FC2ブログ

ツーリングライダーズ情報館

合言葉は!・・・“上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!”

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第8回 1-dayレッスン会(ハーレー限定)in千葉

(おそらく)日本初!

ハーレー・アメリカンバイク

  ならでのテクニックを完全習得

 低速旋回徹底克服 

   ★ハーレー限定★ 
     1-dayレッスン会 in 千葉





20110605-1238.jpg




ハーレーって本当に難しい?

ハーレーって、スポーツライディングできないの?

そんな誤解を一掃!

効果テキメン! ハーレーならではのテクニックを完全習得しました!








なぜ、今まで無かったのでしょう。

そう、ハーレー専門のライディングレッスン会


いえ、全く無かったわけではありません。

例えば、ハーレーダビッドソンのディーラーもレッスン会を主催しています。



ツーリングライダーズが、他のレッスン会と大きく違うところ



それは、ハーレーのエンジンがもつ特徴をしっかりと捉え、

それをスポーツバイクと対比し、

ハーレーの苦手とされる部分を掘り起こした上で、

それを克服するテクニックを体系立ててレッスンしていくところにあります。





そして、なにより

レッスン前後の効果測定をしっかり実施するのも、

ツーリングライダーズならでは!


ご自身の上達度を定量的に、そして客観的に知ることが出来ます。




さらには、一人ひとりのライディングを動画でしっかりチェック!

あとで、しっかりと編集をして皆さんに配布することで、

ご自身のイメージと実際のギャップを把握し、

次へのステップに活用することができます。




つまり、ただなんとなく・・・

のレッスン会ではなく、

参加されたら、参加しただけの効果を

確実に実感していただける工夫が随所にちりばめられています。





さて、それでは

ひとつ一つの課題を真剣にクリアしていく,

当日のハーレーライダーたちをとくとご覧あれ。










【当日のレッスンメニュー】


・効果測定 その1(トライカーナ)


・これがすべての基本技!ブレーキング術を身につけよ!
  -ストップ急制動
  -連続加減速急制動
  -片手急制動
  

・これを知らなかったからハーレーは難しかった!
 「絶妙なるクラッチワーク」を身に付けよ!


・小旋回が得意になる! 定常円旋回練習


・ハーレーでもこのスポーツ感覚! 8の字演習


・的確なライン取りとメリハリが攻略のキモ! 
        オフセットパイロンスラローム

・効果測定 その2(トライカーナ)










写真館はこちらから!













20110605-0935_1.jpg
ハーレーハーレーによるハーレーだけのレッスン会がスタートします







20110605-0921_2.jpg
いつもながら,まず最初に行うこと.
それは,しっかりとした準備体操です.
普段使わない筋をしっかりとストレッチで伸ばしておきます.







20110605-0923_1.jpg
そして恒例のオープニング!
本日はハーレー限定レッスン会ということで,
タシロにかわり
自称「ハーレーライテクコンサルタント」のジョーが
総合プランナーを務めます.




20110605-0926_2.jpg
もちろん、いつもどおりタシロも元気に『非日常的な』ご挨拶





20110605-0935_2.jpg
それでは、早速レッスンスタート!!







・・・と、その前に。

今回の敷地を快くご貸与いただいた、メンバーでありサポーターズのMさん。


20110605-1526_2_20110611055009.jpg




Mさんも練習に加わりますが、ハーレーではなく

メガツアラーの隼です。








◆これがすべての基本技!「ブレーキング術」を身につけよ



多くのライダーは,アクセルをいかに開けて

速度をあげるかにフォーカスしすぎです.

まず確実に止まることができなければ,

アクセルを開けることはできないのです.



ここではどうやったら確実に安定して止まることができるのか,

をレクチャーと実践をもって習得していきました.








はじめはユルユル、おっかなビックリだったブレーキングも、

最後はキュキュッ・・と、鋭く停止できるようになりました。







◆これを知らなかったからハーレーは難しかった
     「絶妙なるクラッチワーク」を身につけよ!




マルチエンジンを持つスポーツ系バイクは,極低速域になっても

エンジンはガクガクせずに,比較的安定した粘りを見せてくれます.


しかし,ハーレーに代表されるロングストローク・ビッグツインエンジンは,

低速域になると,エンジンそのものがガクガクと大きく揺れ動き,

それがために,怖くて安定した旋回ができません.



だったら,ビッグツインエンジンを

まるでマルチエンジンのごとく変えてしまえば,

ハーレーだってスポーツ系バイクのように安定して旋回できるはず!





それを実現するテクニックが

「絶妙なるクラッチワーク」

なのです.










この「絶妙なるクラッチワーク」をマスターしたメンバーは,

「ハーレーってこんなに乗りやすく変化させることができるんだ!」

と,あらためて驚きを隠せない様子でした.









◆小旋回が得意になる!「定常円旋回」練習



「絶妙なるクラッチワーク」を覚えたら,

早速小旋回の極意に移っていきます.



まずは,旋回時の正しいフォームを体に叩き込んでいきましょう!


20110605-1139_1.jpg
「とにかくバイクを自分のものにしたい」と意気込みを語っていたNさん




20110605-1139_2.jpg
昼休みに「コーナリングのライン取り」を熱心に質問していたOさん




20110605-1139_3.jpg
今回ピカ一の実力保持者だった Nさん




20110605-1143_2.jpg
大きなウルトラを華麗にねじ伏せる Hさん
(このハリキリ具合が後に・・・)













タシロの熱血指導ぶりは今日も健在です!!




これまで苦手と思っていた小旋回が,

徐々にできるようになってくるその喜びを

感じずにはいられません!!
















と,ここで!!



20110605-1119.jpg


なんと,休憩時間を見計らっていたかの

絶妙なタイミングで

西日本支部長の名を欲しいままにしているSさんが,

冷たいドリンクの差し入れを持って登場してくれました.






西日本支部長!

心憎い演出,ありがとう!!













休憩タイム


時間は早くもお昼の12時!

約1時間の昼食タイムに突入です.





20110605-1215_1.jpg
遠く新潟から参加していただいたNさん。
昼食中もタシロとバイク談義に花が咲いていました。





20110605-1217.jpg
非日常的なことが許されるツーリングライダーズのイベント。
ある意味今日は、「大人のための運動会」なのです。





20110605-1225_1.jpg
昼食時もライテクを学ぶチャンスが「てんこ盛り」
Oさんはジョーに、ハーレーならではのライン取りについて
質問され、プライベートレクチャーを受けています。






20110605-1225_2.jpg
なぜライダー同士って、すぐに仲良くなってしまうのでしょう。
大人が子供に帰ることのできる、そんな魔力がバイクにはあります。






20110605-1239_1.jpg
シャッターチャンスを大きく逃した
地球へ着陸直後の「地球外生命体」たち!








◆ハーレーでもこのスポーツ感覚!「8の字」演習



走る、止まる、曲がる、切り返す・・・

というライディングの基本メソッドが詰まった8の字走行。

それは、もちろんハーレーにだって通用します。



今回は特に、ハーレーライダーにありがちな

「ダラダラ加速、ダラダラ減速」

を徹底的に克服していただこうと、

とにかく「メリハリ加減速」に意識を集中して

オーバル走行と8の字走行を練習していただきました。



その練習風景は・・・







ジョーの見本走行と受講者たちとの決定的な

違いをもたらす違いは、

「パイロンとパイロンを結ぶわずかな直線で

どれだけしっかりとした加減速ができているか・・・」


ということになります。


では、なぜこのような「違い」ができるのでしょうか?


それは、

いかに多くの直線を作り出せるか・・・

の違いなのです。



もっと言うと、

より多くの直線を作り出すためには、

その前段である、旋回時のライン取りにあるわけです。


こんなことを踏まえて、もう一度動画をみていただくと、

その違いが「腑に落ちる」と思いますよ!




20110605-1407_4.jpg
タシロ&ジョーのダブルヘッダーで
レッスンは進行しています。





20110605-1407_1.jpg
ウルトラと真剣に格闘した末、
精も根も尽き果てて、なぜか「色っぽく」ガックリするHさん








◆的確なライン取りとメリハリある加減速が攻略のキモ!
「オフセットスラローム」演習




本日最後の総仕上げ演習となりました。

今日行ってきた数々の練習技のすべてが、

この「オフセットスラローム」演習に集約されています。



公道ワインディングではそこそこ走れるのに

この「オフセットスラローム」はまったくダメ・・・

というライダーが大変多いです。


そんなライダーの特徴は、

「バイクに乗せられている」

ということに気づいていません。


「バイクはライダーが操る」

この基本を知る最良の練習が

この「オフセットスラローム演習」にあります。










【効果測定】



レッスン前後で効果測定を行いました。


一体、今日というたった1日(正確には半日)で

参加者はどれだけ上達したのでしょう?

かけた投資(参加費や時間)は元を取って余りあるもの

だったのでしょうか?


そこで今回の効果測定は

「トライカーナ」方式で

おこないました。


25m×15mの四角頂点に置いたパイロンを

ある法則にしたがって一周し、そのタイムを計ります。



結論から先に発表しますと、

全員がタイムを大きく縮めることに成功

しました。


これが意味することは、

ハーレーでも、コーナリング中はゆっくり安全に小さく旋回し、

直線でしっかり加減速

という、メリハリ運転が出来るようになったということになります。




(参考タイム)

          (前)   (後)   (差)

Oさん(FLHX)  :34秒00 → 31秒59(-2秒01

Nさん(FLSTN) :25秒69 → 24秒38(-1秒31

Nさん(FLHX)  :28秒12 → 26秒15(-2秒03

Mさん(FXST) :28秒78 → 25秒69(-3秒09

Hさん(FLHTCU):30秒30 → 28秒66(-1秒64

Tさん(FLH)   :29秒50 → 27秒35(-2秒15

ジョー(FLSTFB) :       23秒18




レッスン前後での

旋回中フォームの違い

パイロンを小さく鋭く旋回する違い


などに注目してご覧ください。






ちなみにこの「トライカーナ」では、

より確実で正確なライディングを心がけていただくため、


パイロンタッチ +1秒

足つき +1秒

ゴール停止線でのオーバーラン +3秒


というペナルティーが付いています。




【エンディング】


濃厚・濃密なレッスン会が終了しました。

名残惜しいですが,エンディングです。




20110605-1521_1.jpg
礼に始まり、礼に終わる
まるで「武道」ですね。




20110605-1527_5.jpg
いつもどおり、お別れはハグで!
この「非日常的空間」がまたいいのです。




20110605-1528_1.jpg
「次回はツーリングで!」
たった1日の交友は、この先無限に広がりをみせています。
(だからバイクという趣味はスバラシイ)












それでは最後に、今日の参加者様のご紹介です。






20110605-1532.jpg
神奈川県からお越しのNさん@FLHX





20110605-1533.jpg
埼玉県からお越しのHさん@FLHTCU





20110605-1534_1.jpg
千葉県からお越しのOさん@FLHX




20110605-1534_2.jpg
神奈川県からお越しのMさん@FXST




20110605-1537.jpg
東京都からお越しのTさん@FLH




20110605-1538.jpg
新潟県からお越しのNさん@FLSTN





20110605-1541.jpg
そして今日のスタッフ













参加者の方たちから、多くの感想をいただきました。

その一部をご紹介しましょう!!



【神奈川県 Mさん】

「ハーレー限定1-day レッスン」大変お世話になりました。
大変有意義な一日を過ごすことが出来ました。
DVDや文も大変参考になりますが、
やっぱり実際教わり、見てもらいアドバイスをいただくのが一番です。

先日初めて参加させていただいた
富士山一周ツーリングも楽しい思いをさせて頂きましたが、
今回もやりたくてもなかなか出来ない練習を
盛り沢山やっていただきツーリングに匹敵するぐらい
楽しませていただきました。

実践編のオフセットスラロームはもっともっと練習したいところです。
(もっともその前の基礎もしっかりやらないとダメですが^^;)

レッスンもタシロさんジョーさんの
熱意あるご指導に感謝しております。

今回一応ハーレー限定という事で
ハーレー特有のハンドル切れ角や
ビックツインとマルチエンジンの特性を踏まえた説明も良く分かりました


これはネイキッドなどマルチエンジンだけの
バイク講習(行ったことは有りませんが)やマニュアル本だけでは
理解しきれなかった事だろうと思います。

ツーリングライダーズさんなら
たとえハーレー限定でなくても臨機応変に
アメリカン特性を教えていただけるでしょうから安心です。

帰路は来る時よりも自分なりに少し自信がついて
バイクコントロールが出来帰れた思います

ありがとうございました。
次の企画を楽しみにしています。





【千葉県 Oさん】

このたびは大変お世話になり、ありがとうございました。

タシロさん、ジョーさん、とにかく格好良くて、すごく憧れました。
また、ユーモアもありサービス精神も旺盛で人間的にも尊敬いたします。

「非日常」を私も是非身につけたいです。
普段は月に一・二度、バッテリー上がり防止程度でバイクに乗る程度です。
私もバイクの腕を磨くことで、もっと積極的に表に出れるかも知れません。
お二人みたいに格好良い大人を目指したいです。

私はこのハーレーに乗るまでは原付バイクしか乗ったことがなかったので、
ハーレーだけのレッスン本当にありがたかったです
ブレーキング、絶妙なるクラッチ、リアブレーキの使い方、コーナーリング、
DVDだけでなく、実際に体験できてすごく良かったです

また是非参加させて頂きたいです。

本当にありがとうございました。





【神奈川県 Nさん】

今回のレッスンで、今までの考え方、捉え方、すべてが変わりました。
ハーレーだからできない!ではなくハーレーだからできる!!
と言うことを教えて頂きました


参加するのにすごくハードルを高く自分で設定をしてしまい、
当日まですごく楽しみにしていた反面、やめようかなぁ 
って思う自分も正直いました。
思い切って参加をさせて頂いて本当に良かったです

なかなかあそこまでのライディングを
親身になって教えて頂ける機会はないと思います


ちなみに帰り道、ガソリンスタンドに寄った際、
いきなりUターン進入できっちり横付け成功!!
信号ストップでもパッパッと急制動を思い出し止ってみると、
ブルブルバタバタしていた停車がきちっと止まれるようになっていました。

主催者側の親切で丁寧な対応と、フレンドリーに接してくれて、
そして参加者の皆さんにも、
初めて会ったとは思えないぐらい笑顔満点の1日でした。

往復で380kmを超えるプチツーリングでしたが
充実した気分で帰ることができました。
ありがとうございました。




【新潟県 Nさん】

今回のレッスン会における感想について


先日は、ありがとうございました。
新潟から参加したNです。

遅くなりましたが、感想を申し上げます。

1 全般
生意気を承知で結論を先に申し上げます。
私にとっては、新潟市から千葉のレッスン会場まで片道420Kmを
実走行して参加する価値が十分あるものでした。

2 受付(レッスン前のムード)
このようなバイクの講習会には今回初めて参加しました。
正直申し上げて、少々警戒心を持っておりましたが、ジョー様、タシロ様
カメラマン様(すみません名前を失念)の明るく、温かい歓迎にホッとしました
本当にバイクが好きな人達が運営していることがすぐに理解できました。

3 講習前後レベルの確認(トライカーナ)
20数年ぶりに実施しました。ライダーの技量判定や操縦技術を短時間に
効果的に向上させるためにピッタリであることを再確認しました。
自分でも安全な場所を確保して練習してみたいと思います。

4 ブレーキング
オンロードバイクはフロントブレーキを主体で使うものという概念があり、
本講習でリヤブレーキの効果的な使用法を教えていただきましたので
今後自分のものにできるように練習を重ねたいと思います。
それから、加減速時の上体の姿勢変化を両腕でハンドルを抑え込まない
ようにする必要性を十分に体感できました。

5 絶妙なるクラッチワーク
今まで、半クラッチを使用することは、機関保護の見地からタブーと
思い込んでいましたので最初はとても抵抗を感じました。
しかし、ビッグツインエンジンバイクの安全な低速旋回のためには
大変有効な手段であることがよく理解できました

意識していないとまだクラッチを握りこんでしまうので継続練習します。
本講習課目中最も勉強になりました

6 その他
実施科目とタイムスケジュール等、全般にとてもよく練られていると感じました。
でも私のように遠方から参加する者としては、2dayレッスンの企画があっても
よいと思います。

ツーリングライダーズの趣旨、企画、運営全般が気持ちよく、
是非今後もお付き合いをお願いしたいと思います


7 私事
7月から新企業に転職のため、今夏の北海道ツーリング参加は無理ですが、
今後もレッスンや、ツーリング企画にできるだけ参加させていただきたいと
思いますのでどうぞよろしくお願いします。








文責:No Bike, No Life!
   ジョー・オニヅカ
スポンサーサイト

| レッスン会 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://touringriders.blog.fc2.com/tb.php/79-8b5ae625

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT