FC2ブログ

ツーリングライダーズ情報館

合言葉は!・・・“上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!”

≫ EDIT

【レッスン会レポート】1Dayレッスン会 in 富士山麓


中央道・河口湖インター目の前の広大会場!

6月2日(日)初夏の富士山麓で開催!!


“1Dayレッスン会 in 富士山麓”


~上手くなりたきゃ、 ツーリングライダーズに行こう!~


2019_06_02_15_49_27_01.jpg
マシンの性能や体力ではなく、荷重移動を使っての旋回を身に付けます


2019_06_02_15_13_14_01.jpg
安全で広大な会場で終日心置きなく練習カリキュラムをこなす・・
それが1Dayレッスン会の醍醐味!!


2019_06_02_13_00_50_01.jpg
上手くなりたいという同じ志を持った仲間たちと楽しくライディングレッスン!




底的に低速旋回技術を磨く “1Dayレッスン会
初夏の風が最高に気持ちよく新緑美しい
富士山麓の広い駐車場を貸し切り開催しました!



今回も低速旋回技術を中心に、
バイク性能に依存することなく、
ライダーが主体的にバイクを操る技術の習得を目標にしました。



それでは、そのレッスン会レポートをご覧ください!


↓↓↓↓今回の写真・動画はこちら!↓↓↓↓


参加者はお気に入りの写真をお探しください!




【レッスンメニュー】

トライカーナ:現状実力把握

ブレーキング:連続急制動・リアのみ、フロントのみ、両方!

乗車フォーム:正しいライディングフォームを実現する!

オーバル走行:「減速」「旋回」「加速」を徹底的に繰り返し身につける!

4本パイロンスラローム:ライディングの変化を攻略する!

・180°連続ターン&Uターン:オフセットスラロームで直線加減速&ターンを身に付ける!

パイロンスラローム:本日の総仕上げ!

トライカーナ:今日の成果を試す!目標は朝の自分を超えること!




2019年6月2日(日)

【レッスン会場】

夏の気持ちよい絶好のシーズン!

薄曇りですが雨の心配はなし、
かえって暑くない、そして風もない、
最高のトレーニング日和となりました!


2019_06_02_09_51_13_daa.jpg
富士山麓の広大な駐車場で終日レッスンが始まります!


2019_06_02_09_37_20_daa.jpg
レッスン前には十分にストレッチで身体中の関節を伸ばしておきます!


2019_06_02_09_37_54_daa.jpg
あら、若いのに身体固い方いますね・・汗



★効果測定★~トライカーナ~(レッスン前)

のごとの上達には、今の実力を計測することが必要です。

実力を数値化することで、
上達の有無、欠点・課題が客観的に見えてくるからです。

レッスン前と後に、4本のパイロンの間を走り抜ける
トライカーナのタイムアタックに挑戦していただき、
それぞれ参加者のタイムを測りました。

トライカーナは闇雲に飛ばしても、
無理をして突っ込んでいってもタイム短縮につながりません。

ひとつひとつの操作を丁寧に精度高く、
連続して行うことが必要です。


※注意!音が出ます!





イムアタックが終わったら、TR恒例のご挨拶・・・
今回は、TR初参加の方がたくさんいますけど、元気よくお願いします・・・

2019_06_02_09_41_00_daa.jpg

「みなさん、お元気ですか〜!?」

怪しい団体ではありません、これがTR流朝の挨拶

みなさん、右手を大きく突き上げて、
応えてくれてありがとうございます!

これで、緊張が解け、身体と心のスイッチが入るんです!


2019_06_02_09_45_46_daa.jpg
今回のスタッフは、鋭い指摘が好評のユウさん


2019_06_02_09_46_58_daa.jpg
ワンポイントアドバイスが的確と評判のモッさん


2019_06_02_09_55_44_01.jpg
今回ナンバーカバーを自作いただいたダーさんと・・
以上スタッフ4名で皆さんの練習をサポートさせてもらいました!




★ブレーキング★

くのライダーが、ライディングで恐怖心を覚える本当の原因は、
速く走れないのが原因ではなく、
その速度をコントロールできないブレーキング技術の未熟さが原因です。

つまり、ブレーキング技術を上達させることで、
不意な飛び出しを回避でき、
とっさの事態に対して安全に対応することができます。

また、意のままに速度をコントロールすると
メリハリのある走りが実現できます!!


2019_06_02_10_34_00_01.jpg
ブレーキングはライディング上達の基本、
正しく練習すれば、ほんの数十分で見違えるように上達します。


2019_06_02_10_05_45_daa.jpg
今回もリアだけの急制動、フロントだけの急制動
そして、前後両方をしっかり使った急制動を違う速度から行い、
目標地点で停まる練習を繰り返し行っていただきました。


2019_06_02_10_05_36_daa.jpg
ブレーキング練習はやればやるだけうまくなりますので、
日頃の市街地走行でも繰り返して欲しいです。


2019_06_02_10_12_52_daa.jpg
初参加のるるさん思い切りロックさせた急制動にチャレンジしてましたね!


ブレーキは難しくないんですが、身につけた恩恵は計り知れないので、
ぜひ短期間で身につけてくださいね!



※注意!音が出ます!





★乗車フォームカリキュラム★
 ~ライディングフォームを身に付ける~


晴らしいパフォーマンスを常に出し続ける一流プロスポーツ選手が、
美しく、理にかなったフォームをしているように、
バイクのライディングでも乗車フォームはとても重要です。

初めに 間違った効率の悪いフォームを身につけてしまうと、
いくら練習をしても、決して一定以上の成果は現れません。


2019_06_02_10_59_13_yuu.jpg
ここでは、まず正しいリーンウィズを知り、
実際に停車させた自分のバイクの上でその乗車フォームを取っていただきます


2019_06_02_11_11_54_01.jpg
停まっているバイクの上では、誰でも憶することなく
正しいフォームを確認することが出来ます


2019_06_02_11_07_12_yuu.jpg
その場で写真を確認することで、自身のイメージと現実のフォームギャップ
に気づくことができるのです。


正しいフォームを身につければ、
大型バイクでもバイクの旋回性能を自在に引き出せます。


まずはそのフォーム、「型」を身に付けてください!




★オーバル走行★
 ~「減速」「旋回」「加速」を
   徹底的に繰り返し身につける!~


程体験した正しいリーンウィズを使って、
効果的な旋回を体験してみましょう!

連続Uターンを通して、二輪車の基本挙動を覚えます。

単純だけど、低速旋回は意外に難しく、奥の深い練習課題です!

2019_06_02_11_41_19_daa (1)
バイクを傾けず、ステアリングで旋回するターンにチャレンジしてもらいました!
そのため、低速コントロール術が必要になってきます。


2019_06_02_11_44_25_01_20190604112538eaa.jpg
ステアリングを切るには、旋回方向への荷重移動が大切です!
そのためには、旋回方向にしっかり頭・上体を捻転させることが、
スムーズかつ効率的な体重(荷重)移動を実現させます!


2019_06_02_11_48_27_01.jpg
リピーターのシャナさん、頭の向きが90度以上、すばらしいですね!


2019_06_02_11_48_45_01.jpg
ターンの脱出ラインが膨らむのは、
前輪が加速ラインに向いたときに加速するから・・これまだ早すぎです。
車体が(タンクの方向が)ラインに向いてから加速すれば、
ラインが膨らまないので、ヘアピンカーブで有効です。


2019_06_02_11_45_30_01.jpg
スムーズかつ的確な荷重移動で旋回円をコントロールするトガちゃんのターン


※注意!音が出ます!





★ランチタイム★

れない低速練習は体力だけではなく、
意外と集中力をすり減らします。

午後も楽しく厳しい?!練習は続きますので、
午後に備えて英気を養いましょう・・・

2019_06_02_12_17_03_01.jpg
和気あいあいとランチタイムを過ごす、こちらはリピーターさんたちですね!

みなさん、昼食も早々に切り上げて、コースでの自主練習や、
タンデム体験など、頭下がるぐらい熱心な方が多いです。


2019_06_02_13_01_24_01.jpg
さあ、集合写真を撮ったら、午後のさらに楽しい練習ですよ~!




★4本パイロンスラローム★
 〜ライディングの変化を攻略する!〜


TR恒例、4本パイロンレイアウトは以下のとおり矢印のラインを走ります。

0602 4本パイロンスラローム

5~8m四方のマスに、不規則に並べられた
4本のパイロンの間を縫い周回するこの課題。

ライン取りと旋回速度、旋回半径を微妙に変えながら、
もっとも効率よく周回できるのか攻略します!


2019_06_02_13_17_51_01.jpg
4本パイロンスラロームは、全体のライン取りをイメージできないと
うまく周回できません。


2019_06_02_13_21_49_01.jpg
旋回後半、膨らませないようにライン取りするのが攻略のコツです!


2019_06_02_13_34_27_daa.jpg
常に、先のラインをイメージして走ります


2019_06_02_13_12_55_01_20190603151050a3d.jpg
納車したての新しいマシンの特性を探りながら課題に励むしぃちゃん


2019_06_02_13_33_10_daa.jpg
大きなマシンを苦心しながらも着実に扱えるようになっているharuさん


2019_06_02_13_37_05_yuu.jpg
上体をしっかり旋回方向に移動させて向きを変えるるるさん


2019_06_02_13_40_17_01.jpg
前輪の向きが変わりましたが、ここではまだ加速してはいけません。
車体(タンク方向)の向きが変わってからでないと、
ラインが膨らんでしまうのですね・・


※注意!音が出ます!





★180度連続ターン&Uターン★
〜パイロンスラロームで直線加減速&ターンを身に付ける!〜


連続180度ターンでは、なんとなく曲がるのではなく、
ターン脱出で膨らむことなく素早く、小さく向きを変えること、
そして直線を長く取り、安全なその直線部分でしっかり加速し減速する、
より実践的で公道向きの走りを目指します!

2019_06_02_14_19_40_daa.jpg
理想は、車体の向きが変わり、加速体勢に入っているときに、
最もパイロンに近いラインを走れることです。


2019_06_02_14_19_34_daa.jpg
連続左右ターンを繰り返し、正確で安定した旋回半径とライン取りを習得!


2019_06_02_14_44_25_01.jpg
ターンのアプローチで、パイロンに近づかないこと、
自分の旋回直径分離れてターン進入します!

2019_06_02_14_29_02_04_20190603160321f13.jpg
ターンの際にそのパイロンを見ず、立ち上がりラインの先に
頭を捻転し見るヒロさん、すばらしい!!


2019_06_02_14_28_24_04.jpg
しっかりパイロンと距離を取ってアプローチするアオさん


2019_06_02_14_28_29_04_201906031603204aa.jpg
バイクを寝かさずステアリングで曲がる!課題にチャレンジのしぃちゃん


2019_06_02_14_27_53_04.jpg
大きな車体でのタイトなターンでもリラックスしているのがいいですね♪



今回、幅の違うUターンセッションも5か所設けました。

単に小さく回転、ターンするのではなく、
自分で旋回ラインを旋回速度で作り、幅を有効に使ってのUターンです。

2019_06_02_14_23_17_yuu.jpg
旋回速度を変えれば、旋回半径とラインは自在に変えられます。


2019_06_02_14_19_42_yuu_20190603144359e7a.jpg
目線、上体移動の姿勢が美しい!まっちゃんのUターン旋回


※注意!音が出ます!





★本日の総仕上げ・パイロンスラローム!★

場いっぱい使って、心置きなく走っていただきましょう!

早く走ることに集中するのではなく、 一つ一つのターンを
「減速」「旋回」「加速」を確実にクリアしながら、
上手くライン取りをすることが大切です


2019_06_02_14_58_45_daa.jpg
歩きながら、公道向きライン取りを確認してからコースイン、
けして、一列になって遊んでるわけではありません!


2019_06_02_15_13_04_01.jpg
いよいよ広い会場を使ってのスラロームコースを走ります!


ワインディングを想定したコーナリングセッション・・
理想のライン取りができたでしょうか!?

2019_06_02_15_18_23_daa.jpg
コーナリング前半~中盤、インに付かないライン取りは正解、直樹さん


2019_06_02_15_17_26_daa.jpg
理想的なラインを正確にトレースするトガちゃんのコーナリング


2019_06_02_15_19_32_daa.jpg
加速は最後まで我慢するのですね・・しっかり向き変えするゆーじさん


2019_06_02_15_45_52_01_20190603160315447.jpg
だんだんと大胆に荷重移動できるようになってきた初参加テツさん


2019_06_02_15_25_19_daa.jpg
バイクを傾けないで効率的に曲がる・・いい味出してきているササさん


2019_06_02_15_46_14_01.jpg
大きな車体をしっかりコントロール、コジコジさん



そして、こちらは複雑に並べられたパイロンの間を潜り抜ける
パイロンスラローム区間・・リズミカルに走り抜けましょう!

2019_06_02_13_37_39_yuu.jpg
小さな半径でラインを作るアオさん


2019_06_02_15_49_27_01.jpg
大型車を軽快に切り返すOちゃん


2019_06_02_15_48_30_01.jpg
大きなハーレーを自在に操るまんびいさん


2019_06_02_15_49_56_01.jpg
きれいな旋回フォームですねひろひろさんの安定したターン


2019_06_02_15_49_52_01.jpg
きむたくさん、ずいぶん頭(目線)が先を向くようになりましたね!


2019_06_02_15_49_21_01.jpg
コース終盤のタイト&不規則ターンが連続するテクニカルセッションは、
ライン取りが大切です。

進入ラインを間違えてしまうと、以降ライン取りが難しくなってしまいます。

これって、ワインディングといっしょですね。


※注意!音が出ます!






★効果測定★~トライカーナ~(レッスン後)

日の練習カリキュラムをすべてこなし、
さあ、どれだけ上達できたのか測定して確認してみましょう!

2019_06_02_16_11_48_01.jpg
朝とちがってリラックスした様子でチャレンジの初参加者たち‥


2019_06_02_16_18_16_01.jpg
直線でしっかり加速するるるさんのアタック


2019_06_02_16_11_10_01.jpg
素直な車両の特性を生かした走り、ゆーじさん


※注意!音が出ます!




2019_06_02_16_32_43_01.jpg
タイムアタック終了後、モッさんから結果発表させていただきました!
はたして結果はいかに・・・


今回トライカーナ効果測定でタイム短縮し、上達された上位者は・・・・

第3位は。。。

2019_06_02_16_28_56_yuu.jpg
ニューマシンを乗りこなせるようになったしぃちゃん


第2位は。。。

2019_06_02_16_33_52_01.jpg
遠路、新潟からの甲斐あって、約5秒も短縮されたharuさん


そして、今回の1位は。。。

2019_06_02_16_34_27_01.jpg
6.3秒もタイム短縮、別人になっちゃいましたね、
とっても嬉しそうな笑顔のテツさん


2019_06_02_16_35_49_01.jpg
今回も上達度合いTOP3の方には、ささやかなプレゼントが!

1位:テツさん(中央)、2位:haruさん(左)、3位:しぃちゃん(右)



トライカーナでは、車種特性や経験によってタイム差が出てくるので、
タイムを比べることにあまり意味はありません。

しかし、ご本人たちの名誉のためにも、
栄光のTOP3をご紹介し、素直にトップタイムを称えましょう!


今回の第3位。。。

2019_06_02_16_36_54_01.jpg
初参加、軽量マシンの特性を生かした軽快な走りでるるさんです。


そして、堂々の第2位入りしたのは。。。

2019_06_02_16_37_53_01.jpg
久々さんかですがmさすがの実力者Oちゃん、さすがです!


そして、栄光の第1位は。。。

2019_06_02_16_38_50_01.jpg
こちらも2年ぶり参加でしたが、しっかり刻んでTOPタイムフタちゃん!


マシンの特性を引き出し、素晴らしいパフォーマンスを見せた3名、
次回も期待しております!!




★エンディング★

イクにとってもライダーにとっても練習しやすい気候の一日、
上手くなりたいという志をもった意識の高い仲間 にも恵まれたせいか
「上達度合いが早かった」と感じています。

2019_06_02_16_20_12_daa.jpg
レッスンで身に着けた技術「加速」「減速」「旋回」
ツーリングという実践の場で活かして、
いつまでも安全で楽しいバイクライフをお送りいただきたいです!


最初は戸惑い、上手く出来なかった課題も、
「意外と乗れるじゃん!」と思うほど上達したのではないでしょうか?

実は、バイクのライディングって難しくないんです。

最初はやり方がわからないから怖いけれども、
正しい練習を繰り返すことで、
誰でも同じように上手くなることができるのですね。

だから、レッスンで学んで上手くなった自分を信じて下さいね。

練習を続けていくと更に上手くなって楽しくなりますから!

そして、もし壁にぶつかったら...遠慮なく
メールサポートを利用してくださいね。


2019_06_02_16_38_44_yuu.jpg

2019_06_02_16_39_08_yuu.jpg
最後は礼に終わるTR流のエンディング・・
道を究める者同士の感謝と尊敬を込めて・・


~上手くなりたきゃ、ツーリングライダーズに行こう!~




後に、今回の参加者をご紹介します!★

年配者だって、女性ライダーだって、
アメリカンバイクだって、 中型バイクだって、
安全で上手なライディングには全く関係ないんです・・・

同じ二輪車、原理を理解し、正しい練習をすれば、
誰だって思うように操ることができる・・・

彼らはそれを証明してくれました!



【しぃちゃん 神奈川県@BMW F750GS】
2019_06_02_13_12_55_01.jpg
朝のトライカーナでは曲がるのが怖くて「曲がれなーい」と叫びながら騒いで走っていましたが、トムさんとユウさんのタンデムレッスンでコツを掴み、レッスン後半にはクルクル回れ、レッスン終了後のトライカーナでは朝とは別人でメリハリのある走りが出来て自分でもビックリするほどの上達が出来ました!!!タンデムレッスン、最高でーす。
急制動の課題も効果があり、つま先ツンツンでバイクに乗っていますが帰りの公道での信号停止など、スッと停まってから足を出すので、不安定にならずに停車する事が出来ました。
モッさんのワンポイントアドバイスも的を得ているので、言われた通りにするとクルっと回れ、あーら不思議!魔法にかかった様でした。
ダーさんも沢山、写真を沢山撮ってくれたので参加者の皆様や自分とを比べたりして今後のスキル改善に役立てたいと思います。

とても実りのあるレッスン会で参加して本当に良かったぁーーーーー!!ありがとうございました。


【ヒロさん 山梨県@H-D ストリートボブ】
2019_06_02_14_29_02_04.jpg


【トガちゃん 東京都@H-D XR1200】
2019_06_02_15_13_20_01.jpg
だんだん軽いバイクの楽しさが判ってきた様な気がします、一日走っても疲れが少なくなってきました。
最後トムさんに乗って走ってもらった時の走行イメージが印象に残って参考になりました。
今度は前半でもう一度乗って見せてください。よろしくお願いいたします。


【りんさん 神奈川県@BMW F700GS】
2019_06_02_16_18_49_01.jpg
トムさん、スタッフの皆さん、大変お世話になりました!!
今年初めてのレッスン会で、今までやってきた事が身についているか心配しましたが、やっていく内に体が思い出してきてスムーズに走れるようになりました。
たモッさんのワンポイントアドバイスのおかげで、今までと違った感覚を感じ得る事もできました。
これからもレッスンに励みたいと思います。今後とも宜しくお願い致します!


【まっちゃん  神奈川県@H-D FXDL】
2019_06_02_14_19_42_yuu.jpg
中身の濃いレッスン会、ありがとうございました。
ハーレーでの初レッスン会ということで少々緊張気味で参加しましたが、思ったより出来た課題もあり多少自信もつきました。
一方で間隔の短いオフセットスラロームではコース取りやマシンコントロールがまだギクシャクしてしまうところもあり、アクセル、クラッチ、リアブレーキ、荷重移動などなど一連の流れの中で操作できるよう、今後のツーリングやレッスン会では心掛けようと思います。
最後に「忘れ物未遂」をしてしまい、失礼いたしました (^_^*)


【まんびいさん 静岡県@H-D ロードグライド】
2019_06_02_14_27_03_04.jpg
トムさんをはじめスタッフのユウさん、モッさん、ダーさんレッスン会ではコースの設営や生徒の指導等大変ありがとうございました。
昨年度に続き1年振りの2回目のレッスン会の参加でした。
レッスン会で感じたことは、以前に比べてブレーキがうまく使えている(ブレーキの性能をフルに使っている)ことを感じました。
コーナー手前でしっかり減速できているから次の動作が楽で、大きく膨らまなく余裕が生まれる、
昨年より成長出来ている自分に少々驚いています。

レッスン会で自分に不足している課題が見えてきました。
自分の描いたラインでコーナーを曲る正確性。車体を寝かさなくても楽に曲がるハンドル操作。セルフステアを引き出す体重移動。自分の目標としてまたトライ、成長していきたいと思います。

この年になって成長を感じるとは思ってもいなかった現実に、ただただ感謝しています、ツーリングライダーに・・・。


【ササさん 東京都@トライアンフ タイガー1200】
2019_06_02_11_57_46_01.jpg


【ゆーじさん 静岡県@BMW R1200R】
2019_06_02_16_11_16_01.jpg
トムさん、スタッフの皆様、昨日は終日お世話になりました。
練習の成果でしょうか。
今日は歩くと股関節が痛く、腿の内側が筋肉痛です。(笑)

バイクを入れ替えてから初めてのレッスン会でした。
一年以上経過しているのでツーリングのなかである程度は乗りこなしてきたと思っていましたが、改めて一日のレッスンを振り返ると、出来ていないことが沢山あるなぁ、と感じました。

ユウさんから、「バイクはタンク(後輪)が向いている方に進む。」とのアドバイスがありました。
この言葉は以前、ツーリングでのラインどりの際に教えていただきましたが、すっかり頭から抜け落ちていました。
2度目のアドバイスで身体に浸透できたと思います。膨らんでしまう原因がよくわかりました。

左の旋回は、ある程度は形になったかなぁと思いますが、右の旋回がまだまだです。
また、自分では旋回してコーンを抜けた!っと思ったときに、パニアケースにコーンをひっかけて倒してしまったことが何度かありました。
路上では、こうした小旋回するケースは無いとは思いますが、パニアケースを付けた時は車幅が違うので、他車や静止物との接触が無いように注意が必要と改めて感じました。

フルブレーキで急制動を体験でき、ABSを使って安全に停止できることが確認できたことは良い経験になりました。ありがとうございました。


【Oちゃん 静岡県@BMW R1200R】
2019_06_02_14_27_19_04.jpg


【haruさん 新潟県@H-D FLTR】
2019_06_02_11_32_32_daa.jpg
トライカーナではたいへんおいしい賞品を頂きありがとうございました!
これを励みにひたすら小旋回が上手くできるようにレッスンを続けようと思います。
皆さまありがとうございまいました!


【アオさん 新潟県@H-D FLSS】
2019_06_02_13_37_49_yuu.jpg
1Dayには今回初参加でしたがとても勉強になりました!
今度はツーリングにも参加出来る様に仕事調整します!

今回、ブレーキの使い方とライディングフォームの講習がとても勉強になりました。
帰り道に色々試してみて今までより安定して走れる様になっていて驚いています。

ライン取りも考えて走っていると、最初はぎこちなかったのがだんだん直線を見るというのがわかって走るのがとても楽しかったです!

まだまだ安全に楽しく走る為に勉強しなければと思うのでまた参加させて頂きたいと思っています。
ありがとうございました!


【シャナさん 埼玉県@H-D FLHTP】
2019_06_02_14_27_24_04.jpg
今回はブレーキングとコーナーに対しての向き変えが大変参考になりました。


【ひろひろさん 神奈川県@BMW S1000XR】
2019_06_02_14_44_30_01.jpg
おかげ様で昨日は充実した日曜日になり、ありがとうございました。

しでも雑になるとバイクはその通り大回りになり、どんどん収拾がつかなくなることを体験できました。
一方で急制動後バランスが崩れず暫く静止できるようになる等、ところどころ少しづつ進歩しているのが実感できました。
今回が4回目の参加ですが、やっと自分の弱点を少し客観的に理解できるようになってきた気がします。
常に安定して最適なラインをトレースするということに向けて、諦めずに練習の回数を重ねていきたいと思います。

今回は新しいバイクのお披露目でしたが、前より馴染んでいる様子を指摘されまして、同じ車種年式コンディションでも個性があるのに面白いと思いました。
ともかくお天気もちょうど良く、快適なレッスン会でした。ありがとうございました。


【レネさん 大阪府@H-D FLHX】
2019_06_02_15_13_45_01.jpg


【コジコジさん 埼玉県@BMW R1150RT】
2019_06_02_15_13_57_01.jpg


【テツさん 静岡県@YAMAHA XJR1200】
2019_06_02_15_45_52_01.jpg
今まで、低速でのバイクの扱いが苦手でした。
しかし、今日のブレーキングとローギアでの低速レッスンを受けて、帰って来る途中に今までよりバイクが扱い易く、今まで以上に身近に感じました。
今日のレッスンの成果が出てると思いました。
本当にありがとうございました。
また、機会があれば是非参加したいと思います。


【フタちゃん 千葉県@SUZUKI Vストローム1000】
2019_06_02_14_28_01_04.jpg


【るるさん 神奈川県@YAMAHA SR500】
2019_06_02_11_39_35_04.jpg
昨日は本当に良い経験をさせて頂き、感謝しております。
SRとの付き合いも4~5年くらいでしょうか、そこそこ乗りこなせて来たと自分では思っていましたが、課題に対して全く思うようにコントロールできず何とも情けない気持ちで帰宅しました。
仕事の休みが晴れ続きならば、次回のレッスンまでに2,000kmくらいは走れると思いますので、1つ1つのコーナーリングを大切にして次回に生かしたいと思います。
も今日、仕事が終わってから近所をさくっと走ってみましたが、小さな交差点の右左折のラインがいい感じでした。
上手にと言うよりも常に美しく走りたいと思っております。


【きむたくさん 愛知県@BMW R1200RT】
2019_06_02_14_27_34_04.jpg
今回は大変お楽しみ様でした。
本日は筋肉痛です。
力んでる証拠ですかね・・・
内股、手首が特にヤバい。
バイクの特性をうまく引き出せるように楽しんで乗れるよう、練習していきます。
またの機会、よろしくお願い致します


【直樹さん 神奈川県@YAMAHA FZ-1 フェザー】
2019_06_02_15_48_58_01.jpg



後に今回のレッスン会を指導、運営させていただきましたTRスタッフ!


2019_06_02_16_45_02_01.jpg
今回も自撮りで失礼します!
左から、ダーさん、モッさん、ユウさん、トムスタッフ4名でした!




回も安全な広大な会場を終日目いっぱい走りこみ、
普段体感できない車体の挙動を感じていただけたことでしょう!

今回は前後ブレーキの機能を100%使いこなす制動練習から始め、
旋回間にできるだけ直線を作るライン取りを意識しました。

その直線でブレーキング練習したしっかり加速・減速、
直線を長く取るにはコンパクトに旋回することが必要でしたね。

よって、二輪車の基本的な挙動、「加速」「減速」「旋回」を
シンプルに追求した練習内容
としました。

初参加の方も多くいらっしゃいましたが、
終日練習に励む熱心な参加者各位の姿と
少しずつ新しい感覚を掴み、我がものにされていく姿を拝見し、
改めて基本の大切さを感じずにはいられませんでした。

初めての体験に戸惑った方も多かったかもしれませんが、
練習が終わる頃には、朝と比べて別人のように上達されていました。

ライディングとは、出来る、出来ないではなく、
誰でも正しい練習方法を知り実践すれば短時間で簡単に上達します。

そして、上達すると、違う景色が見えてきて、
ますますライディングが楽しくなります。


ぜひ、レッスン会ツーリングなどライブ企画を積極的にご利用いただき、
いつまでも安全で幸せなバイクライフを過ごしていただければ、
これ以上の喜びはありません。


文責:トム

| レッスン会 | 18:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT