーバル走行:「減速」「旋回」「加速」を徹底的に繰り返し身につける!


4本パイロンスラローム:新課題!ライディングの変化を攻略する!


・選択課題 A:180°連続ターン
       パイロンスラロームで直線加減速&ターンを身に付ける!

      B:Uターン:これで、公道に出ても怖くない!


パイロンスラローム:本日の総仕上げ!


トライカーナ:今日の成果を試す!目標は朝の自分を超えること!





↓↓↓↓今回の写真はこちら!↓↓↓↓



参加者はお気に入りの写真をお探しください!





2016年11月6日(日)


【レッスン会場】


真っ盛りの富士山麓、雲ひとつ無い快晴、

風もほとんどなく、気温も暖かな、最高のトレーニング日和となりました!




2016_11_06_08_08_51_yuu.jpg

会場目の前には、頂きにうっすら雪を冠った雄大な富士山を眺めながらの練習!




2016_11_06_12_20_54_01.jpg

当日は、雲ひとつない秋晴れ!最高のバイク日和!!

5月開催同様、富士山麓の広大な駐車場を拝借してのレッスンです。




2016_11_06_09_22_42_01.jpg

本当はツーリングに行きたいような陽気ですが、

朝早くから練習に来る参加者に敬服です!





★効果測定★~トライカーナ~(レッスン前)


ものごとの上達には、今の実力を計測することが必要です。

実力を数値化することで、

上達の有無、欠点・課題が客観的に見えてくるからです。


今回もレッスン前と後に、4本のパイロンの間を走り抜ける 

トライカーナのタイムアタックに挑戦していただき、

それぞれ参加者のタイムを測りました。


トライカーナは闇雲に飛ばしても、

無理をして突っ込んでいってもタイム短縮につながりません。

ひとつひとつの操作を丁寧に精度高く、連続して行うことが必要です。




2016_11_06_09_24_27_01.jpg

来場いきなりですが、効果測定のため

タイムアタックにチャレンジしていただきました!




2016_11_06_09_30_15_01.jpg

またもやニューマシンを引っ提げて登場のセイやん

いままでの大型ツアラー車に代わり、機動性抜群のスポーツ車でチャレンジです。




2016_11_06_09_29_17_01.jpg

このようなタイムアタックは初めてで、戸惑いながらも無難に走るもりさん





イムアタックが終わったら、集合いきなりTR恒例のご挨拶・・・



2016_11_06_09_45_24_yuu.jpg

今回、TR初参加の方もいますけど、しっかりついてきてくださいね・・・



では、いきま~す!


2016_11_06_09_44_34_01.jpg

「みなさん、お元気ですか〜!?」




2016_11_06_09_48_35_01.jpg

今回のスタッフ、ユウさん、新しい練習課題を考案して来てくれました!




2016_11_06_09_49_23_01.jpg

先週の奥多摩・フルーツライン方面ツーリングに続きスタッフ参加の大ちゃん

真新しい黒キャップがお似合いです。

主に今回は、写真撮影をお願いしました!



以上スタッフ3名で皆さんの練習をお手伝いさせてもらいました!





★ブレーキング★

くのライダーが、ライディングで恐怖心を覚える本当の原因は、

速く走れないのが原因ではなく、

その速度をコントロールできないブレーキング技術の未熟さが原因です。

つまり、ブレーキング技術を上達させることで、

速く、バイクらしいメリハリある走りを実現できるだけでなく、

何より、ライディングにおける安全マージンを手に入れることができるのです。



2016_11_06_10_30_22_01.jpg

ブレーキングはライディング上達の基本、

正しく練習すれば、ほんの数十分で見違えるように上達します。




2016_11_06_10_30_41_01.jpg

今回は、フロントだけの急制動、リアだけの急制動

そして、前後両方をしっかり使った急制動を、

違う速度から行い、目標地点で停まる練習を繰り返し行っていただきました。




2016_11_06_10_13_47_01.jpg

大きな車体をガッチリ停めるケンジーさん




2016_11_06_10_12_22_01.jpg

フォワードコントロールの車体をうまくコントロールするアンディさん




2016_11_06_10_40_35_01.jpg

ハーレー・ウルトラ
でも臆することなくブレーキングするすももんさんには、

さらに高いレベルで安定したブレーキングを伝授しました!



ブレーキング練習はやればやるだけうまくなりますので、

日頃の市街地走行でも繰り返して欲しいです。


ブレーキは難しくないんですが、身につけた恩恵は計り知れないので、

ぜひ短期間で身につけてくださいね!






★乗車フォームカリキュラム★

 ~ライディングフォームを身に付ける~



晴らしいパフォーマンスを常に出し続ける一流プロスポーツ選手が、

美しく、理にかなったフォームをしているように、

バイクのライディングでも乗車フォームはとても重要です。

初めに 間違った効率の悪いフォームを身につけてしまうと、

いくら練習をしても、決して一定以上の成果は現れません。





2016_11_06_11_00_21_yuu.jpg

2016_11_06_11_07_46_01.jpg

ここでは、まず正しいリーンウィズを知り、

実際に停車させた自分のバイクの上でその乗車フォームを取っていただきます




2016_11_06_11_19_54_01.jpg

停まっているバイクの上では、誰でもストレスなくフォームチェックができます。




2016_11_06_11_18_13_01.jpg


正しいフォームを取れば、自然にバイクは旋回してくれます。





★定常円旋回走行★

 ~正しいフォームを身に付ける!~



イクを小さく旋回させるには、

まずバイクの速度を落とすこと・・・

そしてステアリングをたくさん切らせることです。


正しいライディングフォームを早速実践し、

ステアリングを使ってコンパクトに旋回してみましょう!



2016_11_06_11_28_27_01.jpg

大きな車体でも速度を落とし、ステアリングを切ることで、小旋回が可能です!



2016_11_06_11_38_21_01.jpg

正確な旋回には、目線方向がとても重要です。




2016_11_06_11_36_19_01.jpg

フォームと合わせて、目線を旋回方向に向けていきます。




2016_11_06_11_39_09_01.jpg

目線を向けることで、自然な上体移動をもたらしています。




2016_11_06_11_40_58_01.jpg

意図的な上体移動が、さらにセルフステアリングをもたらし旋回性を増します。




2016_11_06_11_25_18_01.jpg

練習ではスタッフの手の方向を、強制的に向いて、

ステアリングが切れることを体感していただきます。




華麗なハーレー三人衆の小旋回をご覧あれ!

大きなハーレーを半径5m程度で旋回させる様は、みんなの憧れです!



2016_11_06_11_34_24_01.jpg

2016_11_06_11_34_57_01.jpg

2016_11_06_11_33_37_01.jpg

さすが、レッスン会のリピーターとなると、レベル高いですね・・・

見ているだけでも勉強になります。





★オーバル走行★

 ~「減速」「旋回」「加速」を

   徹底的に繰り返し身につける!~



は、白バイの訓練に取り入れられている練習です。

それほど、単純だけども難しく、奥の深い練習課題です!



2016_11_06_11_49_12_01.jpg

オーバル旋回攻略のコツはライン取り、

実際にマーカーの周りの走行ラインを確認してから練習に入ります。




2016_11_06_11_57_07_01_201611072153015d8.jpg

トガちゃん、よくステアリングが旋回方向に切れていますね!

バイクを寝かせて曲がるのではなく、ステアリングを切って小さく旋回するのです。

そのためには、車速を遅くするコントロール術が必要になってきます。




2016_11_06_12_00_53_01.jpg

上体を三次元に使ってのソワンさんのコーナリングと脱出・・・

中型車は荷重移動、荷重入力に敏感に反応するため、

バイクの挙動を覚えるのにはとてもいいですね。




2016_11_06_11_55_42_01.jpg

上手な方はフォームがカッコよく安定しています。



2016_11_06_14_11_32_01.jpg

スタッフ・大ちゃんのコーナリング進入、

軽量スポーツ車はステアリング切れ角が少ないので、

小旋回は意外と難しいのです。





★ランチタイム★


れない低速練習は体力だけではなく、意外と集中力をすり減らします。

短い時間ですが、午後の応用練習に控え、英気を養いましょう・・・・



2016_11_06_12_18_06_01.jpg

愛車の傍にシートを広げランチをほうばるすももんさん

バックの森の紅葉眩しく、まさにピクニック気分ですね・・・




と、思いきや、みなさん、昼食も早々に切り上げて、

コースでの自主練習や、スタッフへの質問と、

今回の参加者各位は、本当に頭下がるぐらい熱心な方達で、

スタッフも午後の指導に気合が入ります!



2016_11_06_12_04_33_01.jpg

休憩そこそこに、個別の疑問を確認するプチレッスンの場となっています。




2016_11_06_14_14_31_01.jpg

荷重移動を感じる練習です、決して遊んでいるのではありません・・・





★4本パイロンスラローム★

 〜新課題!ライディングの変化を攻略する!〜



今回は、ユウさん考案の新課題をご用意しました。



4slalom.jpg

5m四方のマスに、不規則に並べられた4本のパイロンの間を縫い周回するこの課題。

ライン取りと旋回速度、旋回半径を微妙に変えながら、

もっとも効率よく周回できるのか攻略します!




2016_11_06_13_05_21_01_201611072151501e2.jpg

全体のライン取りをイメージできないと、うまく周回できません。




2016_11_06_13_03_25_01.jpg

旋回前半に大きく向きを変え、

後半は早めに加速態勢を作るトガちゃんの高度な技術!

バンク角が小さいハーレーは車体を寝かせられないので、

ステアリングを大きく切ってあげると小さく向きを変えれるんですね。




2016_11_06_13_07_52_01.jpg

目線を素早く切り替えておくことで、効率的なラインをとる長兵衛さん




2016_11_06_13_14_28_01.jpg

素早く旋回を終了させ、加速態勢に入るケンジーさん




2016_11_06_13_06_51_01.jpg

旋回方向に上体を回転させて立ち上がり体制に入るソワンさん





★選択課題★

A:180度連続ターン

〜パイロンスラロームで直線加減速&ターンを身に付ける!〜


連続180度ターンでは、なんとなく曲がるのではなく、

ターン脱出で膨らむことなく素早く、小さく向きを変えること、

そして直線を長く取り、安全なその直線部分でしっかり加速し減速する、

より実践的で公道向きの走りを目指します!



2016_11_06_14_25_19_01.jpg

旋回前半にしっかり向きを変え、理想的なライン取りで加速態勢に入るつかちゃん




2016_11_06_13_58_23_01.jpg

どんどん走りが鋭く上手くなっているせいやん




2016_11_06_14_59_25_01.jpg

ずいぶん、目線の使い方が上手くなったもりさん




2016_11_06_14_05_15_01.jpg

速くコーナリングするのではなく、旋回円を小さくすることで旋回性を高める

という、一つ上のレベルの旋回技術を体感したアンディさん





習の合間には、希望者にタンデムレッスンを行いました!


ライディングの上達では、理論やデモを見聞きするのも大切ですが、

それを自分の身体で「できる」ことが必要です。

そのためには、できる人の感覚を体験することが何より大切になるのです。



2016_11_06_13_19_22_01.jpg

上級者が上手く走れるのには理由があります。




2016_11_06_13_19_17_01.jpg

正しい上体の移動の仕方、目線の方向、速度、

ブレーキ・アクセルのタイミング、バンク角など、

自分一人ではけっして体感できないライディングを感じ取ってください!




2016_11_06_14_11_38_01.jpg

大ちゃん
も写真撮影の合間に、自習練習です!





B:Uターン ~これで、公道に出ても怖くない!~


というほどUターン練習ができるのも、TRレッスン会のいいところ。

マーカーで、10m、8m、6m幅の道幅を作り、

180度ターンの合間に、Uターンの自習練習をやっていただきました!





★本日の総仕上げ・パイロンスラローム!★


場いっぱい使って、心置きなく走っていただきましょう!


早く走ることに集中するのではなく、 一つ一つのターンを

「減速」「旋回」「加速」の3アクション確実にクリアしながら、

上手くライン取りをすることが大切です



集中を切らすことなく、楽しく最後の課題に取り組んでいただきました!




2016_11_06_15_02_04_01.jpg

大小さまざまなスラロームターンを織り交ぜたコースを駆け抜けるのは楽しいです!




2016_11_06_15_01_53_01.jpg
大きいハーレーを、自在に操れるようになってきたすももんさん




2016_11_06_14_59_43_01.jpg

旋回方向に目線がしっかり向いているソワンさんの走り




2016_11_06_14_59_22_01.jpg

バイクの旋回性を信頼するようになり、走りのレベルが変わったアンディさん




2016_11_06_15_21_56_01.jpg

立ちあがりで、バイクを立てる方法をマスターしたつかちゃん




2016_11_06_15_00_33_01.jpg

リズミカルにストレートパイロンスラロームをクリアするもりさん




2016_11_06_15_00_37_01.jpg

大きく重たいバイクをコツをつかんでコントロールするケンジーさん




2016_11_06_15_00_58_01.jpg

個々のきめ細かなアドバイスも、TRレッスンの特徴!



パイロンスラロームは、ライン取りが大切です。

進入ラインを間違えてしまうと、以降のライン取りが難しくなってしまいます。

これって、ワインディングといっしょですね。





★効果測定★~トライカーナ~(レッスン後)


日の練習カリキュラムをすべてこなし、

さあ、どれだけ上達できたのか測定して確認してみましょう!



2016_11_06_15_42_26_01.jpg

朝のライディングとは別人のような参加者達続出でした!




※注意!音が出ます!


紅葉が午後の陽ざしに光る美しい背景の中での最終タイムアタック!




2016_11_06_15_56_02_01.jpg

タイムアタック終了後、トムから結果発表させていただきました!

果たして結果はいかに・・・




今回トライカーナ効果測定でタイム短縮し、上達された上位者は・・・・



第3位は。。。

2016_11_06_15_56_21_01.jpg

最近、ツーリングにレッスンに、積極的に参加されるもりさん

慣れない練習で大変だったでしょうが、確実に一つ一つ課題をクリア、

着実に上手くなっています!!




第2位は。。。

2016_11_06_15_56_34_01.jpg

やりました、せいやん、まだまだ、上手くなってますね♪

ニューマシンは、なかなかご本人に合っているのでは・・・笑




そして、今回の1位は。。。


Nonさん、ひたむきに黙々と練習する姿勢は、けして裏切りませんでした!

1名だけ6秒以上もタイムを短縮、まるで別人のようでした・・・

(ご本人のご希望により、写真掲載はしておりません)





トライカーナでは、車種特性や経験によってタイム差が出てくるので、

タイムを比べることにあまり意味はありません。

しかし、ご本人たちの名誉のためにも、

栄光のTOP3をご紹介し、素直にトップタイムを称えましょう!



今回の第3位。。。

2016_11_06_15_58_24_01.jpg

ここで堂々第3位に入ったのは初参加のケンジーさんです。

大きなツアラーを豪快に操っていたのが印象的でした!




そして、堂々の第2位入りしたのは。。。

2016_11_06_15_58_38_01.jpg

一年ぶりのレッスン会で、大いに一皮も二皮もむけたアンディさん

その結果が、この順位です!




そして、栄光の第1位は。。。

2016_11_06_15_58_58_01.jpg

大きく重たいハーレー・ツーリングモデルを駆ってのつかちゃんでした!

加速、旋回、ブレーキング、ライン取リと、どれを取っても無駄ない

正確なライディングが、実はさりげなく早いことを証明しました。





★エンディング★


イクにとっても、ライダーにとっても優しい日差しと風が心地いい秋の一日、

最高の会場ロケーションと、素敵な仲間にも恵まれ、

朝から夕方まで、今回も本当に密度の濃い一日でした!



今回上達したライディング技術で、公道を同じように走らないでください

上達分は安全マージンの余裕にとっておいて、今までどおりの走りをしてくださいね!



2016_11_06_16_03_59_01.jpg

では、最後はツーリングライダーズ流に終わりましょう!




2016_11_06_16_04_02_01.jpg

1日、一緒に汗を流した仲間たちと熱い握手とハグで感謝と敬意を表します!




2016_11_06_16_02_38_yuu.jpg

いつまでも、真面目にライディングに向き合うせいやん

その向上心に頭が下がります! “目指せ、Aチーム!”




2016_11_06_16_04_16_01.jpg

こちらは、A組リピーター三人衆

高いレベルでさらに上達を望む姿勢に、敬意を表します。

他のメンバーを引き上げていただき本当に感謝です!




2016_11_06_16_04_24_01.jpg

遠く、福井からいらしたケンジーさん、長い道のり、ありがとうございます!




2016_11_06_12_54_29_01.jpg

とても充実した一日でした。

来年のツーリング、レッスン会でまたお会いしましょう!





初は戸惑い、上手く出来なかった課題も、

「意外と乗れるじゃん!」と思うほど上達したのではないでしょうか?



実は、バイクのライディングって難しくないんです。

箸を使ったり、自転車に乗ったりするのと同じで、

最初は誰でも出来ないけれど、 正しい練習を繰り返すことで、

誰でも同じように上手くなることができるのですね。


だから、自分を信じて練習を続けていただきたいし、

壁にぶつかったらメールサポートを利用してくださいね。



~上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!~





後に、今回の参加者をご紹介します!★


年配者だって、アメリカンバイクだって、

安全で上手なライディングには全く関係ないんです・・・


同じ2輪車、原理を理解し、正しい練習をすれば、

誰だって思うように操ることができる・・・


彼らはそれを証明してくれました!






【千葉県 アンディーさん@H-D FXDL】

2016_11_06_16_06_26_01.jpg

2016_11_06_11_57_51_01.jpg

スタッフ並びに参加者の皆さんお疲れ様でした。

私は1dayレッスン会の参加は約一年ぶりだったので、
事前に過去の自分の練習動画を見直してイメージトレーニングをしていました。
一年前に比べてそれなりに上達していましたが、今回のレッスンで
まだまだ上手くなれることが分かって今後のバイクライフもワクワクします。(笑)

トムさんから伝授して頂いた小旋回のコツは自分自身では考え付かない貴重なものでした。
言葉では表現しづらいですが、トムさん曰く「バイクを信頼しましょう」というのもすごく納得できました。
得てして忘れがちになるコツですが意識するようにして今後のスキルアップのきっかけにしようと思います。

最後にレッスン会のメニューでいつも思うように走行出来ないのが「直線パイロンスラローム」です。
ユウさんにコツを教えてもらいましたが、操作のイメージが湧かなくて困ってます。
今後のレッスン会に「直線パイロンスラローム」の練習機会を増やして頂けたら嬉しいです。
宜しくお願いします。




【東京都 とがちゃん@H-D FLTR】

2016_11_06_16_07_28_01.jpg

2016_11_06_15_00_40_01.jpg

1dayレッスンありがとうございました。

フルブレーキングでタイヤロックギリギリの体験、
アイドリングとクラッチワークだけでの発進体験、
実際の道幅を想定したUターンの反復練習、
セルフステアリングが理解できるパイロンスラローム、
どれもエンストや立ちゴケが怖いので普段は避けたいものばかりですが、
繰り返し体験することで体が慣れてくると恐怖感が無くなります。
レッスンを終えた帰り道は自分のバイクが驚くほど軽く感じます。
特にいつも通る自宅周辺の道路を走るとなんとなく違いが判ります。

何回かレッスンに参加させてもらっておりますが、
そのたびに新たな発見が出来て、ますますハーレーに乗るのが楽しくなります。
また参加させてください。
(^-^)v




【福井県 ケンジーさん@KAWASAKI 1400GTR】

2016_11_06_16_07_01_01.jpg

2016_11_06_13_55_43_01.jpg

スタッフならびにメンバーのかたがた有難うございました!
渋滞等有りましたが、予定どうり5時間、9時帰宅でした。
今日は筋肉痛です・・・




【東京都 ソワンさん@Kawasaki ZZR250】

2016_11_06_16_08_40_01.jpg

2016_11_06_13_15_45_01.jpg

約二年ぶりのレッスン会でした。
まだまだ学ぶことが多いように感じてます。これからもご指導をよろしくお願いします。
レッスン会で得られた学びを日常のなかでも意識しながら走ることを痛感しました。
また、改めてですが、ニーグリップと荷重移動と大切さと、
バイクはバランスを取り保ちながら走ることを、身体が学んだレッスン会でした。

ありがとうございました。




【千葉県 長兵衛さん@Honda CB1100EX】

2016_11_06_16_08_20_01.jpg

2016_11_06_14_25_35_01.jpg

1Dayレッスン会、大変お世話になりました。
初参加で大変不安でしたが、理論もわかりやすく
ターンの時のフォームと目線、またブレーキの使い方等凄く勉強になりました。

2度目の転倒でフロントブレーキレバーを折り応急処置をしていただき大変助かりました。
疲れましたが楽しく有意義な1日になりました。ありがとうございました。
技術不足を痛感したので元気でいればクラッチレバーとブレーキレバーの予備を用意してまた参加します。
その時は宜しくお願いします。




【 茨城県 つかちゃん@H-D FLHRSE6】

2016_11_06_16_06_37_01.jpg

2016_11_06_13_11_47_01.jpg




【 神奈川県 もりさん@H-D FXDB】

2016_11_06_16_07_16_01.jpg

2016_11_06_15_20_37_01.jpg




【埼玉県 せいやん@BMW R1200RS】

2016_11_06_16_08_04_01.jpg

2016_11_06_13_10_13_01.jpg




【東京都 すももんさん@H-D ウルトラ】

2016_11_06_16_06_48_01.jpg

2016_11_06_13_05_32_01.jpg




本当にお楽しみ様でした!!



そして、今回のスタッフ!なぜか富士の麓に横たわる若干3名!?

2016_11_06_16_09_41_01.jpg

左から、ユウさん、大ちゃん、トム・・・でした!





回は安全な広大な会場を終日目いっぱい走りこみ、

普段体感できない車体の挙動を感じていただけたことでしょう!


朝来た時とは別人のように変わって颯爽と帰ってゆく、

そんな方が増えていることはとても喜ばしいことです



ライディングとは、出来る、出来ないではなく、

誰でも正しい練習方法を知り実践すれば短時間で簡単に上達します。

そして、上達すると、違う景色が見えてきて、

ますますライディングが楽しくなります。




ぜひ、レッスン会ツーリングなどのライブ企画を積極的にご利用いただき、

いつまでも安全で幸せなバイクライフを過ごしていただければ、

これ以上の喜びはありません。



文責:トム
スポンサーサイト

| レッスン会 | 19:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT